イケメンが大量発生しているのはなぜか?「イケメン学」なる学問まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ikemen_140803.jpg
「ユリイカ」2014年9月増刊号「イケメン・スタディーズ」(青土社)

 芸術総合誌「ユリイカ」(青土社)が9月臨時増刊号として発売した、「イケメン・スタディーズ」が早くも話題となっている。

 2000年前後から使われるようになった「イケメン」という言葉だが、いまや「イケメンシェフ」や「イケメンアスリート」というように「美男子/美形」よりも気軽に使われることや、「性格イケメン」というように単に美醜を表す言葉ではなくなってきたことから、「イケメンのインフレ」が起こり、定義することすら難しくなってきた。今号の「ユリイカ」では、そのような現状を踏まえ、イケメンという概念を捉え直したり、文学やポップカルチャーとイケメンのかかわり方の変遷を追ったりと、多角的に「イケメン」を論じている。

 しかし、なぜ今イケメンを取り上げる必要があるのか。ジェンダー・セクシュアリティ研究者の前川直哉氏による「イケメン学の幕ひらくとき 『社会のイケメン化』をめぐる現代史」から、その理由を考察してみよう。

 心理学者の渡辺恒夫氏がかつて著書で記したとおり、近代以降、男性は長らく「美も感性もはぎとられた灰色の産業ロボット」として、色味のないスーツを着て、社会の中で経済的・文化的・政治的役割を担うことが求められてきた。美醜の眼差しを受けるのは常に女性であり、「男性が外見に気を遣うこと、装いに手間ひまをかけることは、明確に『男らしくない』行為だとみなされてきた」という。

「多くの男性が自らも『見られる客体』であることを意識しはじめ、装う快楽を手にするようになっていった」というのが80年代後半。「MEN’S NON-NO」や「FINEBOYS」が創刊され、男性用化粧品が発売されるようになり、女性たちの投票によってファイナリストが決まる「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」が始まったのだ。この背景には、男性を中心とした肉体労働が重視されなくなり「男らしさ」の像が変化したこと、男性向け基礎化粧品やエステといった新規顧客開拓が必要となったという経済的な側面も理由として挙げられているが、前川氏が注視しているのは男子中高生の動きだ。

 前川氏いわく、「日本社会の『イケメン化』は80年代後半を一つの画期とし、90年代後半のストリートファッション誌創刊ラッシュと『東京ストリートニュース!』誌などの『スーパー高校生』ブームを通じて、中高生より低い年齢層にも浸透していった」という。そしてこの時期は、中高生が勉強しなくなっていく時期と重なっているというのだ。それは、「中高生のときにガマンして勉強していい大学に入れば、いい会社に就職し、いい暮らしができる」という神話の崩壊、つまり経済不況が原因のひとつだと指摘している。またスクールカーストという学生ならではの序列が、若年層のイケメン化に拍車をかけたという見方を示している。

 90年代後半に中高生だった男性は、現在は30代。働き盛りであり、夫や父親になる年齢でもある。しかし同時に、女性が結婚・出産をしても働き続けるといった多様化についていけない層でもある。今まで社会や親に教えられてきた「男らしさ」の基盤が、不況や社会変化で揺らぎ始めたことも要因だろう。だからこそ、いま研究が求められるのは男性学、そしてイケメン学なのではないだろうか。イケメン学というと軽いイメージがあるかもしれないが、実は「男女ともに生きやすい社会を作る、ひとつの手立て」という意味もはらんでおり、決して軽視すべき事象ではないはずだ。
(江崎理生)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ユリイカ 2014年9月 臨時増刊号 総特集◎イケメン・スタディーズ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

イケメンが大量発生しているのはなぜか?「イケメン学」なる学問までのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。イケメンの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 茂木人づくり相の公選法違反に新証拠
2 安倍政権が福井国体を戦前賛美に利用
3 ナチス礼賛、高須院長がまた訴訟恫喝!
4 加計学園獣医学部施設の設計図疑惑
5 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
6 高校生平和大使の演説中止と安倍政権
7 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 ローラが所属プロに奴隷契約の終了を
10 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
11 吉永小百合が「9条は変えさせない」
12 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
13 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
14 松本人志追及に井上公造が「圧力ない」
15 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
16 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
17 日本の外務省が文大統領と同様の発言
18 欅坂46平手欠席の背景にブラック労働
19 トランプ差別発言に有本香と玉川徹が
20 「不倫学」が教える防止策とは?
1ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
2 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
3久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
4綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
5テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
6三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
7高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
8市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
9長崎のメッセージも安倍には届かず!
10 高校生平和大使の演説中止と安倍政権
11グアム北ミサイルは存立危機事態でない
12トランプ的どっちもどっち論横行の日本
13仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
14寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
15手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
16閉会中審査、小野寺防衛相も隠蔽体質
17 ナチス礼賛、高須院長がまた訴訟恫喝!
18加計学園獣医学部施設の設計図疑惑
19幹部から新人までほとんどが商売右翼
20安倍政権が福井国体を戦前賛美に利用
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」