警視庁が「春画」掲載の週刊誌4誌にわいせつ注意するも「週刊文春」だけはお咎めなし! その理由は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
post_01_151019.jpg
警視庁に口頭注意をうけたうちの1誌である小学館の「週刊ポスト」は15年10月30日号で「あえて問う!春画は「わいせつ物」か「日本の文化」か」という特集を組んでいる

 先ごろ、「週刊ポスト」(小学館)、「週刊現代」(講談社)、「週刊大衆」(双葉社)、「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)の4誌が警視庁により口頭指導を受けていたとの報道がなされた。春画の画像を掲載していたことがわいせつ図画頒布罪に当たる可能性があるとして行われた注意であるという。

 イギリス・大英博物館での春画展は大反響を呼び、9月19日から永青文庫で開かれている春画展も連日行列が絶えない。春画はいまや、日本のみならず世界でも芸術と認められ、単なるポルノグラフィーと捉える見方のほうが時代遅れとなりつつある。にもかかわらず取り締まりの姿勢を見せるとは……警察組織の旧態依然とした感性が露呈してしまったかたちか。

 だが、ここで気になることがある、先ほどあげた4誌のなかに、先日、春画特集を掲載したことが松井清人社長の逆鱗に触れ、新谷学編集長が3カ月の休養処分を命じられた「週刊文春」(文藝春秋)が入っていないのだ。

 報道によれば、警視庁保安課は春画を単体ではわいせつとしては捉えていないが、4誌は同じ号にヌードや下着姿の女性のグラビア写真を掲載していたため、「春画のわいせつ性が強調されている」と判断したのだという。一方、「週刊文春」は春画を掲載しているが、ヌードグラビアが掲載されていないので、注意の対象にならなかったということらしい。

 そんなところから、文春社内では、「警視庁もわいせつではないとした記事を社長が問題にしたわけで、やはり過剰反応だった」という議論が再燃しているという。
 
 しかし、一方で、警視庁が「文春」のみ不問にした背景には裏があったのではないか、という噂も流れている。というのも、今回の警視庁の説明があまりに説得力がないからだ。

 4誌の春画掲載を問題にしたのは、同時にヌードグラビアを載せていたからだというが、春画そのものにわいせつ性がないなら、他の企画がどうあろうと、わいせつ性は成立しないはず。逆に、ヌードグラビアがわいせつならば、春画の掲載不掲載にかかわらず、注意をするはずが、その形跡はない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

肉筆春画の世界 (別冊宝島 2393)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

警視庁が「春画」掲載の週刊誌4誌にわいせつ注意するも「週刊文春」だけはお咎めなし! その理由は…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!