悪寒、吐き気、耳を塞ぎたくなる! 嫌韓本トンデモランキング(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kenkanbon_01_140809.jpg
1位の発言に驚愕。いやあ……マジで半端ないッス


 大反響の嫌韓本トンデモランキング。今回はいよいよベスト(?)5だが、これがもう、思想とか歴史認識とか国家観のちがいとかそういうものとは別次元の、耳を疑いたくなるような発言ばかり。しかも、第1位では嫌韓本の意外すぎる主張と本音も明らかに……。ということで、前編より何倍もくらくらする嫌韓本ヘイトスピーチの世界へ、再びごいっしょに!(こないほうがいいかも)

前編の10位から6位まではこちら!)


★第5位   テキサス親父「そんな女と“行為”をする場合は、紙袋をかぶせなきゃならないなっていうジョークを、実際に『慰安婦像』を使ってやるってんだぜ」
『テキサス親父の大正論 韓国・中国の屁理屈なんて普通のアメリカ人の俺でも崩せるぜ!』(徳間書店/2014年)

 ■百田センセイが“ユーモアあふれる提案”と大絶賛する性差別ギャグ■

 投稿動画サイト「YouTube」で嫌韓、嫌中発言を繰り返し、それをまとめた書籍も話題のテキサス親父こと、テキサス在住のトニー・マラーノ氏。“慰安婦は大日本帝国軍の軍人の保養の手助けをしていただけ”“大日本帝国軍と戦った米国に慰安婦像を建てるのはやめろ”という彼の主張に、日本のネトウヨや保守オヤジが「アメリカからも援護射撃が!」と喜んだせいか、いつしか日本でのアクセス数が増えそうな言動ばかりするようになった。

 なかでも、韓国を激怒させたのが、慰安婦像の顔に袋をかぶせた写真をフェイスブックにアップしたパフォーマンス。ワシントンの国立公文書館から、ビルマでの朝鮮人慰安婦20人に対する尋問報告書を取り寄せたところ、「彼女たちは綺麗じゃない」という一文があったことから、そんな慰安婦と“行為”をする場合は顔に紙袋をかぶせなきゃならないという“ジョーク”を思いつき、実行したのだという。従軍慰安婦問題や歴史認識論争とはなんの関係もない、ジョークにすらなっていない、ただのあからさまな性差別だが、なぜか日本の保守メディアはこれに大喝采。テキサス親父に連載をさせたり、来日させてイベントを開催したりと、完全にアイドル扱いなのだ。

「WiLL」2014年9月号(ワック・マガジンズ)でも、そのイベントで行われたテキサス親父と百田尚樹センセイとの対談を「慰安婦像に紙袋を!大炎上対談」と題して大々的に掲載していたのだが、テキサス親父はここでも調子に乗って「大日本帝国軍は、軍の支給品として彼女たちに紙袋を支給してあげるべきでしたね」「みんなでミニチュアの慰安婦像を持って世界中で写真を撮り、徹底的に茶化す。それが韓国にとっては何よりの屈辱となるでしょう」という性差別ギャグを連発していた。

 しかし、チヤホヤされて舞い上がっている当のテキサス親父はともかく、こういうただの差別オヤジをもてはやしている日本の保守メディアと保守論客のみなさんは一体何を考えているんだろう。くだんの対談相手である百田センセイも、彼の差別発言を多少はいさめるのかと思いきや、なんと「こんなに素晴らしいアメリカ人がいたのかと感動しました」「マラーノさんのユーモア溢れる提案は日本人にはなかなかない発想だと思います」とひたすら大絶賛を繰り返すのだ。百田氏のような論客が公共放送の経営委員をつとめ、テキサス親父に喝采を送るような政治勢力が道徳教育を推し進めているのだから、これから先、日本はおそらく世界に冠たる“性差別国家”になれるだろうな。うん、間違いない!

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ、いまヘイト・スピーチなのか ―差別、暴力、脅迫、迫害―

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

悪寒、吐き気、耳を塞ぎたくなる! 嫌韓本トンデモランキング(後編)のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ランキング嫌韓の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃