安田純平さんに高須克弥らネトウヨたちがまた自己責任論バッシング! 人質バッシングのルーツは安倍首相

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

海外メディアは、日本の人質“自己責任”バッシングを「異常」と批判

 実際、人質事件が起こると日本に沸き返る「自己責任論」を、海外のメディアは“日本の異常な状況”だと見ている。

 たとえば、2004年に発生したイラクでの邦人3名の人質事件の際、日本では自己責任論が噴出。とくに現地でボランティア活動を行っていた高遠菜穂子さんが解放後、「今後も活動を続けたい」と語ったことに対し、当時の小泉純一郎首相は「寝食忘れて救出に尽くしたのに、よくもそんなことが言えるな」と激昂した。

 しかし、海外の反応はこれとまったく違った。アメリカのパウエル国務長官が「イラクの人々のために、危険を冒して現地入りをする市民がいることを、日本は誇りに思うべきだ」と発言したことは有名だが、フランスの高級紙ル・モンドも、〈外国まで人助けに行こうとする世代が日本に育っていることを示した〉と高遠さんらの活動を評価。逆に、日本に広がっていた人質への自己責任論については、〈人道的価値観に駆り立てられた若者たちが、死刑制度や厳しい難民認定など(国際社会で)決して良くない日本のイメージを高めたことを誇るべきなのに、政治家や保守系メディアは逆にこきおろしている〉と強く批判している。さらに、〈社会秩序を乱した者は後悔の念を示さなければならないのが日本の習慣〉と、その特異性をも伝えていた。

 アメリカのニューヨーク・タイムズも同様だ。〈イラクで人質になった日本の若い民間人は、黄色いリボンではなく、非難に満ちた、国をあげての冷たい視線のもと、今週、故国に戻った〉と日本国内の異常さを表現し、帰国後も自己責任だと人質を追い詰める日本政府の態度を〈凶暴な反応を示した〉と非難。〈(人質である)彼らの罪は、人々が『お上』と呼ぶ政府に反抗したことだ〉と皮肉を込めて論及している。

 また、イスラム国(IS)に後藤健二さんと湯川遥菜さんが拘束されたときも、イギリスのロイターは〈日本では、イスラム国人質事件の被害者を攻撃する者がいる〉という見出しの記事を掲載。〈日本政府の対応と同胞である日本市民たちの態度は、西欧諸国のスタンダードな対応とはまったくちがうものだった〉と日本における人質への冷酷な受け止め方を紹介。アメリカのワシントン・ポストも、2004年の邦人人質事件で起こった自己責任論に再び言及している。

 もちろん、海外でも、保守系政治家が自国の人質に対して自己責任をぶつことがないわけではない。たとえばフランスでは2009年にジャーナリスト2名がテロ組織に拘束され、当時のサルコジ大統領は2人のことを「無謀」と非難。しかし、市民はこうした政府の姿勢に反発し、2人の救出を求める署名活動やコンサートが企画されるなど、国に対して積極的な対応を求めた。こうした世論がフランス政府を後押しし、結果、2名のジャーナリストは無事、解放されるにいたったのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安田純平さんに高須克弥らネトウヨたちがまた自己責任論バッシング! 人質バッシングのルーツは安倍首相のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三安田純平編集部自己責任論高須克弥の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
2 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
3 東京五輪が日中戦争でなくなる?
4 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
5 NGT48問題でも秋元康の“無責任”
6 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
7 つんく♂が秋元のメンバー差別に
8 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
9 純烈・友井報道で芸能マスコミジャニーズ御用体質 
10 AKBと電通のシークレット飲み会
11 安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
12 常盤貴子絶賛!『野火』が描いた戦争
13 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
14 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
15 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
16 文春が東京五輪を!電通元専務に金
17 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
18 DA PUMPがEXILEに挑戦状
19 つんく♂「アイドルの恋愛」発言に騒然
20 古舘の後任に浮上!安住紳一郎の悪評
1安倍首相が辺野古の土砂投入で「サンゴを移した」と大嘘
2安室、上田、芸能人よく言った大賞前編
3 消費増税反対の内閣官房参与“退職”の裏に官邸の圧力
4クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
5追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
6元日『相棒』が今年も安倍政権批判!
7安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
8ローラ、村本、りゅうちぇる芸能人よく言った大賞後編
9所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
10ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
11安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
12早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
13たけしの性差別発言はなぜ問題にならない?
14安倍首相の改憲キャンペーンに松本人志、小藪千豊らが協力?
15 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
16産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
17 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
18 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
19平沢勝栄だけじゃない自民党の性差別 
20安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄