左巻き書店の「いまこそ左翼入門」①

虐げられた無名の者たちよ、ピケティよりもマルクス『共産党宣言』を読め!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 こうして「階級の差異が消滅して、すべての生産が結合された個人の手に集中してゆけば、公的権力は政治的性格を失う」ところにまで進む。階級闘争の終焉とともに他階級を抑圧するために存在した政治権力というものも無化されるのだ。

 そして「階級および階級対立をともなった古いブルジョア社会に代わって、一人一人の自由な発展が、すべての人の自由な発展のための条件となるような連合体が現れる」とマルクスは告げる。

 所有や生産関係に重きを置いた従来の共産主義イメージに代わって、いまはこの一文に注目が集まっている。それはまた、徹底してひとびとの紐帯を断ち切り、個に解体して過酷な競争で対立を煽る、現在の新自由主義との対極の社会像でもある。

『共産党宣言』にはいまも汲むべきところが豊富にある。とはいえ執筆されたのはフランス革命の60年後、明治維新の20年前だ。マルクス、エンゲルス自身も、初版から25年後の刊行時に寄せた新たな序文では、時代遅れになった箇所や時勢の変化に合わせて書き換えるべき箇所があると述べている。超時代的にその片言隻句に至るまで正当性を擁護するような聖典でもない。

 しかし、それでも『共産党宣言』は現在に生きる書としてある。

『共産党宣言』がいつの時代においても新鮮な感動でひとをつかまえるとしたら、それは何より、歴史のとらえ方にあると言えるだろう。歴史の法則といえば決定論的に聴こえるのでそうは呼ばない。ただ、歴史とは、でたらめな偶然の集積でもなければ、英雄の個人的意志が左右するものでもない。『共産党宣言』によれば、階級闘争こそが歴史を動かす要因なのである。

 そして、『共産党宣言』は何も持たない、無名の、虐げられた存在にこそ、その歴史への参画の資格があることを明確に指し示した。だから、これまで多くの若者が『共産党宣言』を掲げながら歴史の前面へと踊り出してきたのだ。

 そう考えると、『共産党宣言』の最大の意義とは、歴史への参画を呼号するアジテーションの熱さだというべきかもしれない。この書はこうしめくくられる。

「共産主義者は、自分の見解や意図を隠すことを恥とする。共産主義者は、かれらの目的が、これまでのいっさいの社会秩序を暴力的に転覆することによってしか達成され得ないことを公然と宣言する。支配階級よ、共産主義革命の前に慄くがいい。プロレタリアには、革命において鉄鎖のほかに失うものは何もない。かれらには獲得すべき全世界がある。
全世界のプロレタリア、団結せよ!」

〈引用は『共産主義者宣言』太田出版より〉

(左巻き書店店主・赤井 歪)

●左巻き書店とは……ものすごい勢いで左に巻いている店主が、ぬるい戦後民主主義ではなく本物の左翼思想を読者に知らしめたいと本サイト・リテラの片隅に設けた幻の書店である。

最終更新:2018.10.18 04:51

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

共産主義者宣言 (平凡社ライブラリー)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

虐げられた無名の者たちよ、ピケティよりもマルクス『共産党宣言』を読め!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。トマ・ピケティ共産主義共産党左巻き書店の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
2 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
3 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
4 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
5 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
6 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
8 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
9 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
10 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
11 安倍首相にマッチョ批判
12 ブレる松岡修造語録を読み解く
13 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
14 片山さつきが坂上忍に批判された
15 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
16 ヒラリーが尖閣の原因は日本の国粋主義
17 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
18 ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ
19 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
20 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
1嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
5小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
6青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
7「子ども産まないのが問題」麻生が「金がないなら結婚するな」
9統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
10安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
13北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15国家公務員と利害関係者の「ゴルフ解禁」の背後に安倍
16小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
17安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
18辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
19不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄