西野カナ「レコ大」受賞の裏側で何が? 審査委員や主催団体幹部が健全化に動くもバーニング系に潰されていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
record_170112_top.jpg
『第58回 輝く!日本レコード大賞』HPより


 昨年12月30日に発表された第58回日本レコード大賞。今回の大賞は西野カナが「あなたの好きなところ」で受賞したのだが、これにはネットで批判が殺到した。

 それはそうだろう。西野カナは芸能界のドン・周防郁雄社長率いるバーニングプロダクションが押していたアーティスト。「週刊文春」(文藝春秋)による三代目J Soul Brothersのレコ大1億円買収報道で、バーニングのレコ大支配が明るみになり、その後の動向が注目されている渦中にも関わらず、“バーニング押し”の楽曲をそのまま受賞させてしまう、というのは、信じがたい。

 レコード大賞の審査員は評論家数名に加え、新聞記者やテレビ局員(第57回時点では、毎日新聞、日刊スポーツ、読売新聞、時事通信、産経新聞、東京中日スポーツ、報知新聞、東京スポーツ、MBS毎日放送、RKB毎日放送)によって占められている。本来なら、社会の不正を糾す報道機関に所属しながら、自浄能力をまったく発揮せず、こんな買収工作のお先棒を担ぐような真似をして、恥ずかしくないのだろうか。

 しかし、実は、西野カナのレコ大受賞の裏では、一部の審査員たちが健全化を訴えて動くも、つぶされていたことが明らかになった。

 本日発売された「週刊文春」17年1月19日号によれば、今回審査員長を務めた日刊スポーツの笹森文彦氏が、審査会議の冒頭で「今回は無記名投票にしたい」と提案。特定の芸能プロとの癒着や圧力に関する疑惑を払拭しようとしていたらしい。しかし、他の委員が複数名反対し、結局いつも通りの出来レースに。結果として、審査委員15名のうち10名が西野カナに手を挙げ、圧勝することになったという。レコ大の内情に詳しいスポーツ紙記者もこの「文春」記事について、こんな証言をする。

「あれは事実です。無記名に反対したのも、西野カナを押したのも、ほとんどは、バーニングに近い委員たちだったようです。委員たちはこれまで、接待漬けにされていますからね。裏切ったらどんな目に遭わされるかわからないという恐怖感がありますから、いまさらバーニングに逆らうような行動はとれませんよ」

 健全化の動きが潰されたケースはこれだけではない。実は、レコ大の主催者である日本作曲家協会の叶弦大会長も、「潰された」ひとりだという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

西野カナ「レコ大」受賞の裏側で何が? 審査委員や主催団体幹部が健全化に動くもバーニング系に潰されていたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニングレコード大賞時田章広西野カナの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
11 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
12 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13 原発広告に文化人や芸能人が
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画