高樹沙耶インタビュー

高樹沙耶が最後の独占告白! 医療大麻解禁、メディアバッシングへの思い「今の日本は異なる価値観を断罪する」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
判決から1カ月、高樹沙耶がメディアバッシング、医療大麻解禁への思いを告白「今の日本は異なる価値観を断罪する」の画像1
撮影/編集部

 医療大麻解禁を訴え、大麻取締法違反で逮捕された高樹沙耶。有罪判決後、マスコミ取材に応じていた高樹だが、それから1カ月あまり、彼女はいま、どうしているのか。
 
 これまで高樹は、世間やマスコミと必死に闘ってきた。懲役1年、執行猶予3年の判決が下された4月27日、マスコミの囲み会見に応じた高樹は改めて医療大麻への思いを涙ながらに語り、また『直撃LIVE グッディ!』(5月4日放送/フジテレビ)の独占密着インタビューでも同様の姿勢を貫いている。そうした高樹の真摯な思いにもかかわらず、マスコミは信念を変えない高樹をバッシングし、“反省がない”と責め立てた。

 その後、高樹はプツリと表舞台から姿を消したが、その間、本サイトでは報道の悪質さを指摘、「ほとんどの芸能人はひたすら頭を下げて嵐の通り過ぎるのを待つところを、医療用大麻を解禁すべきというのは譲れない」との高樹の覚悟や、高樹の主張する医療用大麻解禁論はけっして常識はずれなものではないことを紹介してきた。

 だが、いくつかの疑問は残ったままだ。なぜ大麻を使用したのか。裁判では無罪を主張したのに、有罪判決を受け入れたのか。バッシングがわかっていながらマスコミの取材に応じたのか。そして今後の医療大麻解禁への取り組みは――。

 そんな折、本サイトの記事を読んだという高樹本人から「話がしたい」とコンタクトがあった。そこでこれまでの高樹の思いを改めて聞くため、事件後初めて上京していた高樹に急遽取材を申し込み、今回の独占インタビューが実現した。事件や、マスコミ、そして大麻への高樹の真意と赤裸々な思いとは——。(編集部)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

高樹沙耶が最後の独占告白! 医療大麻解禁、メディアバッシングへの思い「今の日本は異なる価値観を断罪する」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。インタビューバッシング編集部高樹沙耶の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
8 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評