なぜアイツはいちいち気に障るのか?「余計な一言」5大地雷を解剖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yokeinahitokoto_01_140917.jpg
『余計な一言』(新潮新書)

 うっかり口を衝いて出た一言で、場が凍ってしまった。悪気なく発した言葉が、なぜか相手を怒らせてしまった。

 そんな“余計な一言”で人間関係を悪化させてしまった経験、多かれ少なかれ誰しもあるだろう。「ついうっかり」「ポロリと本音が出ちゃって」で済まされがちだが、実はこれらの不用意な一言はすべてコミュニケーションの“失点”。確実にあなたの評価をマイナスにしている要因なのだ。

『余計な一言』(齋藤孝/新潮新書)はそういった28の地雷発言を徹底解剖。言葉の選択を誤ったせいで自らの首を絞めている人々を例に挙げ、“余計な一言”のデメリットとリスク、それを発してしまう人のコンプレックスを的確に解き明かしている。

 本書の中でもとりわけ思い当たる節が多いであろう具体例を紹介してみよう。あなたもひとつやふたつ、絶対心当たりがあるはず!


■「だって」「でも」「しかし」は過剰な自己防衛の現れ

「なんであんなことしたのよ」「だって、あの時は……」「言い訳はやめて!」

「だって」「でも」といった逆説の接続詞は、過剰な自己防衛心理の表れ。窮地に追い詰められたときにこれを口走ってしまう人は、「自分を無駄に守ろうとしている」。その態度が相手を余計にイライラさせていることに気づくべき。心当たりがある人は、普段から逆説の言葉を使わないよう訓練をしておこう。


■毒舌はプロの技術、素人は有吉を気取るな!

 ちょっと気の利いたことを言おうと、ちょいちょい会話に“毒”を盛ってくる人。笑いを取るつもりで揚げ足を取っていることに気づかない人。公の場で「毒舌家ぶってやらかしている」人に共通しているのは、実は「他人をスッキリと褒めたくない」という屈折した心理、そして「本音をいうことは誠実なこと」という子供っぽい思い込みだ。有吉弘行の鋭い毒舌はプロの仕事。素人が真似ても火傷するだけ。ブラックなジョークには細心の注意を払おう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

余計な一言 (新潮新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

なぜアイツはいちいち気に障るのか?「余計な一言」5大地雷を解剖のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。あるあるコミュニケーション阿部花恵の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
2 安倍自民党と応援団の姑息すぎる選挙戦
3 リテラが躍進の立憲民主党に注文!
4 恐怖!安倍政権が存続した未来はこうなる
5 衆院選極右候補者「ウヨミシュラン」
6 安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
7 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
8 安倍政権にNOを突きつける芸能人
9 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
10 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
11 ナンシー関の長渕剛論がすごい
12 グッディ!土田マジギレ真の原因
13 安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
14 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
15 平野、ケラ…作家たちが安倍政権にNO
16 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
17 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
18 救う会元幹部が安倍の拉致利用に怒り
19 中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
2山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
3安倍、森友加計問題の説明する気なし
4マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
5安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
6高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
7田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
8安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
9中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
10自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
11加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
12安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
13原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
14中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
15小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
16長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
17ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
18安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
19安倍政権にNOを突きつける芸能人
20博士、町山が安倍と見城の癒着批判

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」