朝井リョウが痔との苦闘体験を告白…さくらももこ、浅田次郎、赤瀬川原平らも…痔は作家の職業病か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
朝井リョウが痔との苦闘体験を告白…さくらももこ、浅田次郎、赤瀬川原平らも…痔は作家の職業病か!?の画像1
「肛門記」が掲載されているエッセイ集『風と共にゆとりぬ』(文藝春秋)

 昨年は、第148回直木賞受賞作品『何者』(新潮社)が佐藤健主演で映画化されるなど、いまとなっては名実ともに日本の文壇をリードする小説家となった朝井リョウ。

 そんな朝井リョウが、最新エッセイ集『風と共にゆとりぬ』(文藝春秋)のなかである告白をし、話題となっている。

 その告白とは、彼は痔であり、しかも、それで手術まで受けていたということである。

 前述『風と共にゆとりぬ』のなかで彼は「肛門記」と題した原稿用紙100枚にもおよぶ随筆を執筆。その一部始終を綴っている。

 朝井が肛門に違和感を抱き始めたのは5年ほど前のこと。当時、彼は東宝でサラリーマンとして働きながら兼業作家として活動していたが、就業中はもちろん、オフの時間も小説執筆でデスクワークをこなす過重労働気味な毎日を送っていた。そんな日々を過ごすなかで、お尻の違和感はだんだんと強くなっていく。ついには、自転車に乗るときサドルにお尻をつけられないほどの痛みが走るようになり、肛門付近に何かが詰まったような膨らみもできていた。そして、ある日、ついに患部が爆発。血と膿が大量に体外に排出され、いよいよ病院にかかることになる。

 病院では「粉瘤」と診断され、完治させるために手術しか方法はないと言われるが、なかなかそこまで踏み切ることができずにまた時が過ぎる。症状は進退を繰り返しており、調子が良いときは我慢できるからだ。

 その状況が変わったのは、昨年の夏の終わりから秋にかけてだった。その時期の朝井は、新刊小説『何様』(新潮社)と映画『何者』公開にあわせたプロモーション、この時期に集中した多数のトークイベントなどに加えて、小説の執筆も合わさり多忙を極めていた。

 そこで放っておいた肛門が再び悲鳴をあげる。疲労を溜め込んだことが災いしたのか、大量の膿が垂れ流され始める。痛みも走るが、それでも仕事を休むことはできない。そのときの朝井の精神状態は限界で、道行く人に「何で私のお尻だけ痛いの!?」と詰め寄りかねない状況だったという。『風と共にゆとりぬ』のなかでは、いかにそのときの心が限界だったかをこのように綴っている。

〈このままではいつか、“この著者は肛門がキレイだから”というだけで帯コメントや文庫解説の依頼を断ったりしてしまいそうだ。そんな自分を愛する自信 はない〉

 その結果、朝井はまた病院に駆け込むことになるが、ここで彼は「痔瘻」も併発している可能性が高いという診断を受ける。痔瘻とは、肛門の内側に細菌が入ると、そこから膿が痔管というトンネルをつくり、最終的には膿が溢れ出す穴を開けてしまうという病気。根本的な治療としては、痔管を除去する手術が必要になる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

朝井リョウが痔との苦闘体験を告白…さくらももこ、浅田次郎、赤瀬川原平らも…痔は作家の職業病か!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。さくらももこ何者新田 樹朝井リョウ浅田次郎赤瀬川原平の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
2 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
3 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
4 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
5 沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
6 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
7 DA PUMPがEXILEに挑戦状
8 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
9 つんく♂が秋元のメンバー差別に
10 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
11 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
12 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
13 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
14 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
15 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
16 安倍応援団やネトウヨの「バッシング」を検証!!
17 国連も「組み体操」の危険性を指摘!
18 戦争専門家が集団的自衛権の嘘を指摘
19 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
20 外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
1追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
3所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
4竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
5ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
6安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
7早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
8産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
9 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
10日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
11 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
12外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
13 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
14沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
15安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
16三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
17三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
18“バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
19松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
20稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄