ジャニーズよりも萌える!? まさかのプロレスにハマる女子が増殖中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
moepuro_01_141007.jpg
プロレス女子が急増中!?……イヤァオ!!(『もえプロ 女子のための"萌える"プロレスガイドブック』パルコ)

 カープ女子という言葉が大きな話題になるなど、プロ野球ファンの女子が増えているとメディアをにぎわせた。しかし、最近はプロレスにハマる女子が急増しているようだ。『有吉ジャポン』(TBS系)や『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)などのテレビ番組でも取り上げられ、ちょっとしたブームになりつつある。

 格闘技の中でもオヤジくさい印象のあるプロレスは、これまで女性から敬遠されてきた。そんなプロレスに、なぜ今女性たちが魅了されているのか。その理由を『もえプロ 女子のための"萌える"プロレスガイドブック』(文・清野茂樹、絵・能町みね子/パルコ)から探ってみよう。

 まずやはり多いのが、単純に選手の魅力にひかれたというケースだ。鍛え上げられた肉体が好きな人は、そのマッチョなルックスから好きになることが多い。最近、プロレスラーがバラエティ番組やミュージックビデオに出演したり、『妄撮男子』(講談社)、『筋肉男子』(主婦の友社)などの写真集で取り上げられるなど、プロレス以外でプロレスラーを目にする機会が増えている。プロレスにまったく興味がなかった女子もそれがきっかけになって、プロレスにハマるというパターンが多いらしい。

 加えて、最近ではTwitterなどSNSを利用している選手も多く、プライベートや好きなものなど、リングの上とは違う素の一面を見て、好きになったという人もいる。

 たとえば、首から重さ8kgもあるチェーンをぶらさげ、“キングコング”の異名を持つ真壁刀義は、その見た目とは裏腹に大の甘党でもあるため“スイーツ真壁”としても知られている。毎回「おうッ、お前らぁーッ」で書き始めるブログでは、大好きなスイーツを食べる様子を「コレが」「コウなって」「コウなるッ☆」と段階的に自撮りでアップするマメさが受けて、大人気だ。

 また実際に試合を観戦しに行くようになっても、試合そのもの以上に試合の合間や試合後に垣間見える選手のちょっとした素の部分がいいらしい。たとえば田口隆祐は、勝利すると自分のテーマ曲にのせてオリジナルの“タグダンス”という踊りを踊るのだが、自分で考えてパフォーマンスとしてやっているはずなのに、振り付けは小さめで表情も照れくさそうなのだとか。その姿見たさに会場まで足を運んでしまうという女子もいる。会場では、アイドルのライブと同じようにうちわやマフラータオルを持ち、販売されているオリジナルTシャツを着てお目当ての選手を応援することもできるので、女性がさほど抵抗なく入り込める点もいいのかもしれない。

 次に、プロレスの技をかけたり、かけられたりしている姿や表情に萌えるという女子も少なくない。腐女子的には、半裸の男性が絡み合っているだけでも萌えるのに、「鬼殺し」(矢野通)や「ホバーボードロック」(KUSHIDA)のように、技の過程で股間を顔面に押し付けるような技にはとくに妄想が膨らむらしい。

 また、飯伏幸太の「その場飛びシューティングスタープレス」のような技の、しなやかな身体の動きや宙に舞う肉体の美しさに目を奪われる女子も少なくない。こんな動きを間近で見られるスポーツはなかなかない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

もえプロ 女子のための“萌える”プロレスガイドブック

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ジャニーズよりも萌える!? まさかのプロレスにハマる女子が増殖中!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。プロレス島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画