星野源「Family Song」が示す“新しい家族”とは? 「家族がいない人はどうしたら?」に星野が出した答え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
星野源「Family Song」が示す新しい家族とは? 「家族がいない人はどうしたら?」に星野が出した答えの画像1
星野源「Family Song」(ビクターエンタテインメント)


 星野源のニューシングル「Family Song」が爆発的なヒットを記録している。初週の売上は昨年リリースされた「恋」の10.2万枚を大きく更新し、19.1万枚を記録。この売上により「Family Song」は、初週の成績だけで今年度のソロアーティストによるシングル売上としては最高の数字を達成したという。


 この「Family Song」、ど直球なタイトルから、え?星野源がいかにも保守的な「家族を大事に」や「家族で寄り添って」的な歌を?といぶかしく思っていたら、そこはやはり星野源。そんなステレオタイプな歌ではなく、むしろそうした旧来的な家族像からは遠く離れたものだった。

 たとえば星野は8月18日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に出演して「Family Song」を歌ったが、そのトークコーナーでこんなふうに語っている。

「楽曲は60年代末から70年代始めぐらいのソウルミュージックをモチーフにしてるんですけど、歌詞を昔っていうよりも、いまの家族にしたいなって思って色々考えてたんですけど、僕、なんとなく家族って漠然と血のつながりだと思ってたんですけど、よく考えたら夫婦って血つながってないなって思って、だから血のつながりとか関係ないなって思って、たとえば友だちとか仕事仲間もファミリーって言ったりもするじゃないですか。だからそういう広い意味でこれからの時代に向けて、たとえば両親が同性同士っていうのもこれからどんどん増えてくると思うんですよね。そういう家族も含めた、懐の大きい曲みたいなものをつくりたいなって思って」

 ゴールデンの全国放送の番組で「両親が同性同士っていうのもこれからどんどん増えてくると思うんですよね」と踏み込みながら、家族のあり方の多様性について語ってみせた姿勢は大きな話題を呼んだ。家族とは何か。血のつながりなのか? 両親は男女でなければならないのか? 「Family Song」は、家族に関するこうした数々の固定観念を根本から問い直すことから生まれたのだ。

 星野は常々「僕、二番のAが一番言いたいこと言えるんです」(「ROCKIN’ ON JAPAN」2017年9月号/ロッキング・オン)と語り、楽曲のなかで語りたいことのエッセンスが最も濃密に詰め込まれているのは2番のAメロにあてられている歌詞だと語るが、「Family Song」の2番のAメロではこのように歌われている。

〈出会いに意味などないけれど
 血の色 形も違うけれど
 いつまでも側にいることが
 できたらいいだろうな〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

星野源「Family Song」が示す“新しい家族”とは? 「家族がいない人はどうしたら?」に星野が出した答えのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。 Family Songサザエさん新田 樹星野源の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画