9条Tシャツを着ているだけで国会傍聴から締め出し!改憲に動き出した安倍政権の「憲法9条」弾圧が深刻化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
9条Tシャツを着ているだけで国会傍聴から締め出し!改憲に動き出した安倍政権の「憲法9条」弾圧が深刻化の画像1
参議院HPより

 安倍自民党の改憲実現に向けた動きが出てきた。5日に衆院憲法審査会を開き、国民投票法改正案の趣旨説明をおこなうことが決定したのだ。

 この国民投票法改正案は、国政選挙と同様、憲法改正のための国民投票をショッピングセンターなどでもできるようにするなど一見当たり障りのない内容だが、この審議を踏み台にして改憲議論に突入させたいという安倍政権の思惑がミエミエ。3月の自民党大会で安倍首相が「いよいよ憲法改正に取り組むときがきた」と大号令をかけたように、年内に憲法改正の発議をおこなうという計画は着実に進行しているのだ。

 そんななか、国会でゾッとするような事件が起こった。なんと、「9」とプリントされたTシャツを着た女性の国会傍聴を、参院警務部が制止したというのだ。

 先月30日にこの女性は以下のようにツイートしている。

〈先日国会傍聴に行ったら、「9がついている物はダメです」と係員に止められました。ネックレスもタグも9は外せと言われます。結局カーディガンで隠して入るように言われました。「NO WAR」もダメなんだって。9はダメで他の数字はOKなんだって。変だよ。〉

 女性はツイートとともに当日のファッションの写真も投稿。それは「No 9」と描かれたTシャツで、数字の下には「NOWAR」「LOVE & PEACE」とプリントされている。また、やはり「9」と印刷された手提げバッグも写っている。

「9」「NO WAR」というTシャツを着ているだけで排除される──。このツイートは6000RTを超える大きな反響を呼んでいたが、さらに昨日、東京新聞がこの問題を報道。記事によれば、参院警務部の職員はこう言って女性を制止したという。

「9を付けているね、そのようなものを付けて入ることはできません」
「NO WARとも書いているだろう」
「意志表示をしているものは駄目です」

 しかも、女性が「1だったらいいですか」と質問すると、この職員は「1だったら大丈夫」と述べたのだという。さらに、東京新聞が参院警務部を取材したところ、サッカー日本代表・岡崎慎司選手の背番号「9」が入ったレプリカユニフォームの場合は「制止しない」、九条ネギや「銀河鉄道999」のTシャツの場合も「政治的メッセージは含まれておらず、入場は拒まない」と回答しているのだ。

 つまり、憲法9条と結びつく「9」の数字や「NO WAR」は「政治的メッセージ」の意志表示と捉えられ、国会の傍聴さえ許されないというのである。

 9がふたつ並ぶ憲法99条では天皇と公務員の憲法遵守義務が規定されているが、その遵守義務を課せられた国家公務員が憲法を「危険思想」として取り締まることの倒錯ぶりもナンセンスだが、いちばんの問題は「憲法9条」のタブー化が深刻度を増していることだろう。

 じつは、今回のようなケースはこれがはじめてではない。安保法制が成立した直後の2015年10月にも、東京新聞は「『No.9(憲法九条)』と書かれた小さなタグや缶バッジをつけた市民が国会本館や議員会館に入ろうとすると、警備員らに制止される例が相次ぐ」ことを報じている。

ピーター・バラカンは、街で9条Tシャツを着ていただけで職務質問された

 さらに、今回の女性が着ていたものとまったく同じTシャツを着用して歩いていただけで、警察から詰問された人物までいる。ラジオDJのピーター・バラカン氏だ。

 バラカン氏は2015年10月16日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『The Lifestyle MUSEUM』(TOKYO FM)で、その日スタジオに向かう途中、こんな経験をしたと語っていた。

「めずらしく広尾のほうから六本木に向かって有栖川公園の脇を歩いていると、まずひとりの警官にちょっと、変な目で見られて(略)。もうちょっと先を歩くと、中国大使館のすぐ手前のところで2人の警官に、止められました。『あれ? どうしたんですか?』と言ったら、『いや、あの今日これから抗議をする予定ですか?』と聞かれたんですね。ん?いや、特にそんなことはないと『なぜそんなことを訊くんですか?』と言うと、『9条のTシャツを着ているから』と」

 何度も言うがTシャツにプリントされているのは「No .9」「NO WAR」「LOVE & PEACE」という文字であって、「アベを殺す」とか「国会議事堂を爆破する」というような“過激な”メッセージではない。にもかかわらず、街で警察に職務質問され、国会の傍聴まで制限されるのだ。これは憲法で保障された「表現の自由」に反するだけでなく、もはや、戦中に政府が特高警察によって市民を社会主義者や反戦主義者という“思想犯”に仕立て上げて取り締まった歴史が繰り返されようとしている証拠だろう。

 そして、この過剰な「憲法9条」の取り締まりの背景に、安倍首相が推し進める憲法改正への忖度があることは明白だ。

 9条と平和主義を“危険思想”扱いして排除する。その動きを強化させていくことで、社会には「『9条を守れ』と言う人は危ない人物」という認知が広がる。ネット上ではすでに「戦争反対」と訴えることや「平和」を願うことをネトウヨたちが「反日」認定するという状態に陥っているが、このままでは一般社会でも「9条に触れてはいけない」という空気が広がっていくだろう。そして、それこそが改憲に向けた安倍自民党の狙いでもあるのだ。

 当時バラカン氏は「ちょっとこの国、もしかしたらちょっとおかしな方向に行き始めているんじゃないかな」と述べていたが、まさにその指摘どおり、事態は深刻度を増して進んでいるのである。

最終更新:2018.07.04 08:19

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

    新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

    9条Tシャツを着ているだけで国会傍聴から締め出し!改憲に動き出した安倍政権の「憲法9条」弾圧が深刻化のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。9条Tシャツピーター・バラカン憲法改憲編集部の記事ならリテラへ。

    人気記事ランキング

    総合
    ツイート数
    1 安倍首相がこの緊急時に今度は百田尚樹、有本香と会食!
    2 休校要請しても安倍首相は休業補償にふれず“有給を”
    3 杉田水脈もコロナのなかパーティ! 櫻井よしこ、ケント、フィフィも参加
    4 安倍首相の休校要請に非難殺到、コロナ対策費ケチり韓国1兆円以上なのに153億円
    5 「桜を見る会」マルチ商法社長の招待は昭恵夫人の事業への資金提供の見返り
    6 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
    7 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
    8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
    9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
    10 安倍政権のコロナ基本方針に絶句!検査受けられない体制は続行
    11 石破茂が安倍応援団メディアを痛烈批判
    12 安倍首相が新型コロナ対応から逃げまくり! 韓国・文在寅大統領との差
    13 田崎史郎がコロナ問題で「町医者は検査しろ」「熱が出て旅行いくな」
    14 『スシローと不愉快な仲間たち』9 新型コロナであのコピーライターが
    15 百田尚樹がなぜか告発「官邸から仕事、謝礼をもらっている保守論客」って誰?
    16 クルーズ船死亡者「コロナ感染者かどうかも言えない」は安倍政権の失態隠しか
    17 田崎に続き三浦瑠麗にも自民党から金
    18 安倍政権の酷すぎる新型コロナ対応!「金がかかる」と検査キットを導入せず
    19 安倍政権はコロナも“自己責任 韓国は生活費支援も日本は休業補償認めず
    20 田崎とケントに自民党からカネが!
    1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
    2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
    3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
    4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
    5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
    6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
    7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
    8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
    9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
    10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
    11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
    12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
    13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
    14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
    15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
    16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
    17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
    18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
    19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
    20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

    カテゴリ別ランキング


    マガジン9

    人気連載

    アベを倒したい!

    アベを倒したい!

    室井佑月

    ブラ弁は見た!

    ブラ弁は見た!

    ブラック企業被害対策弁護団

    ニッポン抑圧と腐敗の現場

    ニッポン抑圧と腐敗の現場

    横田 一

    メディア定点観測

    メディア定点観測

    編集部

    ネット右翼の15年

    ネット右翼の15年

    野間易通

    左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

    左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

    赤井 歪

    政治からテレビを守れ!

    政治からテレビを守れ!

    水島宏明

    「売れてる本」の取扱説明書

    「売れてる本」の取扱説明書

    武田砂鉄