高村光太郎夫人が描いた男性の股間から河西智美の手ブラまで…ヌードと国家の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nude_150322.jpg
『ヌードと愛国』(講談社現代新書)

 前田敦子、小嶋陽菜、大島優子――AKB48メンバーが手で胸を覆った「手ブラショット」を写真集などで披露するたび、ネットでは新たなNAVERまとめが誕生する。手ブラに代表されるセミヌード、陰毛解禁のヘアヌード、そして最後に行きつくのはそう、一糸まとわぬフルヌード。アイドルが「どこまで脱ぐか」は、これまで国民の一大関心事であり続けてきた。

 ただし、男性週刊誌に毎週グラビア写真が躍るこのご時世。「ちょっと脱いでみました」程度の写真ではもはや、さしたる驚きや感動は呼ばない。ヌード写真が特に世間の注目を集めるのは、何らかの事件性を兼ね備えた場合だ。近年ではAKB・河西智美の「手ブラ事件」が記憶に新しい。これは2013年、発売予定だった河西の写真集で外国人の少年が後ろから彼女に抱きつき胸を覆った表紙写真が問題となり、警視庁が版元である講談社に事情聴取をおこなうまでの事態に発展したものだ。

 しかし、である。これが単に河西自身による「手ブラ」だったら、あるいは河西の胸を押さえるのが少年ではなかったら、この一件はここまで問題となっていただろうか。騒動では「異国」の「子ども」が異性の性器に接触していることが児童ポルノ法に抵触するか否かが争点となった。ここからもわかるように、ヌードが問題になるのは何らかの社会的な条件が揃ったときだ。「服を着ていない」というだけでは一見どれも同じであるかのように思えるヌード写真には、それ以上の「意味」があるのだ。

〈ヌードは、裸体だが、『はだか』ではない。必ず意味が着せかけられている。(略)長い日本近現代史の中には、あらゆる文化ジャンルを横断しつつ、綿々と作り続けられてきた、「『日本』をまとったヌード」という系譜が、確実に存在している〉

 ――池川玲子『ヌードと愛国』(講談社現代新書)はそのものズバリの宣言から始まり、1900年代から1970年代のあいだに描かれ撮られた7体のヌードを取り上げ、ミステリー仕立てで分析してみせた一冊だ。美術作品といえど、国家と無関係ではいられない。国家への愛情や忠誠心としての「愛国」が要請される時代情勢、さらにはそうした情勢が当時の美術体制や個人にどのような影響を与えていたかに着目しながら推理が進んでゆく。

 新書という形を取ってはいるが、研究書顔負けのボリューム(約270ページ!)に圧巻される。それもそのはず、著者である池川は日本近現代女性史を専門とする研究者。「エッチな絵や写真がたくさん見られそう」程度の軽い気持ちで手を伸ばすと、反撃をくらった気分になるだろう。真面目な関心はあっても「読むのがしんどい」という方に向けて、その中身をご紹介したい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

高村光太郎夫人が描いた男性の股間から河西智美の手ブラまで…ヌードと国家の関係のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48写真松岡瑛理河西智美高村光太郎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
7 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
8 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
18 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
19 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20 財務次官セクハラが海外メディアでも