LINE府議はやっぱりキモい。でも、そのキモさはどこからくるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yamamoto_140826.jpg
「山本けいオフィシャルブログ」より


 女子中学生たちにLINEで「ただでは済まさない」「身元を特定されているのを分かっているのか」と脅迫的なメッセージを送っていたことが問題となっている、山本景大阪府議。誰もが概要を知ってあ然とした事件だったが、さらに事態は発展。『スッキリ!!』(日本テレビ系)でテリー伊藤が山本議員を「キモい」と論評し、除団処分を下した橋下徹大阪市長にも「僕らの立場ではキモいくらい言われるのは当たり前」と追及されてしまったからだ。

 当初はテリーに人権を侵害されたとして放送倫理・番組向上機構(BPO)に申し立てすると言い出すなど、応戦の構えだった山本府議。いまはそれも協議によって取り下げることに。24日には、「“キモい”イメージを取りのぞきたい」とトークイベントに挑み、ロリコン疑惑を払拭するべく過去に年上女性とのあいだに子をもうけたことを明かしたが、離婚原因を「出産直後に元妻から突然『一緒にいたくない』と言われた」と告白するなど、さっぱりイメージアップにつながることはなかった。だいたい、渦中の議員がのうのうと公の場でハイボールを飲みながら話す内容なのかと考えると、ますますキモさは増していくばかりである。

 テリーや橋下に限らず、中学生に対して山本府議が行った行為は、多くの人にとって「キモい」という感情を引き起こしたことと思う。それは、大の大人が中学生相手にブチ切れたからなのか。それとも彼が議員だからなのか。あるいはロリコンの気配がするからなのか……。そもそも、「キモい」とはどういった感情なのだろうか。

 精神科医である春日武彦氏の著書『「キモさ」の解剖室』(イースト・プレス)は、キモさをこのように分析している。

「キモさとは得体の知れないことへの戸惑いや狼狽、違和感に対する心地悪さ、理解の及ばないことへの不安や苛立ち、自分の知識や感覚では把握しきれぬ存在への畏怖といったものが絶妙に混ざり合った「気配」のことではないでしょうか」

 まず、この“理解の範疇からはみ出している”という点は、山本府議にもいえること。LINEでハブられたからといって、同じ中学の友だち同士ならいざ知らず、大人が「ただでは済まさない」とキレるという、意味のわからなさ。わたしたちがキモいと反応してしまうのは、山本府議の「得体の知れなさや言葉で説明しきれない違和感」だったのではないだろうか。

 また、著者はキモいという感情のもつ要素を分解し、「グロさとキモさ」「可愛さとキモさ」「危うさとキモさ」「面白半分とキモさ」「心の弱さとキモさ」「不可解さとキモさ」など、いくつかのタイプに分類している。そのなかでも今回の山本府議に当てはまるのは、この3つではないか。


●陰湿さとキモさ
〈陰湿で卑劣な精神の持ち主は、善人を装いつつ他人の心を傷つけたり「えげつない」振る舞いをすることによって、キモさを剥き出しにする〉

●厚かましさとキモさ
〈ためらうことなく良識を踏み越えたり、他人の尊厳を踏みにじる行為は周囲を困惑させる。事情があったにせよ、凡人にとってはそれは恐ろしさやキモさの感覚として受け取られる〉

●鈍感さとキモさ
〈鈍感であることによって、わたしたちは無意識のうちにキモい精神を露呈させてしまいかねない〉


 とくに最後の「鈍感さとキモさ」は、山本府議のキモさを考える上で重要だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

LINE府議はやっぱりキモい。でも、そのキモさはどこからくるのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどん政治家の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
2 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
4 『ラ・ラ・ランド』に論争勃発
5 義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
6 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
7 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
8 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
9 安倍首相のFacebookのヘイトがひどい
10 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
11 マツコが小池百合子にNG発言の理由
12 加計学園で設置審委員が内情暴露!
13 星野源が考える“新しい家族”とは
14 『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が
15 鶴田真由と昭恵夫人は日ユ同祖論の同志
16 JASRACが坂本龍一を騙しうち!
17 日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
18 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
19 中居ジャニーズ残留とキスマイ
20 希望に翻弄された!? 嘉田氏に直撃!
1佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
2加計が留学生募集!四国の獣医不足は?
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4トランプ来日の目的は武器売りつけ
6直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
7日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
8テレビが封印した安倍とトランプの映像
9横田さんはトランプに戦争しないでと伝えたいのに安倍が
10国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
11義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
12萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
13欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
14マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16トランプ来日を歓迎するマスコミの異常
17山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
18安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
19「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
20トランプの精神障害を疑うのは当然だ! 

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」