警視庁が「春画」掲載の週刊誌4誌にわいせつ注意するも「週刊文春」だけはお咎めなし! その理由は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
post_01_151019.jpg
警視庁に口頭注意をうけたうちの1誌である小学館の「週刊ポスト」は15年10月30日号で「あえて問う!春画は「わいせつ物」か「日本の文化」か」という特集を組んでいる

 先ごろ、「週刊ポスト」(小学館)、「週刊現代」(講談社)、「週刊大衆」(双葉社)、「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)の4誌が警視庁により口頭指導を受けていたとの報道がなされた。春画の画像を掲載していたことがわいせつ図画頒布罪に当たる可能性があるとして行われた注意であるという。

 イギリス・大英博物館での春画展は大反響を呼び、9月19日から永青文庫で開かれている春画展も連日行列が絶えない。春画はいまや、日本のみならず世界でも芸術と認められ、単なるポルノグラフィーと捉える見方のほうが時代遅れとなりつつある。にもかかわらず取り締まりの姿勢を見せるとは……警察組織の旧態依然とした感性が露呈してしまったかたちか。

 だが、ここで気になることがある、先ほどあげた4誌のなかに、先日、春画特集を掲載したことが松井清人社長の逆鱗に触れ、新谷学編集長が3カ月の休養処分を命じられた「週刊文春」(文藝春秋)が入っていないのだ。

 報道によれば、警視庁保安課は春画を単体ではわいせつとしては捉えていないが、4誌は同じ号にヌードや下着姿の女性のグラビア写真を掲載していたため、「春画のわいせつ性が強調されている」と判断したのだという。一方、「週刊文春」は春画を掲載しているが、ヌードグラビアが掲載されていないので、注意の対象にならなかったということらしい。

 そんなところから、文春社内では、「警視庁もわいせつではないとした記事を社長が問題にしたわけで、やはり過剰反応だった」という議論が再燃しているという。
 
 しかし、一方で、警視庁が「文春」のみ不問にした背景には裏があったのではないか、という噂も流れている。というのも、今回の警視庁の説明があまりに説得力がないからだ。

 4誌の春画掲載を問題にしたのは、同時にヌードグラビアを載せていたからだというが、春画そのものにわいせつ性がないなら、他の企画がどうあろうと、わいせつ性は成立しないはず。逆に、ヌードグラビアがわいせつならば、春画の掲載不掲載にかかわらず、注意をするはずが、その形跡はない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

肉筆春画の世界 (別冊宝島 2393)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

警視庁が「春画」掲載の週刊誌4誌にわいせつ注意するも「週刊文春」だけはお咎めなし! その理由は…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?
2 沖縄問題を扱ったマンガ作品が話題に
3 自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
4 安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
5 長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
6 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
7 安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
8 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
9 ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
10 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
11 小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
12 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
13 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
14 自民党がネトサポに他党叩きを指南
15 民主解党論の裏にジャパンハンドラー
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 櫻井翔『先に生まれた〜』は維新礼賛?
18 大手メディア衆院選情勢調査の結果は
19 安倍、森友加計問題の説明する気なし
20 昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4原発ゼロは嘘!小池百合子が再稼働容認
5安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
6高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
7田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
8見苦しい!安倍首相が無告知ゲリラ街宣
9安倍首相が街頭演説からトンズラ
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11山本太郎「リベラルをひとりも減らすな」
12加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
13原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
14安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
15小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
16ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
17自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
18長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
19希望の党候補に性的関係強要の過去!
20昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」