「月9詐欺で国民騙す」発言も…『デート』の脚本家・古沢良太はクドカンより野心家?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
date_01_150216.jpg
フジテレビ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』公式サイトより

 人気シリーズ『DOCTORS3』(テレビ朝日系)と、『家政婦のミタ』の遊川和彦が脚本を手がける『○○妻』(日本テレビ系)が視聴率の頂上決戦を繰り広げている、今期のテレビドラマ。だが、もっとも話題を集めているのは、杏と長谷川博己が主演の月9『デート〜恋とはどんなものかしら〜』(フジテレビ系)だろう。

『デート』は、完璧な合理主義者ですべてを数値化する理系女子の依子(杏)と、働きもせず親の脛をかじって文学&サブカル趣味を謳歌する文系ニート、自称「高等遊民」の巧(長谷川)のふたりが繰り広げるラブコメディ。初回こそ今期トップの14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩きだしたが、その後は3位に転落。それでも、「恋愛なんてクソの役にも立たない」「結婚とは有益な共同生活を送るための契約」などという醒めた恋愛・結婚観に共感する視聴者が続出。ネット上での評価も高い。

 まるでこれまで月9作品が築き上げた“恋愛至上主義”的価値観を覆すかのような展開。だが、じつはこれは狙ったものではないらしい。脚本を担当し、“ポスト・クドカン”の呼び声も高い古沢良太氏は、脚本執筆の裏側をこう明かす。

「実は月9とは知らず、2話分書いた後に知らされたという……だから今回の目標は、月9詐欺で全国民を騙すことです(笑)」(「エンタミクス」3月号/KADOKAWA)

 第2話といえば、ネット上も大いに沸いたプロポーズシーンが登場した回だ。母親の病気によって今後の生活に不安を抱いたニートの巧が新たな寄生先として国家公務員の依子に結婚を申し込むため、広末涼子の「大スキ!」に合わせて派手にフラッシュモブを決めるのだが、逆に依子からは働く意義について説教を喰らう結果に。だが、キレた巧は大演説をぶち、「善とは、家畜の群れのような人間と去就を同じうする道にすぎない! By 森・鴎・外!」と自己正当化をこころみる。……デートスポットである横浜のロマンティックな夜景をバックにしながら、恋愛の甘やかさなど皆無。全力で過去の月9的恋愛観を否定しにかかったようなシーンだったが、古沢氏が「月9とは知らなかった」からこそ生まれた名シーンだったのかもしれない。

 古沢氏といえば、一躍その名を世に知らしめたのが『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)での脚本だ。堺雅人が拝金主義の悪徳弁護士・古美門研介を演じ、社会通念上の正義をかき乱す新しいアンチヒーローをつくりあげたが、その圧倒的な台詞量とテンポのよさも話題になった。そういう意味でも『デート』は『リーガル・ハイ』の恋愛互換ドラマといえそうだ。

 また、古沢氏の代表作といえるのは、『ゴンゾウ 伝説の刑事』(テレビ朝日系)。脚本参加していた『相棒』チームから「新しいことをやろう」と打診を受けて始まった作品だが、第27回向田邦子賞を受賞するなど高い評価を獲得。その魅力のひとつにスピード感が挙げられるが、ここにも古沢氏独特の脚本術がある。それは、「退屈なシーン」を飛ばしていくという手法だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ゼロからの脚本術―10人の映画監督・脚本家のプロット論

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「月9詐欺で国民騙す」発言も…『デート』の脚本家・古沢良太はクドカンより野心家?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどんフジテレビプロデュース古沢良太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも