仕事を選ばないキティちゃんが今度はニーチェとコラボ! その結果は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hellokitty_141020.jpg
『ハローキティの“ニーチェ” 強く生きるために大切なこと』(朝日文庫編集部/朝日新聞出版)

 誰でも知っているサンリオのキャラクター、ハローキティ。彼女は仕事を選ばないことでも有名である。全国、いや世界の各地に飛んでいって体当たりのコラボを行う営業努力は涙ぐましいばかりだ(私のお気に入りは、博多祇園山笠とコラボしたフンドシ姿である)。

 さて、キティちゃんとはまったく違う分野のキャラクター(?)だが、19世紀ドイツの異端哲学者フリードリヒ・ニーチェの活躍も負けてはいない。ご本人は当然100年以上前に亡くなっているのだが、近年になって「超訳」というかたちで蘇り、深遠な自己啓発作家として快進撃を続けている。白取春彦・編訳『超訳ニーチェの言葉』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、哲学書としては異例の100万部を超える大ヒットとなった。続編も好セールスを記録しているようだ。

 そして本年、その仕事を選ばない二大巨頭というべき二人がタッグを組み、『ハローキティの“ニーチェ” 強く生きるために大切なこと』(朝日文庫編集部/朝日新聞出版)なる書物が刊行された。あの気むずかし屋ニーチェの代表作『ツァラトゥストラかく語りき』のエッセンスを、キティちゃんがやさしく語るというのだ。一体全体なんなのか? 今回はこれについて考えてみたい。

まず最初に、自己啓発風ニーチェが誤読の産物であることを指摘する。そして、なぜいまキティちゃんがニーチェを語らなければならないのか? なぜニーチェはキティちゃんの助けを必要とするのか? という、より具体的な問いに答えよう。

 さて、実際に『ハローキティの“ニーチェ”』を覗いてみる。この本は、(ニーチェを解釈した)キティちゃんの言葉とともに、その「典拠」となる『ツァラトゥストラ』の本文(岩波文庫の氷上英廣訳)を掲示するという、ある意味「手堅い」体裁になっている。読んでみると、たしかにいいことがたくさん書いてある。また、キティちゃんの解釈も当たらずとも遠からずといった感じで、それほど外しているとも思われない。つまり、よくできている。

 例えば、キティちゃんは「あなたが願いさえすれば、人生はきっと、思いのままに歩くことができる」と語る(14頁)。この言葉の典拠として挙げられているのは、「意志することは、解放する、自由にする」(『ツァラトゥストラ』第二部「至福の島々で」)といった具合。一事が万事この調子で、字面だけを見れば、キティちゃんのパラフレーズ能力はなかなかのものである。

 しかし、だからといって万事OKかというと、もちろんそんなことはない。まず最初に(ネタにマジレス的に)指摘できるのは、これが明らかな誤読であることだ。ニーチェは、というか一般に古典の文章は、字面を既成観念に当てはめていけば理解できるというものではない。とくに哲学者が用いる概念(例えば例文にある「意志」「解放」「自由」)は、独自の思考世界のなかで独自の位置を占めているのであり、それを十分に理解するためには、作品が成立した歴史的文脈や思想状況なども検討しなければならない(時代が離れていればなおさらだ)。これは別に専門の研究者でなくとも、本当は誰にでもわかることだ。どんな言葉も、それが口にされた文脈、発信者の意図、受信者の理解や伝播といった状況を抜きにしては、十分に理解することはできないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ハローキティのニーチェ 強く生きるために大切なこと

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

仕事を選ばないキティちゃんが今度はニーチェとコラボ! その結果は…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャラコラボ二葉亭クレヨンの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
2 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
4 『ラ・ラ・ランド』に論争勃発
5 義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
6 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
7 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
8 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
9 安倍首相のFacebookのヘイトがひどい
10 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
11 マツコが小池百合子にNG発言の理由
12 加計学園で設置審委員が内情暴露!
13 星野源が考える“新しい家族”とは
14 『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が
15 鶴田真由と昭恵夫人は日ユ同祖論の同志
16 JASRACが坂本龍一を騙しうち!
17 日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
18 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
19 中居ジャニーズ残留とキスマイ
20 希望に翻弄された!? 嘉田氏に直撃!
1佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
2加計が留学生募集!四国の獣医不足は?
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4トランプ来日の目的は武器売りつけ
6直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
7日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
8テレビが封印した安倍とトランプの映像
9横田さんはトランプに戦争しないでと伝えたいのに安倍が
10国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
11義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
12萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
13欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
14マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16トランプ来日を歓迎するマスコミの異常
17山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
18安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
19「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
20トランプの精神障害を疑うのは当然だ! 

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」