女性向けAVでブームのAV男優に苛酷な現実! 300人入って残るのは3人、汁男優で下積み、親バレも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shimiken_150701.jpg
『AV男優しみけん 光り輝くクズでありたい』(扶桑社)

 いま、“AV男優”がメディアで注目を浴びている。書店をのぞけば、水野スミレ『「AV男優」という職業 セックスサイボーグたちの真実』(角川書店)、鈴木おさむ『AV男優の流儀』(扶桑社)といった本が書棚に並んでいる。

 映画では、昨年劇場公開された、カンパニー松尾監督作品『劇場版 テレクラキャノンボール2013』(こちらの主役は“男優”もこなすハメ撮りAV監督たち)が、AVファンのみならず、シネフィルの間でも話題となった。さらに、テレビでも『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で女性向けAVが特集され話題となったのは記憶に新しい。

 昔から、加藤鷹やチョコボール向井など、一般的知名度をもったAV男優も皆無ではなかったが、最近のAV男優ブームはこれまでにない規模である。

 それには、“女性向けAV”が、一部の好事家向け商品ではなくなり、一般のユーザーにも受け入れられつつあるのが背景にある。

 特に、女性向けAVメーカー『SILK LABO』は、鈴木一徹を輩出し大人気に。彼を含む月野帯人、ムーミンの3人は「エロメン3銃士」と呼ばれ、女性からアイドルのような支持を得ている。

 そんななか、嵐山みちる監督が立ち上げた女性向けAVシリーズが『GOSSIP BOYS』だ。しみけん、森林原人、黒田悠斗、ぽこっしー、藍井優太の5人のAV男優によるグループ、GOSSIP BOYSの活躍は映画化され、『GOSSIP BOYS 2014 THE MOVIE』として劇場公開も実現。

 黒田悠斗が身体づくりのためランニングする姿、森林原人が性感染症予防に関する啓蒙活動の講演のため自費で関西へ向かう姿、イケメン男優として人気を博す藍井優太が秘められた女性恐怖の感情を告白する姿といった、普段AVのなかでは見ることのない様子は女性ファンを大いにうっとりとさせていた。

 そんな“AV男優”だが、実は想像以上に大変な仕事らしい。先のGOSSIP BOYSのメンバーで、「週刊プレイボーイ」(集英社)など多数の雑誌連載をもち、テレビ番組にも定期的に出演している、いま最も有名なAV男優・しみけんが『AV男優しみけん 光り輝くクズでありたい』(扶桑社)を出版。その知られざる実態を明かしている。

 まず、その苛酷さを物語るのが人数。毎月4000本近くのAVがリリースされているアダルトビデオ大国の我が国だが、実は、1万人ほどいると言われている女優に対し、男優はわずか70人ほどしかいない。慢性的な人手不足状態なのだ。

 憧れて業界入りする男性は「年間300人くらい」と多いのだが、「1年後に残っているのはおそらく3人くらい」だという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

AV男優しみけん ~光り輝くクズでありたい

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

女性向けAVでブームのAV男優に苛酷な現実! 300人入って残るのは3人、汁男優で下積み、親バレものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育羽屋川ふみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃