オードリー若林、ウーマン村本…ベッキーはなぜネガティブ男を好きになるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
becky_01_141125.jpg
『ベッキーの心のとびら』(幻冬舎)

 先日、一部週刊誌でオードリー・若林正恭との熱愛が報じられたベッキー。しかし、その直後には、ウーマンラッシュアワー村本大輔との密会をフライデーされ、「恋愛しない女」と言われてきたベッキーの周囲が騒がしくなってきた。

 ベッキーといえば、有吉弘行に「元気の押し売り」というあだ名が付けられるほど、前向きなキャラとして知られている。

〈「忙しい」という言葉は使わないようにしています。忙しいという漢字は「心」を「亡」くすと書くからです。「忙しい」ではなく「充実」、「疲れた」ではなく「がんばった」口から出る言葉はハッピーな響きの方がいいです〉

 自著『ベッキーの心のとびら』(幻冬舎)では、ポジティブキャラを裏付るような、こんな名言がつづられている。

 一方、若林は人見知り芸人・女の子苦手芸人としても知られているが、自著『社会人大学人見知り学部 卒業見込』(メディアファクトリー)では、自身の心のうちに潜む「ネガティブモンスター」について言及するほど、自他共に認めるネガティブな性格。また村本は、「後輩の女に手を出した」などといった“クズエピソード”が売りで、Twitterでもファンを相手に暴言を吐いて炎上することも少なくない。ポジティブな性格のベッキーが、なぜネガティブ要素の多い男性に引かれてしまうのだろうか。

 言動や思考からパーソナリティを9つにわけ、タイプ別に恋愛傾向を分析した『なぜいつも“似たような人”を好きになるのか』(岡田尊司/青春出版社)を使って、その理由を探ってみよう。

 同書の分類にしたがうと、おそらくベッキーは「強迫性パーソナリティタイプ」。

 あまりに多忙なスケジュールで倒れそうになった際に、「“30秒、メイクを直すふりをしてください”って言って、直してもらうふりをしながら、目をつぶって30秒だけ立ったまま寝ました」と周囲に迷惑をかけないように乗り切り、「ギャル文字が苦手(略)、“こんにちは”が“こんにちわ”になってたり、“〜じゃん”が“〜ぢゃん”になってたりするのを見ると、なぜか悲しくなるんです(笑)」と常識に厳しく、「20代は国産車って決めていたんです。なんか普通の感覚で言うと20代から外車って、ちょっと“ザ・芸能人”な感じがしません?」(以上、『ベッキー♪♯ ゆめの音色』エム・オン エンタテイメント)と自分の気持ちよりも体面を重んじる。こういった発言が、「真面目で責任感が強くルール違反はゆるせない」という強迫性パーソナリティの特徴に適合するのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜいつも“似たような人"を好きになるのか

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

オードリー若林、ウーマン村本…ベッキーはなぜネガティブ男を好きになるのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ベッキー江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
2 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
3 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
4 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
5 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
8 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
9 区立中学の性教育に自民党が圧力!
10 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
11 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
12 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
13 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
14 止まらない岡田晴恵バッシング!「週刊新潮」が「予言外れた」と的外れ批判
15 乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!
16 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
17 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 佐川誘導尋問、丸川珠代の本質を見抜いていたマツコ
20 安倍首相の病状説明に矛盾 「体調異変」と説明した時期にステーキ
1菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
2菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5つるの剛士が畑泥棒を「近くの工場で働いてる外国人」「あそこ怪しすぎる」
6デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
10菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
11東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
12総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
15菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
18『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!
20菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄