ホリエモン、浅田真央のタクシー運転手叩きは弱い者いじめだ! タクシー運転手の置かれた過酷な環境をわかっているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ホリエモン、浅田真央のタクシー運転手叩きは弱い者いじめだ! タクシー運転手の置かれた過酷な環境をわかっているのかの画像1
話題の堀江貴文ツイッター

 ホリエモンこと堀江貴文のタクシー攻撃が大きな話題になっている。
 
 堀江貴文は20日、ツイッターに車のナンバーや運転手の顔が判別できる写真をつけて〈俺が手を挙げた瞬間に回送にしやがったクソタクシー笑〉という文章を投稿。乗車を求めた瞬間にタクシーの表示が「空車」から「回送」になった旨を主張し、そのまま、フォロワーからのリプライに応えるかたちで〈乗車拒否は違法行為〉といった文言を何度も繰り返していた。

 堀江の言う「乗車拒否」問題だが、「回送」「空車」などの表示はドライバーが手動で制御する部分であり、切り替え忘れることも多い。食事や休憩に向かっていたり、営業が終わり車庫に帰っていたり、帰庫時間が迫っているなかで手を上げている乗客に遭遇し、そこで初めて表示の切り替えを忘れていることに気づいた可能性も十分考えられるだろう。であれば意図的なものではなく単なるミスだし、堀江は「明らかに俺の手を見て」たなど強弁しているが、たまたまタイミングが重なった可能性だって十分あり得る。目の前で回送表示に切り替わるなど、よくあることだ。怒り狂って、公の場にさらし上げて攻撃するようなことなのか。

 堀江がSNSでタクシー運転手の批判をするのはこれが初めてのことではない。たとえば、昨年12月にも〈「ええと、銀座でタクシー乗り場で待ってて手を振りまくってたのに普通にスルーするのは普通なんでしょうか?」〉などとやはりタクシーの写真付きでツイート。また、昨年8月にも〈「そんなに広くない道で手をめっちゃ振ってたのに、通り過ぎて追っかけたのに逃げやがった。ナンバー暗くて見えなかった。ひどい乗車拒否の●●●●(引用者注:実際は社名)」〉とわざわざ社名を挙げてツイートしている。

 今回の目の前で回送表示に切り替わった件もそうだが、手を上げているのに空車表示のタクシーが目の前を通り過ぎることも、別にめずらしいことではない。ホリエモンが毎回ツイートしているのかわからないが、日常的にタクシーを使用しているのであれば1年で3回はむしろ少ないくらい。気づいてないケースはもちろん、近くにいる別の乗客をすでに目指しているケースもあれば、道路状況で止まりづらいケースもある。ホリエモンの銀座のケースでも、ルート規制のある場所だったのではないかとの指摘もあった。

 だいたい「乗車拒否は違法」などと上から目線で言い募っているが、乗車拒否というのは「停車もしくは徐行して運送の申し込みを受けてから正当な理由なく拒絶すること」というのが一般的な解釈であり、止まらずに通り過ぎたケースは直ちに「乗車拒否」「違法」と言えるものではない。仮に違法だったとしても、こんなことで違法だなどと公の場でさらし上げ大騒ぎするのは単なる弱い者いじめだ。

 そこまでタクシーが憎く、確実なサービスを求めるのであれば、ハイヤーを使うかお抱え運転手を雇用するか、タクシーを使うにしても予約するべきだろう。現に、いま猛暑の続く都内では、つかまりづらいことを見越してか、予約車や迎車の数が非常に多い。それが煩わしくて街でタクシーをつかまえる気軽さを選んでいるのだから、たまにスルーされるくらいのことは許容すべきだろう。

 フォロワーからは諌めるリプライも届いているが、堀江はタクシー運転手叩きを反省することはなく「クソタクシー」などという悪罵まで連発している(ちなみに、最近では乗車拒否してもいい正当な理由のなかには、車内での運転手への暴言行為も含まれている)。

 実はホリエモンの2日前に、フィギュアスケートの浅田真央もタクシー運転手批判をしていた。浅田真央は、姉の舞と姉妹揃って出演した7月18日放送『PON!』(日本テレビ)のなかで「最近激怒したこと」というお題のトークとしてタクシー運転手への怒りを語った。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ホリエモン、浅田真央のタクシー運転手叩きは弱い者いじめだ! タクシー運転手の置かれた過酷な環境をわかっているのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タクシーツイッターホリエモン堀江貴文浅田真央矢貫隆編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
2 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
3 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 西野、梶原、又吉ら意識高い系芸人が吉本上層部を全面擁護
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
9 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
12 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
13 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
14 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
15 2017サブカル論争&炎上事件簿
16 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 木梨憲武個展が大盛況の“理由”
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
12信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄