恋人たちはLINEで何を話しているのか?読モカップルの会話がエラいことに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
line_01_141115.jpg
ようこそ!フワフワ本の世界へ!(『LOVE LINE カップルたちの笑えるLINEトーク集』大洋図書)

 今や現代人にとってなくてはならないコミュニケーションツールと化した感がある「LINE」。ふと見渡せば、どいつもこいつもスマホをシュシュッとフリックしながらLINEを活用している。密な連絡がとれる存在がいるというのはうらやましい限りである。世の中には企業からの広告と、コンビニでウェブマネーのプリペイドカードを買ってきてほしいというお願いでしかLINEの通知がない人間もいるというのに。

 さて、そんなLINEをフル活用している人種といえば、やはりカップルだろう。しかも聞くところによると、カップルたちのLINEでのやり取りが、エラいことになってきているというのだ。いったい、どう「エラいこと」になってきているのか。“百聞は一見に如かず”と言うし、少し覗いてみよう。わかりにくいかもしれないが、女性は「」、男性は『』で表記させていただく。

「あみはYouTubeみてるんだが暇すぎる」『そんな時は、空を見上げてごらん?』『雨だよ』「あめだ。」「あ、かぶった」

 さあ、雲行きが怪しくなってきたが、気にせずにもうひとつ覗いてみよう。

「はぁー」『どした?』「すき♡」『はぁー』「どした?」『大好き♡』「きもいよ」『だまれ』『きれそお』「そんなとこも好きでしょ♡」
 
たしかにエラいことになっている。エラいおもしろくない、という意味でだが。しかし、なぜここまでポンポンとカップルのLINEトークが引っ張りだせるか、これを読まれている方は訝しんでおられることだろう。じつは、LINE上で行われている恋人たちのやり取りを書籍化したものが先日発売されたのである。その名もステキ、『LOVE LINE』。

 本書には、LINE上で行われている恋人たちのやり取りが収録されている。なんともまあクソッタレなテーマで本を作られたものだが、もうひとつ大きな特徴があるのだ。それはなんと、登場するすべての女性たちがいわゆる“読モ”であるという点。非リア充からすればもはや別銀河の生物としか思えない存在である彼女たち。「kira☆kira」とか「ギャルソン・ガールズ」とか我らとは遠い世界で活躍する読モたちの甘みたっぷり高カロリーのラブトークが見られるのだ。

 そんな巷でキャーキャー言われているであろう人種たちのLINEトーク。前述したものを見ていただいたことでお分かりいただけただろうが、まあとんでもないレベルである。しかし、それで終わるほど、本書は甘くはない。ではさっそく、本書のなかから、特にレベルの高い、戦慄級のカップルトークをご紹介しよう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

LOVE LINE

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

恋人たちはLINEで何を話しているのか?読モカップルの会話がエラいことにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オンダヒロスマホリア充の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画