LINE府議はやっぱりキモい。でも、そのキモさはどこからくるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yamamoto_140826.jpg
「山本けいオフィシャルブログ」より


 女子中学生たちにLINEで「ただでは済まさない」「身元を特定されているのを分かっているのか」と脅迫的なメッセージを送っていたことが問題となっている、山本景大阪府議。誰もが概要を知ってあ然とした事件だったが、さらに事態は発展。『スッキリ!!』(日本テレビ系)でテリー伊藤が山本議員を「キモい」と論評し、除団処分を下した橋下徹大阪市長にも「僕らの立場ではキモいくらい言われるのは当たり前」と追及されてしまったからだ。

 当初はテリーに人権を侵害されたとして放送倫理・番組向上機構(BPO)に申し立てすると言い出すなど、応戦の構えだった山本府議。いまはそれも協議によって取り下げることに。24日には、「“キモい”イメージを取りのぞきたい」とトークイベントに挑み、ロリコン疑惑を払拭するべく過去に年上女性とのあいだに子をもうけたことを明かしたが、離婚原因を「出産直後に元妻から突然『一緒にいたくない』と言われた」と告白するなど、さっぱりイメージアップにつながることはなかった。だいたい、渦中の議員がのうのうと公の場でハイボールを飲みながら話す内容なのかと考えると、ますますキモさは増していくばかりである。

 テリーや橋下に限らず、中学生に対して山本府議が行った行為は、多くの人にとって「キモい」という感情を引き起こしたことと思う。それは、大の大人が中学生相手にブチ切れたからなのか。それとも彼が議員だからなのか。あるいはロリコンの気配がするからなのか……。そもそも、「キモい」とはどういった感情なのだろうか。

 精神科医である春日武彦氏の著書『「キモさ」の解剖室』(イースト・プレス)は、キモさをこのように分析している。

「キモさとは得体の知れないことへの戸惑いや狼狽、違和感に対する心地悪さ、理解の及ばないことへの不安や苛立ち、自分の知識や感覚では把握しきれぬ存在への畏怖といったものが絶妙に混ざり合った「気配」のことではないでしょうか」

 まず、この“理解の範疇からはみ出している”という点は、山本府議にもいえること。LINEでハブられたからといって、同じ中学の友だち同士ならいざ知らず、大人が「ただでは済まさない」とキレるという、意味のわからなさ。わたしたちがキモいと反応してしまうのは、山本府議の「得体の知れなさや言葉で説明しきれない違和感」だったのではないだろうか。

 また、著者はキモいという感情のもつ要素を分解し、「グロさとキモさ」「可愛さとキモさ」「危うさとキモさ」「面白半分とキモさ」「心の弱さとキモさ」「不可解さとキモさ」など、いくつかのタイプに分類している。そのなかでも今回の山本府議に当てはまるのは、この3つではないか。


●陰湿さとキモさ
〈陰湿で卑劣な精神の持ち主は、善人を装いつつ他人の心を傷つけたり「えげつない」振る舞いをすることによって、キモさを剥き出しにする〉

●厚かましさとキモさ
〈ためらうことなく良識を踏み越えたり、他人の尊厳を踏みにじる行為は周囲を困惑させる。事情があったにせよ、凡人にとってはそれは恐ろしさやキモさの感覚として受け取られる〉

●鈍感さとキモさ
〈鈍感であることによって、わたしたちは無意識のうちにキモい精神を露呈させてしまいかねない〉


 とくに最後の「鈍感さとキモさ」は、山本府議のキモさを考える上で重要だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 義家弘介が便宜をビンセンと読み間違い
2 前次官会見で田崎スシローが失笑発言
3 前川問題で大恥、読売の政権広報紙ぶり
4 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
5 官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
6 官邸が前川前次官に直接圧力の事実が
7 カンニング竹山、村本も共謀罪に反対
8 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
9 菅に日歯連から3000万円迂回献金
10 “菅官房長官語”の非人間性を証明!
11 NEWS手越と金塊事件容疑者が…
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
15 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
16 官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
17 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
18 阿川佐和子結婚手記に不倫略奪婚は?
19 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
20 空中分解KAT-TUNの暴露本が出版
PR
PR
1官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
2松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
3文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
4『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄を特集!
5共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
6安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
7加計学園「総理の意向」文書は本物!
8佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
9加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
10文科省前次官の醜聞はやはり官邸の謀略
11 共謀罪に周防監督らも猛反対の声
13官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
14義家弘介が便宜をビンセンと読み間違い
15室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
16加計に利権独占させた安倍政権の手口
17前川問題で大恥、読売の政権広報紙ぶり
18共謀罪強行採決もまだ希望はある!
19室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
20ガンダム“生みの親”が安倍首相批判!
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」