フジテレビ宮内社長「とんねるず」打ち切り発言は本気か? 日枝院政のもとで「フジのタブー」を破れるのか…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
fujitv_01_20170920.png
フジテレビ公式HP


長く続く視聴率低迷から抜け出す道筋すらなかなか見出すことのできないフジテレビ。

 この秋の改編では、月曜から金曜の帯番組『ユアタイム』が終了。また、日曜ゴールデンタイムは古館伊知郎の冠番組『フルタチさん』と21時台の連続ドラマ枠が終了し、『ニチファミ!』と題された3時間の長尺特番枠とするなど、かなり大きい編成の改革がなされた。

 2013年に肝いりで社長に就任したものの、わずか4年たらずで退任することになった亀山千広氏に代わり、今年6月にフジテレビ新社長に就任した宮内正喜氏は、7月の定例会見で「『変える・変わる』をキーワードに、私も勇気をもって、業績を回復する一点に絞って解決に当たりたい」と語っており、こういった番組編成の大きい変更は今後も続けていくとされている。

 そんななか、9月12日付日刊スポーツで応えた宮内社長のインタビューが話題を呼んだ。このなかで宮内社長は「最終的にはタイムテーブルを白紙にするくらいのつもりで改善していく」としたうえ、記事のなかでは、ある番組を名指しつつこのように語られている。

「『宮内社長は本当にフジを変えられるのか』と、活字には必ず書いてある。非常にじくじたるものがあるんですけど、編成が『視聴率が下がってきている。だから、こういう企画に変えたい』と決めてくれば、全く反対しないよ」

 打ち切りも辞さないとして名指しされた番組とは、『とんねるずのみなさんのおかげでした』と『めちゃ×2イケてるッ!』。ご存知の通り、『めちゃイケ』は21年、『とんねるずのみなさんのおかげでした』は『とんねるずのみなさんのおかげです』から合わせると29年にもわたって続くいずれも長寿番組である。

 とりわけ驚きの声があがったのが、『とんねるずのみなさんのおかげでした』だ。本当にあの番組を終了できるのか、と実現可能性について訝しむ声も溢れている。

 というのも、とんねるずに関する案件は、1988年に社長、2001年に会長を歴任するなど、長らく「フジテレビのドン」として君臨してきた日枝久氏以外、フジテレビ社員の誰も触ることのできない「フジテレビのタブー」として知られるからだ。

 実際、亀山氏が社長に就任して以降、フジテレビは『森田一義アワー 笑っていいとも!』や『ライオンのごきげんよう』といった長寿番組を次々と終わらせてきたが、なぜか真っ先に終わらせるべきであろう『とんねるずのみなさんのおかげでした』にはかたくなに手をつけてこなかった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

フジテレビ宮内社長「とんねるず」打ち切り発言は本気か? 日枝院政のもとで「フジのタブー」を破れるのか…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。とんねるずフジテレビ日枝久編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画