坂上忍と“フジのスシロー”平井文夫解説委員がバトル! 平井のGoTo批判封じ込め発言に坂上が「政府の一員のよう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
坂上忍とフジのスシロー平井文夫解説委員がバトル! 平井のGoTo批判封じ込め発言に坂上が「政府の一員のよう」の画像1
フジテレビ『バイキング』7月20日放送より


 20日の『バイキング』(フジ)で、フジテレビ・平井文夫上席解説委員と坂上忍がバトルを繰り広げ、坂上の口から思わず「政府の一員のよう」という本音が飛び出した。

 平井文夫解説委員といえば、“フジのスシロー”の異名をとる典型的な安倍応援団ジャーナリスト。この間も、黒川弘務・東京高検検事長の賭け麻雀問題では「点ピンはセーフ」、河井克行前・法相の逮捕では「じつは、安倍さんって河井(克行)さんのこと、そんなに好きじゃない」などと、本家・田崎史郎氏も真っ青な露骨かつアクロバティックな政権擁護を口にし、顰蹙を買ってきた。

 その平井氏がこのところ、必死になって擁護してきたのがGo Toキャンペーン。東京除外で実施がまだ決まっていなかった先週の『バイキング』でも、こんなめちゃくちゃな論理で、Go To批判を封じ込めにかかった。

「旅行に行くのくらいね、自分で決めなよと思うんですよ」
「みんなでやめようとかね。なんとなくいま同調圧力で、GoToキャンペーンを悪みたいなことにできますよね。やめろみたいな。それはちょっと、はあ?って思いますよね」
「全員一緒に行ってもいいのか悪いのか決めてくれってほうがおかしい。それは民主主義じゃないですから」
「自分の責任で、行く人、呼ぶ人、やればいいんで、それ行かない人が余計な口出さないでくれって僕は言いたい」

 国民が批判しているのは、こんなタイミングで、感染拡大を助長するような政策に巨額の税金をつぎ込むことなのに、「旅行に行くの1人で決められない」とか「自分の責任で」とか、何を話をすり替えているのか。

 しかも、平井氏は司会の坂上忍や『バイキング』の他の出演者が総じてGoToに批判的な姿勢を示すと、メディア、さらには同番組のGoTo反対に何か裏でもあるかのような、陰謀論まで口にしていた。

「今日の話聞いてると、今日朝からずっとテレビ見てたんですけど、みんな反対じゃないですか」
「僕は逆になんでみんな同じことしか言わないのかなって、すごい不思議なんです」

 平井氏はまず、こう皮肉ったのだが、これに対して坂上が「同じことしか言わないんじゃないですよ。たぶんたまたまこれに関してはそういう気持ちになったっていうだけだと思います」と返すと、平井氏はニヤニヤしながら「毎回?」と思わせぶりな疑問を投げかけたのだ。

 フジテレビのなかでは政権批判色が強い『バイキング』に対して、ネトウヨが「坂上が裏で番組を支配して言論をコントロールしている」と攻撃しているのをよく見るが、まさか、番組を放送している局の解説委員である平井氏がネトウヨバリの陰謀論を口にするとは……。
 

平井文夫の「GoTo批判は同調圧力」に坂上忍が「言論封殺」「政府の一員のよう」

 もっともこのときは、坂上も相手が局の解説委員ということで遠慮したのか、ムッとしながらも「いやだって、口裏を別に合わせているわけじゃない」「(平井さんと)合わせましょうか、たまに」といなすにとどめていた。

 だが、東京を除外しての実施が決まると、坂上はきのう20日の放送で、あらためてGoTo強行やキャンセル料補償問題をを批判した上、平井氏と真っ向からバトルを繰り広げたのだ。

 まず、「平井さんは東京除外っていうのはどうなんですか? 納得はしてるんですか?」と水を向ける坂上。平井氏が「してませんよ」「してませんけど。まぁ、みんながそう言うんならしょうがないかな。でも、だからまあ、今年の夏休みにどこも行けないかな」と答えると、坂上は「最終的に“僕が行けない”ってなっちゃう?」とつっこむ。

 すると、平井氏は語気を強め、例の「GoTo批判は同調圧力」というトンデモ主張をまたまた繰り返した。

「それは僕が民主主義のことを言ってるんです。民主主義は移動は自由なんです。人に強制されないんです。坂上さんが僕の移動を強制できないんです」
「だけど今、日本は、事実上そういう同調圧力があるのが僕は一番気持ち悪い」

 ところが、20日の放送では、坂上がこれに猛然と反論した。

「これね、平井さん同調圧力っていうのは、僕はちょっと言いすぎだと思うんですよ。逆に言ったら平井さんのほうが、その言い方をされちゃうと、なんか言論封殺じゃないけど、そういう言い方するから、何もできなくなっちゃってんだよ、っていう、なんかまるで政府の一員の方のような意見に聞こえちゃって、逆に僕、恐怖感じちゃうんですよ」

 ふだんは、圧力で政権批判を封じ込めながら、政策批判が盛り上がると「同調圧力」「メディアの仕掛け」などとすり替える安倍応援団の手口を見事に喝破して見せたのだ。

 しかも、注目すべきは坂上が「政府の一員の方のような意見」といったことだ。これはまさに、坂上の本音が出たものではないか。

「政権の代弁者」として『バイキング』に送り込まれた平井文夫に坂上の本音が

 平井氏は2カ月ほど前から急に『バイキング』に連日出演するようになったのだが、これは番組の政権批判色を抑えるためにフジの上層部が“安倍政権の代弁者”として番組に送り込んだもの、といわれているからだ。

「『モーニングショー』が田崎史郎氏を出演させてきたように、ワイドショーはどこも政権に忖度して“政権の代弁者”の安倍応援団コメンテーターを準レギュラー的に出演させている。ただ、『バイキング』は情報バラエティということで、そういう人物を出演させていなかった。しかし、コロナ以降、『バイキング』は坂上の意向でコロナの補償問題や黒川人事問題、河井前法相夫妻の買収問題などを連日取り上げ、かなり厳しく政権批判をするようになった。それで、上層部が、平井氏を起用するよう現場に命じたらしい。その前に、官邸から政治部経由で上層部にクレームが届いていたんじゃないかという噂もある。まあ、上層部としては本当は『バイキング』に政治テーマ自体扱わせたくないんだろうが、あの番組はMCである坂上忍の意向が強く、政権批判を扱うなと言うのは難しい。それで苦肉の策として、平井さんを投入したんだろう」(フジテレビ関係者)

 しかも、『バイキング』の政権批判抑え込みは、平井解説委員の起用だけではないようだ。本サイトの取材ではまだ確認が取れていないが、『女性セブン』(小学館、7月40日・8月6日号)によると、秋にスタッフを総入れ替えすることで、政権批判色を抑えようとしているという。

 いずれにしても、坂上の今回の「政府の一員の方のような意見」はそういった『バイキング』包囲網への皮肉、という意味合いがあったと考えるべきだろう。

 ミソジニーやパワハラ肯定、芸能スキャンダルでの芸能プロ忖度など、批判すべき点が多々ある坂上だが、政権批判については、他のワイドショーよりもはるかに骨のあるところを見せているのは事実。この部分だけは、坂上の抵抗をぜひ支持したい。

最終更新:2020.07.21 12:18

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

坂上忍と“フジのスシロー”平井文夫解説委員がバトル! 平井のGoTo批判封じ込め発言に坂上が「政府の一員のよう」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Go To批判バイキング同調圧力坂上忍平井文夫政権批判本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
2 田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
3 大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
4 山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 菅首相が“コロナ会見中止は山田内閣広報官隠し”と追及され逆ギレ!
7 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
8 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
9 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
10 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
11 リコール不正確定的でも陰謀論全開の高須院長を批判できないマスコミ
12 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
13 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
14 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
15 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
16 愛知リコール不正 バイトに偽造署名 高須院長と河村市長は説明を
17 菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
18 共働き夫婦はなれない? 里親制度の障害
19 丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
20 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
1 年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
2 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
3 愛知リコール不正 バイトに偽造署名 高須院長と河村市長は説明を
4 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
5 菅政権のデジタル化のポンコツ暴露も、さらに五輪観客用アプリに73億円
6 丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
7 菅首相が“コロナ会見中止は山田内閣広報官隠し”と追及され逆ギレ!
8 山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
9 菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
10 大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
11 菅政権がワクチン特殊注射器8000万本を韓国に購入要請でネトウヨが激怒
12 菅政権がワクチン接種でも大失態! 特殊な注射器用意せず、韓国と対照的
13 五輪組織委会長の橋本聖子が高橋大輔の他にセクハラ 池江璃花子の白血病でも
14 田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
15 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
16 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄