フジロックSEALDs奥田出演に「音楽に政治を持ち込むな」と炎上させたバカどもは音楽とフェスの歴史を学び直せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

〈「政治的なものは嫌」とか言える人は、自分が聞いてるものがいかに狭く、小さいものであるかが分かってないんだろうと思う。そのうち映画でもこういうことを言う人が出てきそうだな。「メッセージ性が強い映画は嫌い」とか〉

 後藤氏が主張している通り、今回の件で騒ぎ立てている人間は、フジロックになど行ったこともないし、フジロックがどういうイベントなのかもまったく分かっていないし、音楽と政治がどう関わってきたかの歴史についてもまったく知らない人間なのだろう。

 FUJI ROCK FESTIVALは、1997年のフェス開始時より社会的なイシューに対して自覚的なフェスであった。特に、地球環境問題に対しての啓蒙活動はこだわりをもって行い続けており、徹底したゴミの分別や省エネ対策への努力などから、いまでは「世界で一番クリーンなフェス」とも称されている。また、運営としても今回奥田氏などが参加する「アトミック・カフェ」をはじめ、反戦や脱原発へのメッセージを発信し続けてきた。それは、出演するアーティストに関しても同じである。

 ウェブサイト『FUJIROCKERS.ORG』のなかで、フジロックを主催するスマッシュの山本紀行氏が〈フジロックの象徴は、忌野清志郎さんとジョー・ストラマーです〉との発言を残しているが、平和を愛し、権力に対して反抗のメッセージを常に掲げた二人を「象徴」としていることからも分かる通り、フジロックではステージ上でも常にアーティストから反戦などのメッセージが訴えられ続けてきた。エルヴィス・コステロ、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、パティ・スミス、アタリ・ティーンエイジ・ライオット、マッシヴ・アタック、BRAHMAN、YMO、斉藤和義……。多くのアーティストが音楽を通して自らの主張を送り届けてきたのだ。

 また、今回奥田氏がブッキングされたアトミック・カフェというステージ自体、1980年代に反核・反原発のメッセージを訴えるべく開催されていた「アトミック・カフェ・フェスティバル」を復活させたものという経緯がある。アトミック・カフェ・フェスティバルには、ルースターズ、ARB、SION、浜田省吾、ブルーハーツといった面々が出演。そのなかでも、尾崎豊がライブ途中に照明に上り、7メートルの高さのやぐらから飛び降りて骨折しながらもそのまま歌いきったパフォーマンスは、日本のロック史に残る伝説として今なお語り継がれている。アトミック・カフェではこれまで、加藤登紀子と佐藤タイジがコラボしてライブを行ったり、田原総一朗のトークショーが行われるなどしてきた。

 フジロックが社会や政治に対して主張を掲げたのは最近になっての話ではない。97年に始まった時からずっとそうだった。それはフジロックがどんなフェスであるか、実際に行ったことがあり、少しでも知っている人間なら誰でも理解していることだ。

 さらに、もっと言えば、「音楽に政治を持ち込むな」という意見自体、20世紀以降のポップミュージックを何にも理解していないから出てくる言葉だと言わざるを得ない。

 ロックやジャズの元となった「ブルース」という音楽自体、19世紀のアメリカ南部の綿農場で強制労働させられていた黒人たちが、つらさを紛らわすために仕事中に歌っていたワークソングが元になっており(人生の悲哀などが主な歌詞のテーマとなる)、そのブルースから20世紀以降のすべてのポップミュージックが派生している以上、音楽とは始めから社会性や政治性を含んでいるものであると言える。

 その構図は、50年代〜60年代以降、エルヴィス・プレスリーやビートルズの影響で欧米産のポップミュージックが世界的に強い影響力をおよぼすようになって以降も変わらない。

 特に、60年代後半は、政治や社会に対する問題をテーマにした歌で世界が変わった時代である。たとえば、ボブ・ディラン「風に吹かれて」やピート・シーガー「花はどこへ行った」といったフォークソングが反戦集会で歌われ、人々の厭戦意識を高めることに対し大きな力をもった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

フジロックSEALDs奥田出演に「音楽に政治を持ち込むな」と炎上させたバカどもは音楽とフェスの歴史を学び直せのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相の日本学術会議任命拒否の説明が支離滅裂、矛盾だらけ
2 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
3 保釈 河井案里被告と菅首相の特別な関係を物語る”パンケーキ動画”
4 菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
5 菅首相が所信表明演説でごまかした原発の新増設の可能性
6 橋下徹が日本学術会議デマの取材に「無償インタビューに応じていない」
7 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
8 菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
9 NHK大越更迭の裏に官邸と美人記者
10 田母神を担いだ百田、中西の責任
11 安倍が徴用工問題で「ファクト示すのが一番」とツイートしツッコミ殺到
12 「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
13 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
14 自民党がネトサポに他党叩きを指南
15 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
16 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
17 昭和の名作裏ビデオ史
18 橋下徹が都構想で使った詐術を検証!
19 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
20 菅首相の著書改ざんは“都合の悪い記録は残さない”という宣言!
1欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
2菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
3 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
4菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
5菅首相の著書改ざんは“都合の悪い記録は残さない”という宣言!
6 フジテレビがお台場カジノ開発を計画
7二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
8菅首相が所信表明演説でごまかした原発の新増設の可能性
9安倍が徴用工問題で「ファクト示すのが一番」とツイートしツッコミ殺到
10橋下徹が日本学術会議デマの取材に「無償インタビューに応じていない」
11 保釈 河井案里被告と菅首相の特別な関係を物語る”パンケーキ動画”
12菅首相の日本学術会議任命拒否の説明が支離滅裂、矛盾だらけ
13新潮が報道 菅首相と「第二の森友事件」の相手とのもうひとつの疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄