『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!「自民党総裁選は一人ずつ聞いたのに野党は少ない時間で一列に並べて」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!「自民党総裁選は一人ずつ聞いたのに野党は少ない時間で一列に並べて」の画像1
『ひるおび!』に出演する松井代表


 衆院選を前に、例のごとく、自民党応援団の野党叩きが活発になっているが、連中がやたら俎上に上げているのが、10月5日放送の『ひるおび!』(TBS)の野党4党の幹部の生討論だ。

 立憲民主党・福山哲郎幹事長、日本共産党・小池晃書記局長、国民民主党・玉木雄一郎代表、日本維新の会・松井一郎代表が出演して、討論を繰り広げたのだが、一部スポーツ紙が「制止不能の大げんか」などと報道、産経の御用記者・阿比留瑠比氏もこのくだりを使って「立民と共産 選挙目当てのごまかし」などと展開。

 しかし、これ、「大げんか」といっても、維新の会の代表である松井一郎・大阪市長が、「外交と安保が一致していないのに、協力するのはおかしい」「立憲民主党はよく共産党と組む覚悟したな」などとひたすら立憲民主党と共産党に、ウザ絡みしていたにすぎない。

 立憲の福山氏と共産の小池氏はどう協力していくかを冷静に説明していたが、何を言っても、松井氏が「日米安保同盟は?」「自衛隊は?」などと絡み続けるために、それへの回答にばかり時間を取られ、結局、1時間近く討論の時間を取りながら、各党が自党の政策についてまともに語れたのは討論終了間際、4党合わせてわずか8分程度だった。

 維新の代表として出演しているのに維新の公約すらろくに説明せず、ひたすら立憲と共産に絡み続けた松井氏の行動は、野党共闘に水をさすために出てきたとしか思えないもの。そういう意味では、維新が自民党の補完勢力にすぎないことを改めて証明したといえるだろう。

 しかし、ひどかったのは松井氏だけではない。放送した『ひるおび!』という番組の姿勢も大いに問題だった。

 当初、政権応援団の『ひるおび!』が野党を出演させると聞いて、先日の八代英輝弁護士の共産党デマ発言に反省しての行動かと思っていたのだが、ふたを開けると逆。むしろ“野党下げ”のために仕掛けたのか、と言いたくなるくらいの、番組構成と番組進行だった。

『ひるおび!』番組サイドも野党共闘に“水を差す気”満々、松井一郎のウザ絡みも意図的か

 とにかく最初から、安倍・菅政権の問題点の検証もなく、各党の政策をろくに語らせず、恵の質問も「どう組むか」に終始。討論中、画面右上には「野党4党候補者一本化へ 衆院選での選挙協力可能?」というテロップも出ており、野党共闘に水をさすことを意図しているとしか思えなかった。

 実際、松井氏が野党共闘ディスを始めたのも、番組がわざわざ「選挙目当ての野党談合にしか見えない」という松井氏の発言をフリップで紹介。これについて司会の恵俊彰が松井氏に発言を促したのがきっかけだった。ようするに、松井氏のウザ絡みはハプニングではなく、番組側が共犯的に仕掛けたものだったのだ。

 しかも、討論が終わり野党代表たちが帰ったあとも、恵、田崎史郎氏、八代英輝氏、大谷昭宏氏らが、野党批判を口々に言い立てた。

「なんか言い始めると少しずつ違う」(田崎)「お互いが絵に描いた餅で、お前の絵に描いた餅のここが気に入らないなんていくら言ったって、しょうがない」(大谷)「政権選択選挙ですから、どうしてもたとえが結婚になってしまうんですけれども、肝の部分が違うのに結婚できるんですか?って見えちゃうんです」(恵)「勝つためにまとまってるの?みたいにしか見えないと、支持率上がらない」(恵)

 なかでも、恵は自分の進行によって政策の話を封じていたくせに、「大事なのはそこですもんね。この政党を選んだら、どんないいことがあるかってことですもんね」とまるで野党のほうが、具体的政策を示せなかったように言い募る始末だった。

 また、番組では、野党に対する街の声をVTRで紹介したのだが、それも「反対ばっかりしてるイメージ。必ずそれに対して反対意見を述べてくるイメージがすごい強い」「批判ばっかりする感じ」「自民党の揚げ足取りばっかりじゃなく、お互いに充実した議論をしてほしい」と否定的な意見オンリー。安倍晋三元首相ならブチギレてることだろう。

 このように野党ディスに終始していたのだが、そんななか、ひとり正論を吐いたのが、お笑いコンビ「フォリーンラブ」のバービーだった。

 バービーといえば、お笑い芸人でありながら社会問題への意識が高く、お笑い界の男性優位主義や、芸人の外見いじりや自虐ネタが差別を助長していることを早くから指摘していたことで知られる。そうした発言が若い世代を中心に支持され、昨年3月からは『ひるおび!』のレギュラーコメンテーターを務めているのだが、そのバービーが今回、番組の野党に対する不公平な扱いを毅然と指摘したのだ。

恵が話をすり替えても、「報道の仕方として野党の時間が少ない」と明言したバービー

 上述した野党批判の街の声が紹介されたあと、恵から「バービー、どうでした?」とふられると、バービーはまず、こう答えた。

「いや、あの、こうやって野党を一列に並べるような話し合いじゃないほうがよかったなっていうふうに思いました。おひとりずつちゃんと聞けたほうが。この間の(自民党)総裁選のときは、お一人ずつ聞けたじゃないですか。だからゆっくり聞けたから、この人のここいいなとか思えたけど、いまは理想論みたいなところだけで話が終わっちゃって具体的なところがあまり聞けなかったのは、ちょっと残念だったなって」

 ソフトな語り口ではあったが、自民党総裁選では候補者を一人ずつ呼び、一人に約1時間費やしていたのに、野党4党の代表を一列に並べるやり方について「残念だった」と疑問を呈したのである。

 ところが、恵はこれに対して「たまたま4人だったんですけど。総裁選が4人で、いろんな意見があってもこの中から1人でしたもんね。だから今回はそう見えなかったってことなんでしょ?」と、野党側の能力不足によって政権を担える者に見えなかったという話にすり替える。

 しかし、バービーはそれには与せず、「今回はこの中から政権を担う政党が出る可能性があるじゃないですか?」と毅然と原則論を主張。

 恵がさえぎって「まあ、組んでいくってことですけど」とごまかすが、バービーはそれに惑わされず、毅然とこうコメントした。

「なのに、この間の一人ひとりよりも時間が少ないのはちょっともったいないなって。報道の仕方として、という意味で」

 そう。バービーは、野党の政策がきちんと聞けなかったのは、出演者の問題でなく、番組側の問題であることをハッキリと指摘したのだ。

 ごまかせなくなった恵はようやく「もうちょっと枠をってことですかね?」と応じたものの、しかし、バービーが「もうちょっと聞きたいし、具体的なところ聞きたかったです」と伝えると、恵は「そうですね、次の機会にそれができればと思いますが」とお茶を濁して、話を終わらせてしまった。

 そして、バービーの発言後も、番組はまた野党に批判的な街の声を紹介したのである。

メディアの「政策が違う党が野合」「野党は批判ばかり」という野党攻撃に騙されるな

 野党に対する不公平な扱いに対して疑問を呈したバービーの主張はまさに正論と言っていい。

 しかも、番組レギュラーであるにもかかわらず、番組の姿勢に踏み込み、所属事務所の先輩であるMCの恵の圧に負けず、自分の意見をきちんと主張した勇気は高く評価すべきだろう。

 しかし、残念ながらこうした真っ当な発言をできるコメンテーターは現在のテレビにはほとんどおらず、政権応援団やその空気に流されてしまう付和雷同のコメンテーターが圧倒的だ。番組も同様で、自民党や政権に対しては及び腰なのに、野党に対しては、揚足取りや事実を歪めるような攻撃を平気で仕掛けている。

 その典型が、今回、『ひるおび!』でもしきりに語られていた「各党で政策が違うのに選挙目当てで野合している」という野党共闘批判だろう。

 実際は、自民党だって政策がバラバラ。この間の自民党総裁選だって、候補者たちは経済政策や選択的夫婦別姓などてんでバラバラな主張をしていた。ところが、自民党に対しては「異なる主張の勢力を擁する自民党は懐が広い」などと持ち上げ、野党共闘になると「違いガー」となるのだ。

「野党は批判ばかり」というのも明らかにメディアが植え付けたイメージだ。実際は、野党は対案を常に出している。コロナ対策についても野党は数々の対案を提出、国会開催も要求してきたが、自民党がそれを拒否していたのだ。ところが、テレビはそうしたことはまともに伝えず、あたかも野党が反対だけを叫び、対策を妨害していたかのような印象を植え付けてきた。

 おそらくこれから選挙戦が本格的に始まったら、あらゆるワイドショー、情報番組で、今回の『ひるおび!』のような露骨な“自民党擁護”と“野党下げ”が繰り広げられるはずだ。

 このメディアの体質が変わらない限り、政権交代は難しいだろう。

最終更新:2021.10.10 10:31

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!「自民党総裁選は一人ずつ聞いたのに野党は少ない時間で一列に並べて」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひるおび!バービー伊勢崎馨恵俊彰政権交代松井一郎維新の会野党共闘の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
2 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
3 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
4 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
5 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
8 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
9 IR汚職“起訴”の企業会長夫人と同姓同名の人物が進次郎、鈴木道知事に献金も
10 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
11 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
12 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
13 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
14 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
15 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
16 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
17 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
18 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
19 自民党の圧力に「朝生」が屈服!
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
13 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄