偽物をぶっ潰す…復活のDA PUMPがEXILEを挑発する好戦的発言を連発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
dapump_01_141210.jpg
avex「DA PUMP Official Website」より


 現在のミュージックシーンで、“ダンス&ボーカルユニット”といえば、EXILEファミリーが思い出されるだろう。EXILEを筆頭に三代目J Soul BrothersやE-girlsなど、紅白歌合戦にも3組を送り込むなど、ジャニーズやAKBグループと並ぶ一大勢力となっている。

 そんなEXILEファミリーに、真っ向から立ち向かおうとするグループが、今年ひっそりと復活を果たした。それはDA PUMPだ。

 DA PUMPは、1996年に沖縄出身のISSAら4人で結成。97年にm.c.A・Tのプロデュースでデビューすると、98年に『Rhapsody in Blue』で紅白歌合戦に初出場し、以降5年連続で出場。90年代後半から2000年代初頭の音楽シーンで大活躍した“ダンス&ボーカルユニット”だ。

 しかし、2005年にメンバーのSHINOBUが飲酒運転で逮捕され、翌06年に脱退。07年にはYUKINARIが元タレントの西田夏との離婚調停中であることが発覚(10年に離婚)。さらには、西田がテレビ番組でYUKINARIの家庭内暴力を告白するということもあり、08年に脱退し、グループ存続の危機に見舞われたのだ。

 そして、08年12月に新メンバー7人を加入し再始動。その後、メンバー2人が脱退し、7人体制でグループ活動を続けていたが、ここでまたトラブルが発生。12年に唯一のオリジナルメンバーであるISSAが、女優の福本幸子と婚約中だったにも関わらず、AKB48(当時)の増田有華とのお泊りデートを週刊文春にスクープされたのだ。この件で、増田はAKB48としての活動を辞退することとなり、DA PUMPも1年間ほど活動自粛となってしまう。

 2000年代中盤以降、トラブルと大幅なメンバーチェンジで、まともに活動できなかったDA PUMPだが、今年2月からイオンなどの全国15箇所のショッピングモールを回るツアーを開始。本格的に活動を再開したのだ。

 ショッピングモールツアーとはつまり“ドサ回り”だ。買い物客を相手に、パフォーマンスを披露し、音響設備が整っていないことも多い。かつて紅白に5年連続出場したグループが、駆け出しの新人同様の扱いで、地道な活動に汗を流しているのだ。

 このショッピングモールツアーについて、ISSAは「CD&DLでーた」(KADOKAWA)14年12月号でこう話している。

「周りからいろいろ言われたけど、“だから何なの?”って思ったし、それ以上に“楽しいなぁ”って思うことの方が多かったんですよね」

 充実した活動ができていることは間違いなさそうだが、かつての華々しい活動とはかけ離れた現状に対する雑音も多そう。ある音楽関係者はこう話す。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

New Position

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

偽物をぶっ潰す…復活のDA PUMPがEXILEを挑発する好戦的発言を連発 のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。EXILE田中ヒロナの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
15 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
16 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 財務次官セクハラが海外メディアでも
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした