自ら女郎に下った醜女の幼馴染、25円で売られた友達…昭和の遊郭を描いた伝説のマンガ『親なるもの 断崖』がスゴい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
oyanarumonodangai_01_150803.jpg
“醜女バナー”からは想像できない美麗な表紙(新装版『親なるもの 断崖』第1部/宙出版)

 スマホでネット巡回中、こんなマンガの広告バナーに何度も遭遇した経験はないだろうか?

〈自ら女郎に下った醜女の幼馴染〉〈たった25円で売られた友達〉

 まず目を引くのは、独特のデフォルメをされた醜女の少女(?)が慟哭しているコマ。

「おらもきれいなベベ着て男とりてえ!!」

 うわっ、となるのも束の間、画像が切り替わる。すると今度は、ボロボロのゴザを身体に巻いた先の醜女が、まるで菩薩のような笑みを浮かべていて、画面全体で何らかの“事後”だという不穏な感じを訴えかけてくる。

〈あの子の廊は 地獄だ〉

 一体どんなヤバい話なんだ!? ううむ、気になる!! でも……この手のマンガ広告のほとんどは、エロかったりグロかったり、こう言ってはナンだが、ちょっと下世話なイメージ。内心ものすごく興味はあるけれども、なんとなくリンクを踏むのははばかられる。さらに、何故かこの手の広告に出くわすのはいつも満員電車など衆人環視のシチュエーションだったりして、なおさら手を出しづらい。

 というわけで、しばらくスルーしていたのだが、日々のインターネッツライフで醜女とのエンカウント率は高まる一方。そんなとき、たまたま寄った書店であのコマのPOPとともに紙の単行本が平積みされているのを発見。ついに意を決し全編を読んでみた。

 結論からいえば──このマンガ、『親なるもの 断崖』(曽根富美子/宙出版)は本当に素晴らしい作品だった! 内容は、北海道の遊郭に売られた少女たちが、戦前~戦後という激動の時代に翻弄されながらも強く生き抜いていく姿を描いた人間ドラマ。物語展開も描写も、バナーから勝手に想像したものの比ではない辛さ・重さだが、しかし読者にページを次々とめくらせるような力がみなぎっているのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新装版 親なるもの 断崖 第1部 (ミッシィコミックス)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

自ら女郎に下った醜女の幼馴染、25円で売られた友達…昭和の遊郭を描いた伝説のマンガ『親なるもの 断崖』がスゴい!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。松本 滋貧困の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
8 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
18 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画