新年特別企画

嵐vsSMAP最終戦争、能年玲奈独立騒動の真相…リテラの2015人気記事ランキング 芸能スキャンダル編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
geinou_160104_top.jpg

 2016年新たなスタートを迎えるにあたってお送りしている、リテラの人気記事ランキング。今回は、芸能スキャンダル編をお届けしたい。大手芸能事務所には言いなりな一方、弱小事務所のタレントには容赦なくバッシングを展開する、大手芸能メディア。そんななかリテラの芸能スキャンダル記事では、単なる芸能ゴシップや芸能人のバッシング記事ではなく、その背後にある芸能プロダクションの力学や、芸能メディアの裏側をお伝えしてきた。ジャニーズ、バーニングに支配された大手マスコミでは読むことのできない、リテラの芸能記事を1位から順に紹介したい。

★1位 嵐の元スタッフが暴露本を出版! 嵐メンバーは意外と不仲で性格も悪かった


 2015年も芸能ランキングで1位になったのは、やはりジャニーズネタだった。嵐の“元側近”が書いた暴露本『嵐、ブレイク前夜』(主婦と生活社)では、仲良しが売りになっていた彼らの”裏側”に加え、気になる恋愛事情も赤裸々に明かされており、それらを紹介した記事は本サイトで大きな話題となった。しかし、「週刊女性」とネットニュース以外のマスコミは完全スルー。改めて、ジャニーズのメディアタブーが垣間見えた一件でもあった。
http://lite-ra.com/2015/04/post-1033.html
http://lite-ra.com/2015/04/post-1037.html


★2位 ランドセルに死ね…セカオワSaoriがいじめ体験を告白。Fukaseが救ってくれた

 2015年のNHK合唱コンクール中学校の部の課題曲として作られ、『NHK紅白歌合戦』でも披露されたSEKAI NO OWARIの「プレゼント」。ピアノを担当するSaoriが作詞したこの曲には、かつていじめられっ子だった彼女の感じていた生きづらさや思いが込められており、自身も「中学生の自分にあげたい曲」だと語っている。実はSaoriは「プレゼント」が発表されるより前の3月にも、自身の壮絶ないじめ体験について告白している。そして彼女を救ってくれたのは、メンバーであるFukaseの言葉だったと。Saoriの壮絶ないじめ体験と彼女を救ったFukaseの言葉とは? ぜひご一読いただきたい。
http://lite-ra.com/2015/03/post-975.html

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

嵐vsSMAP最終戦争、能年玲奈独立騒動の真相…リテラの2015人気記事ランキング 芸能スキャンダル編のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも