仕事を選ばないキティちゃんが今度はニーチェとコラボ! その結果は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hellokitty_141020.jpg
『ハローキティの“ニーチェ” 強く生きるために大切なこと』(朝日文庫編集部/朝日新聞出版)

 誰でも知っているサンリオのキャラクター、ハローキティ。彼女は仕事を選ばないことでも有名である。全国、いや世界の各地に飛んでいって体当たりのコラボを行う営業努力は涙ぐましいばかりだ(私のお気に入りは、博多祇園山笠とコラボしたフンドシ姿である)。

 さて、キティちゃんとはまったく違う分野のキャラクター(?)だが、19世紀ドイツの異端哲学者フリードリヒ・ニーチェの活躍も負けてはいない。ご本人は当然100年以上前に亡くなっているのだが、近年になって「超訳」というかたちで蘇り、深遠な自己啓発作家として快進撃を続けている。白取春彦・編訳『超訳ニーチェの言葉』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、哲学書としては異例の100万部を超える大ヒットとなった。続編も好セールスを記録しているようだ。

 そして本年、その仕事を選ばない二大巨頭というべき二人がタッグを組み、『ハローキティの“ニーチェ” 強く生きるために大切なこと』(朝日文庫編集部/朝日新聞出版)なる書物が刊行された。あの気むずかし屋ニーチェの代表作『ツァラトゥストラかく語りき』のエッセンスを、キティちゃんがやさしく語るというのだ。一体全体なんなのか? 今回はこれについて考えてみたい。

まず最初に、自己啓発風ニーチェが誤読の産物であることを指摘する。そして、なぜいまキティちゃんがニーチェを語らなければならないのか? なぜニーチェはキティちゃんの助けを必要とするのか? という、より具体的な問いに答えよう。

 さて、実際に『ハローキティの“ニーチェ”』を覗いてみる。この本は、(ニーチェを解釈した)キティちゃんの言葉とともに、その「典拠」となる『ツァラトゥストラ』の本文(岩波文庫の氷上英廣訳)を掲示するという、ある意味「手堅い」体裁になっている。読んでみると、たしかにいいことがたくさん書いてある。また、キティちゃんの解釈も当たらずとも遠からずといった感じで、それほど外しているとも思われない。つまり、よくできている。

 例えば、キティちゃんは「あなたが願いさえすれば、人生はきっと、思いのままに歩くことができる」と語る(14頁)。この言葉の典拠として挙げられているのは、「意志することは、解放する、自由にする」(『ツァラトゥストラ』第二部「至福の島々で」)といった具合。一事が万事この調子で、字面だけを見れば、キティちゃんのパラフレーズ能力はなかなかのものである。

 しかし、だからといって万事OKかというと、もちろんそんなことはない。まず最初に(ネタにマジレス的に)指摘できるのは、これが明らかな誤読であることだ。ニーチェは、というか一般に古典の文章は、字面を既成観念に当てはめていけば理解できるというものではない。とくに哲学者が用いる概念(例えば例文にある「意志」「解放」「自由」)は、独自の思考世界のなかで独自の位置を占めているのであり、それを十分に理解するためには、作品が成立した歴史的文脈や思想状況なども検討しなければならない(時代が離れていればなおさらだ)。これは別に専門の研究者でなくとも、本当は誰にでもわかることだ。どんな言葉も、それが口にされた文脈、発信者の意図、受信者の理解や伝播といった状況を抜きにしては、十分に理解することはできないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ハローキティのニーチェ 強く生きるために大切なこと

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

仕事を選ばないキティちゃんが今度はニーチェとコラボ! その結果は…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャラコラボ二葉亭クレヨンの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画