松本人志も、秋元康も…“特許”を出願していた有名人たちの発明とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tokkyo_01_140916.jpg
『すばらしき特殊特許の世界』(太田出版)

 国が新しい発明や研究に独占的な使用権を認める「特許」。一発当てれば億万長者になれると都市伝説のように言われているが、実際に出願しているのは最先端企業や専門の研究者、あるいはドクター中松のようなちょっと変わった人というのが一般的なイメージだろう。だが、その実、特許とは縁もゆかりもなさそうな著名人が一攫千金を夢見て出願し、しかも実際に認められた発明も少なくないという。

 少し前に出版された『すばらしき特殊特許の世界』(稲森謙太郎/太田出版)では、出願人やその内容が“ふつうじゃない”ケース、つまり有名人による特許やちょっとトンデモな特許などが多数紹介されている。

 たとえば、ダウンタウンの松本人志。言わずと知れた天才芸人が発明した目覚まし時計「時をかけるおっさん」は、ネーミングはともかく意外に実用性が高そうだ。

 この発明品は、目覚まし音が鳴る報知器と、それを停止させる信号発信器を別々にして、後者を寝室から離れた部屋に設置するところがキモ。アラームを止めるためには絶対に布団から出なければならないから「必ず起きられる」というわけだ。

 ちなみに松本自身、遅刻グセが治らないという現実問題を抱えていたという。ありそうで無かったシンプルな着眼点がいかにも松っちゃんらしい。また、煙草に火をつけようと開ける度に回数がカウントされて、1日に吸う煙草の数が分かるライターホルダー「ライターのおっさん」もなかなか実用的。これらはダウンタウンの番組企画で出願されただけだが、もし特許が認められていたらン百億とウワサされる松ちゃんの貯金残高が一桁増えていたかもしれない!?

 さらに、驚かされたのは国民的アイドルグループAKB48を生み出した秋元康だ。こちらはなんと恋愛ゲームプログラムの特許。要約すると、「プレーヤーはある実在のアイドルグループ全員から求愛されていて、任意で決める本命以外をフってフってフりまくることで本命の好感度がアップする。そして、振った人数が多いほど、素晴らしいエンディングが待っている」というプログラム。……うーん、このセンス、思わず唸ってしまう。 

 しかも、たんにフればいいだけでなく、フったことで減少する「良心耐久度」なるものが設定されており、その残数が足りなくなると本命以外の女の子の告白を強制的に受けなければならない。この「ほろ苦いバッドエンディング」が“既存のゲームにはない新しさ”というふれこみらしい。

 なんかツッコミどころしか見あたらないが、秋元はこの発明の設定を少し変え、実際に『AKB1/48アイドルと恋したら…』シリーズとして発売。ミリオンヒットを飛ばしたというからさすが、としか言いようがない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

すばらしき特殊特許の世界

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

松本人志も、秋元康も…“特許”を出願していた有名人たちの発明とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。トンデモ松本人志藤谷良介の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
12 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画