>  >  > 嫌韓本トンデモランキング(後編)

悪寒、吐き気、耳を塞ぎたくなる! 嫌韓本トンデモランキング(後編)

【この記事のキーワード】,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kenkanbon_01_140809.jpg
1位の発言に驚愕。いやあ……マジで半端ないッス


 大反響の嫌韓本トンデモランキング。今回はいよいよベスト(?)5だが、これがもう、思想とか歴史認識とか国家観のちがいとかそういうものとは別次元の、耳を疑いたくなるような発言ばかり。しかも、第1位では嫌韓本の意外すぎる主張と本音も明らかに……。ということで、前編より何倍もくらくらする嫌韓本ヘイトスピーチの世界へ、再びごいっしょに!(こないほうがいいかも)

前編の10位から6位まではこちら!)


★第5位   テキサス親父「そんな女と“行為”をする場合は、紙袋をかぶせなきゃならないなっていうジョークを、実際に『慰安婦像』を使ってやるってんだぜ」
『テキサス親父の大正論 韓国・中国の屁理屈なんて普通のアメリカ人の俺でも崩せるぜ!』(徳間書店/2014年)

 ■百田センセイが“ユーモアあふれる提案”と大絶賛する性差別ギャグ■

 投稿動画サイト「YouTube」で嫌韓、嫌中発言を繰り返し、それをまとめた書籍も話題のテキサス親父こと、テキサス在住のトニー・マラーノ氏。“慰安婦は大日本帝国軍の軍人の保養の手助けをしていただけ”“大日本帝国軍と戦った米国に慰安婦像を建てるのはやめろ”という彼の主張に、日本のネトウヨや保守オヤジが「アメリカからも援護射撃が!」と喜んだせいか、いつしか日本でのアクセス数が増えそうな言動ばかりするようになった。

 なかでも、韓国を激怒させたのが、慰安婦像の顔に袋をかぶせた写真をフェイスブックにアップしたパフォーマンス。ワシントンの国立公文書館から、ビルマでの朝鮮人慰安婦20人に対する尋問報告書を取り寄せたところ、「彼女たちは綺麗じゃない」という一文があったことから、そんな慰安婦と“行為”をする場合は顔に紙袋をかぶせなきゃならないという“ジョーク”を思いつき、実行したのだという。従軍慰安婦問題や歴史認識論争とはなんの関係もない、ジョークにすらなっていない、ただのあからさまな性差別だが、なぜか日本の保守メディアはこれに大喝采。テキサス親父に連載をさせたり、来日させてイベントを開催したりと、完全にアイドル扱いなのだ。

「WiLL」2014年9月号(ワック・マガジンズ)でも、そのイベントで行われたテキサス親父と百田尚樹センセイとの対談を「慰安婦像に紙袋を!大炎上対談」と題して大々的に掲載していたのだが、テキサス親父はここでも調子に乗って「大日本帝国軍は、軍の支給品として彼女たちに紙袋を支給してあげるべきでしたね」「みんなでミニチュアの慰安婦像を持って世界中で写真を撮り、徹底的に茶化す。それが韓国にとっては何よりの屈辱となるでしょう」という性差別ギャグを連発していた。

 しかし、チヤホヤされて舞い上がっている当のテキサス親父はともかく、こういうただの差別オヤジをもてはやしている日本の保守メディアと保守論客のみなさんは一体何を考えているんだろう。くだんの対談相手である百田センセイも、彼の差別発言を多少はいさめるのかと思いきや、なんと「こんなに素晴らしいアメリカ人がいたのかと感動しました」「マラーノさんのユーモア溢れる提案は日本人にはなかなかない発想だと思います」とひたすら大絶賛を繰り返すのだ。百田氏のような論客が公共放送の経営委員をつとめ、テキサス親父に喝采を送るような政治勢力が道徳教育を推し進めているのだから、これから先、日本はおそらく世界に冠たる“性差別国家”になれるだろうな。うん、間違いない!

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ、いまヘイト・スピーチなのか ―差別、暴力、脅迫、迫害―

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
2 小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
3 橋下徹が沖縄米軍の事件で女性差別発言
4 能年玲奈は独立できるか?飼い殺しも
5 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
6 舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
7 明石家さんまが東京五輪開催を批判!
8 小保方氏の反論手記は真実なのか!
9 能年、広末が出演拒否の過激映画
10 上原亜衣は? AV女優の引退後
11 アイドル刺傷事件で警察の対応に責任
12 大森靖子「小6のときレイプされて」
13 創価学会で反安倍、反執行部クーデター
14 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
15 沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
16 キムタク最大のタブーとは?
17 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
18 『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
19 熊本在住の漫画家が川内原発に怒り!
20 しのぶとさんまが戦争政策を真っ向批判
PR
PR
1明石家さんまが東京五輪開催を批判!
2東京五輪招致裏金に電通が関与と英紙
3沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
4高市早苗が政治資金不正で刑事告発!
5『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
6ユニクロ柳井、ドンキ安田も税逃れ!
7東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
8創価学会で反安倍、反執行部クーデター
9大企業と富裕層に優しい安倍政権の税制
10安倍首相がまた「私は立法府の長」発言
11高樹沙耶の大麻解禁公約は間違ってない
12木村太郎のパナマ文書企業擁護がヒドい
13沖縄事件で暴言!報ステ後藤謙次の正体
14山本太郎「日本会議に負けるな」
15次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
16小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
17舛添問題で石原良純が挙動不審に!
18安倍の母が過保護発言、昭恵夫人に嫌味
19日本が加害者の戦争映画は作れない?
20舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」