新年特別企画

桑田炎上からSEALDs攻撃、難民差別……2015年、ネトウヨは何をしたか?人気記事ランキング ネトウヨ批判編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
2015netouyorank_01_160102.jpg

 新年、新たな闘いを開始するにあたって、お届けしているジャンル別人気記事ランキング。今回は差別やヘイト、ネトウヨをキーワードに集計した10本をお届けしたい。ネット上では相変わらず、人種差別、弱者排撃、そして国家主義的な主張を叫ぶ連中が跋扈している。自分の気に入らない意見に「反日」「在日」とレッテルを貼り、封じ込めようとする動きも続いている。
 今年はこれに加えて、安保法制への反対意見やSEALDsなどのデモ、沖縄の辺野古移転反対に対して「共産党」「中国のスパイ」などといったデマをぶつける攻撃も加わった。
 テレビや新聞などの大マスコミはほとんど取り上げないが、本サイトは、そんなネトウヨやレイシストを批判・検証する記事に力を入れてきた。そうしたものの中から、2015年、読者にたくさん読まれ、大きな話題になった人気記事を順に発表しよう。

★1位 SHELLYが「安保法反対デモ」肯定して安倍支持ネトウヨからヘイト攻撃受けるも堂々反撃! 肝の据わり方がスゴい

 昨夏の安保法制では多くの芸能人が“政治発言タブー”を打ち破ったが、なかでも一際堂々としていたのがタレントのSHELLY。衆院で強行採決された7月15日、ツイッターで政府与党に対する不信感を表明し、反対デモをこう評価した。
「そんな中、今も雨の中デモを続ける方々は本当にかっこいいと思います。若い世代が立ち上がってる事を誇りに思います。日本、どうなっちゃうんだろう。」
 だがSHELLYのこの発言に対し、安倍親衛隊のネトウヨたちは総攻撃。スポンサーへの脅迫や、ハーフをあげつらうヘイトスピーチの嵐をぶつけられた。人気商売の芸能人、普通ならば沈黙してしまいがちな状況だが、しかしSHELLYは違った──。ぜひ、その“神対応”っぷりを以下のリンクからご確認いただきたい。
http://lite-ra.com/2015/07/post-1306.html


★2位 家族への謝罪要求、経歴暴露…イスラム国事件で後藤さんを攻撃する“クズ”たち

 昨年のイスラム国人質事件は、後藤健二さんと湯川遥菜さんが殺害されるという最悪の結末となった。だが、国内ではISによる声明の直後から、二人への聞くに堪えないバッシングが巻き起こっていた。たとえばデヴィ夫人は「いっそ自決してほしい」と宣い、元航空幕僚長の田母神俊雄は「後藤さんは在日だという情報がある」などとデマを拡散。ネトウヨたちも「死ぬことが国益」と言い放ち、後藤さんの母親や妻にまで矛先を向け、さらに週刊誌までもがグロテスクな個人攻撃に加担する有様だった。本サイトは、そのデマ攻撃のペテンを解読しつつ、真っ向から“クズ”たちに反論。詳しくは以下のリンクから。
http://lite-ra.com/2015/01/post-831.html


★3位 殺害予告を受けたSEALDs奥田愛基氏の父親が語った!「僕は黙らない」「親の影響だと語るのは愛基に失礼だ」

 安保法制に対する反対運動では、若者たちの声が大きく注目された。しかし、とりわけそのムーブメントを牽引したSEALDsに対する、右派・ネトウヨの攻撃は熾烈を極めた。そして、ついには中心的存在である奥田愛基氏、そしてその家族へ対する殺害予告が行われる事態にまで発展。渦中のさなか、本サイトは愛基氏の父・知志さんへインタビュー取材を敢行した。知志さんは自身が危険さらされてもなお、時代に対する危機感と、これに真摯に向かいあう強い意思を語ってくれた。ぜひ、今一度お読みいだだきたい。
http://lite-ra.com/2015/09/post-1542.html

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

桑田炎上からSEALDs攻撃、難民差別……2015年、ネトウヨは何をしたか?人気記事ランキング ネトウヨ批判編のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨランキング編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
2 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
3 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
4 幹部から新人までほとんどが商売右翼
5 寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
6 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
7 テレ東が番組で統一教会信者隠しと捏造
8 久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
9 市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
10 水木しげるが描いた慰安婦「地獄だ」
11 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
12 ローラが所属プロと奴隷契約トラブルも
13 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
14 グアム北ミサイルは存立危機事態でない
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
18 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
19 岸田『ひるおび!』出演にネトウヨが
20 仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
1吉川晃司が安倍の核禁止条約拒否を批判
2ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
3有森裕子が東京五輪の現状を批判
4菅官房長官が壊れ始めた!トンデモ会見
5加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
6 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
7森友新証拠!佐川の虚偽答弁が明らかに
8久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
9加計が職員を安倍首相の選挙に動員
10安倍改造内閣はハレンチ閣僚だらけ!
11高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
12内閣改造で加計学園人脈のお友達が出世
13灘中校長が語る自民党とネトウヨの圧力
14長崎のメッセージも安倍には届かず!
15市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
16安倍応援団が発狂状態でメディア攻撃
17安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
18グアム北ミサイルは存立危機事態でない
19獣医学の重鎮が加計と安倍首相を一刀両断
20手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」