大和くんに松本人志が「反省してない」太田光が「ちゃんと叱れ」…道徳ファシズムで失われるトム・ソーヤー的精神

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tom_160614.jpg
左・フジテレビ『 ワイドナショー』番組ページより/右・TBS『サンデージャポン』番組サイト


 様々な議論を呼んだ、北海道男児置き去り事件。しつけとして北海道の山中に置き去りにされた小学2年生の田野岡大和くんは6日間行方不明ののち、奇跡的な生還を果たした。

 発見前は「父親の殺人」などという心ないデマが流されたが、発見されてからは大和くんのサバイバル力を讃える声があがる一方、大和くんに対し石を投げたことを反省してないなどという心ないバッシングの声も少なくない。

 たとえば大和くんが保護された2日後の今月6日『ワイドナショー』(フジテレビ)で松本人志は「この家族のこの先がちょっと心配(略)会見見た時にごめんねってお父さんが言った『ごめんね』。うーん、『ごめんね』わかるんやけど、それに対して息子が、『うん』と言ったって。結局、石投げたことを反省してないんちゃうんかっていうね」と語った。

 続けて「信念があれば、置き去りもあり」などとも語っていたが、まあ、もともと体罰肯定派のうえ、最近、ネトウヨ化が激しい松本だから、この程度の発言に驚きはない(そう言いながら自分の娘を怒ったことがないという話には驚いたが)。

 意外だったのは、同じ日の『サンデージャポン』(TBS)での太田光の発言だ。『サンデージャポン』でこの事件を取り上げた際、太田はこんな話を披露した。

「オレ、『トム・ソーヤーの冒険』が大好きなんだけど、似たような話がなかに出てくるんですよ。おばさんに怒られて、無人島に行くんですよね、ミシシッピー川の。そうすると、町中がもう死んだと思って、捜索するんですね。トムはそれでわくわくして、帰ったらヒーローだってなって、自分の葬式に乗り込んでいくっていうシーンがある。それで、おばさんと泣きながら抱き合って、『よかった、よかった』『おばさんも怒り過ぎた』って言うんだけど、その後、トム・ソーヤは学校でヒーローになるんだけど、その後、先生にはお尻を鞭で20回叩かれるっていうそういうオチがある。そんなに大人に心配かけたお前が悪いって、ちゃんと叱られるんだよね」

 トム・ソーヤーも、同じような悪いことをしたけど、最後は厳しく叱られ、ちゃんとしつけられた。だからこの男児も、このあとちゃんと厳しく叱られるべきだと太田は語ったのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

大和くんに松本人志が「反省してない」太田光が「ちゃんと叱れ」…道徳ファシズムで失われるトム・ソーヤー的精神のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サンデージャポンワイドナショー子ども教育松本人志酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画