佐川氏が喚問で安倍夫妻を庇うあまり露呈させた嘘と矛盾! 今井首相秘書官がらみの質問でもゴマカシが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
佐川氏が喚問で安倍夫妻をかばうあまり露呈させた嘘と矛盾! 今井首相秘書官がらみの質問でもゴマカシがの画像1
佐川氏の午後の証人喚問

「国民全体の奉仕者」ならぬ「安倍首相の奉仕者」──。本日おこなわれた佐川宣寿・財務省前理財局長の証人喚問について、本サイトでは速報で「安倍自民党との完全な出来レース」と看破したが、午後の衆院でもとんだ茶番劇が展開された。

 佐川氏は、改ざん問題について「理財局のなかで対応した」と主張し、肝心の詳細についてはすべて「刑事訴追の恐れがある」という理由で“ゼロ回答”。一方で、安倍首相や官邸からの改ざん指示は「一切なかった」とはっきり証言した。

 改ざんを「理財局だけでやった」と言うが、そもそも官僚がこのような大規模な犯罪を犯す理由などまったくないし、独断でこんなことができるはずがない。だいたい、財務省の矢野康治官房長は昨日の参院予算委員会の集中審議で、午前中には「官邸も麻生大臣も、指示も関知もしていなかったのはまぎれもない事実」と答弁したのに、午後には「総理官邸という言葉は適切ではなかった」と自らの答弁を修正し、「(官邸の関与が)あったという事実には突き当たっていない」などという珍妙な答弁でお茶を濁した。この矢野官房長の答弁を、佐川氏は何の根拠もなく真っ向から否定したことになる。

 その上、佐川氏は、自身が理財局長として関与していない時期におこなわれた土地取引についてまで「私が昨年ずっと一連の書類を読んで勉強して、国会で答弁させていただいたなかで言えば、総理も総理夫人の影響もありませんでした」と明言したが、その根拠は「(土地売却は)当時の不動産鑑定に基づいておこなわれた」からというもの。言うに事欠いて「適正な売却だった」とまで口にした。

 まさに噴飯モノの答弁だろう。会計検査院はゴミの積算根拠を「不十分」だと指摘しているし、建設業者も「ゴミが実際より深くにあると見せかけた虚偽の報告書を作成した」と大阪地検に証言しているように、「適正な売却」などではなかった。そもそも、質疑に立った立憲民主党の福山哲郎議員も指摘したように、「適正な売却」だったのなら、決裁文書を改ざんなどする必要はどこにもないのだ。

 しかも、佐川氏は、「改ざん前文書に書かれた昭恵夫人の名前を見たときにどう受け止めたのか」と共産党の小池晃議員に問われると、「(改ざん前文書を)いつ見たのかという質問」「それは私自身が書き換えをいつ認識したのかという問題そのもの」だと詭弁を弄して証言を拒否。「総理夫人の影響はない」とはっきり言えるのならば名前を見たときの感想くらい堂々と言えるはずだが、それはけっしてしないのである。逆に言えば、昭恵夫人の名前を見たときの感想は「刑事訴追の恐れ」になるような問題だということになるではないか。

安倍夫妻を庇って否定するあまり明らかな矛盾と嘘を露呈

 このように、納得できる理由を提示しないまま道理にかなわない根拠で安倍夫妻をただただ庇うだけに終始した佐川氏の証人喚問。だが、いくら佐川氏が安倍官邸とすでに「裏取引」していたとしても、事実をないことにはできない。

 むしろ、安倍首相や昭恵夫人にかんするあらゆることを無理やり否定したがために、次から次へと矛盾が噴き出てきている。たとえば、佐川氏は安倍首相が昨年2月17日、「私や妻が関係していたということになれば間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」と答弁したことの影響を聞かれて、「総理の答弁と前と後ろで私自身の答弁を変えた認識はない」と答えていたが、これは明らかな嘘だ。

 佐川氏は安倍首相が「間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」というセリフを口にした同じ昨年2月17日には、「適正に処理した」程度のことしか言っていなかった。ところが、それから1週間後の2月24日に「(交渉記録は)速やかに破棄した」と答弁するなど、急に強気になり、3月2日の参院予算委員会で共産党の小池議員から質問を受けた時には「何月何日に何をしたかという面会記録、そういう記録はない」「予定価格や賃料を先方に提示することはない」と断言していた。

 周知のように、改ざん前文書には、2015年1月9日の欄にははっきりと〈近畿財務局が森友学園を訪問し、国の貸付料の概算額を伝える〉と書かれており、もし改ざんがなければ、こんな強気の発言ができるはずがない。つまり、24日以前に決裁文書を改ざんしたのは確実なのである。そして、その24日以前に決裁文書との整合性をとらなければならなかった答弁というのは、安倍首相が17日におこなった「私や妻が関係していたということになれば間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」発言しかない。

 さらに無理を感じたのが、安倍首相の最側近・今井尚哉首相秘書官にかんする発言だった。きょうの証人喚問で、自由党の森ゆうこ議員が「官邸の今井秘書官と森友問題で話したことはないか」と問うと、佐川氏は2度も話をはぐらかし、森議員に「そんなことは聞いてない」と追及され、何か意を決したように「この森友問題について、今井秘書官と話したことはございません」と言い切った。だが、改ざんの指示云々とは関係なく、この森友問題で佐川理財局長が官邸で森友対応を担っていた今井首相秘書官と相談をしていないなどということは、霞が関の常識に照らしてありえない話だ。そのことは、多くの元官僚が指摘している。

 それを、「今井秘書官と話したことはない」などと言い張るというのは、むしろ、今井秘書官との相談内容についてつっこまれることを恐れたためとしか思えない。

 きょうの証人喚問によって疑惑は解明されるどころか、さらに深まった。しかし今日の様子をみれば、もはや官邸と裏取引をすませている佐川氏が真相をしゃべることなど、ありえないだろう。真相解明には、今井首相補佐官や安倍昭恵氏、土地取引時の財務省事務方責任者である理財局長だった迫田英典氏、総理夫人付きだった谷査恵子氏、そして籠池泰典理事長を揃えた全員の証人喚問が絶対に必要だ。安倍首相は真相を究明すると約束したのだから、当然、応じるべきだろう。

最終更新:2018.03.27 10:52

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

    新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

    佐川氏が喚問で安倍夫妻を庇うあまり露呈させた嘘と矛盾! 今井首相秘書官がらみの質問でもゴマカシがのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。佐川宣寿国会安倍政権安倍昭恵森友学園編集部証人喚問財務省の記事ならリテラへ。

    人気記事ランキング

    総合
    いいね! 数
    1 韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
    2 安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
    3 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
    4 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
    5 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
    6 NGT48暴行問題で山口真帆が謝罪強要を訴えるも運営は無視
    7 グッディ!土田マジギレ真の原因
    8 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
    9 安倍首相にマッチョ批判
    10 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
    11 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
    12 マララは社会主義者だった!
    13 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
    14 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
    15 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
    16 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
    17 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
    18 AKBと電通のシークレット飲み会
    19 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
    20 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
    1 安倍首相が隠した原発事故の責任
    2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
    3 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
    4 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
    5 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
    6 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
    7 安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
    8 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
    9 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
    10 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
    11 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
    12 4人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
    13 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
    14 韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
    15 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
    16 酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
    17 参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
    18 ピエール瀧めぐり松本とたけしが無教養丸出し発言
    19 安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
    20 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー

    人気連載

    アベを倒したい!

    アベを倒したい!

    室井佑月

    ブラ弁は見た!

    ブラ弁は見た!

    ブラック企業被害対策弁護団

    ニッポン抑圧と腐敗の現場

    ニッポン抑圧と腐敗の現場

    横田 一

    メディア定点観測

    メディア定点観測

    編集部

    ネット右翼の15年

    ネット右翼の15年

    野間易通

    左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

    左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

    赤井 歪

    政治からテレビを守れ!

    政治からテレビを守れ!

    水島宏明

    「売れてる本」の取扱説明書

    「売れてる本」の取扱説明書

    武田砂鉄