佐川氏が喚問で安倍夫妻を庇うあまり露呈させた嘘と矛盾! 今井首相秘書官がらみの質問でもゴマカシが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
佐川氏が喚問で安倍夫妻をかばうあまり露呈させた嘘と矛盾! 今井首相秘書官がらみの質問でもゴマカシがの画像1
佐川氏の午後の証人喚問

「国民全体の奉仕者」ならぬ「安倍首相の奉仕者」──。本日おこなわれた佐川宣寿・財務省前理財局長の証人喚問について、本サイトでは速報で「安倍自民党との完全な出来レース」と看破したが、午後の衆院でもとんだ茶番劇が展開された。

 佐川氏は、改ざん問題について「理財局のなかで対応した」と主張し、肝心の詳細についてはすべて「刑事訴追の恐れがある」という理由で“ゼロ回答”。一方で、安倍首相や官邸からの改ざん指示は「一切なかった」とはっきり証言した。

 改ざんを「理財局だけでやった」と言うが、そもそも官僚がこのような大規模な犯罪を犯す理由などまったくないし、独断でこんなことができるはずがない。だいたい、財務省の矢野康治官房長は昨日の参院予算委員会の集中審議で、午前中には「官邸も麻生大臣も、指示も関知もしていなかったのはまぎれもない事実」と答弁したのに、午後には「総理官邸という言葉は適切ではなかった」と自らの答弁を修正し、「(官邸の関与が)あったという事実には突き当たっていない」などという珍妙な答弁でお茶を濁した。この矢野官房長の答弁を、佐川氏は何の根拠もなく真っ向から否定したことになる。

 その上、佐川氏は、自身が理財局長として関与していない時期におこなわれた土地取引についてまで「私が昨年ずっと一連の書類を読んで勉強して、国会で答弁させていただいたなかで言えば、総理も総理夫人の影響もありませんでした」と明言したが、その根拠は「(土地売却は)当時の不動産鑑定に基づいておこなわれた」からというもの。言うに事欠いて「適正な売却だった」とまで口にした。

 まさに噴飯モノの答弁だろう。会計検査院はゴミの積算根拠を「不十分」だと指摘しているし、建設業者も「ゴミが実際より深くにあると見せかけた虚偽の報告書を作成した」と大阪地検に証言しているように、「適正な売却」などではなかった。そもそも、質疑に立った立憲民主党の福山哲郎議員も指摘したように、「適正な売却」だったのなら、決裁文書を改ざんなどする必要はどこにもないのだ。

 しかも、佐川氏は、「改ざん前文書に書かれた昭恵夫人の名前を見たときにどう受け止めたのか」と共産党の小池晃議員に問われると、「(改ざん前文書を)いつ見たのかという質問」「それは私自身が書き換えをいつ認識したのかという問題そのもの」だと詭弁を弄して証言を拒否。「総理夫人の影響はない」とはっきり言えるのならば名前を見たときの感想くらい堂々と言えるはずだが、それはけっしてしないのである。逆に言えば、昭恵夫人の名前を見たときの感想は「刑事訴追の恐れ」になるような問題だということになるではないか。

安倍夫妻を庇って否定するあまり明らかな矛盾と嘘を露呈

 このように、納得できる理由を提示しないまま道理にかなわない根拠で安倍夫妻をただただ庇うだけに終始した佐川氏の証人喚問。だが、いくら佐川氏が安倍官邸とすでに「裏取引」していたとしても、事実をないことにはできない。

 むしろ、安倍首相や昭恵夫人にかんするあらゆることを無理やり否定したがために、次から次へと矛盾が噴き出てきている。たとえば、佐川氏は安倍首相が昨年2月17日、「私や妻が関係していたということになれば間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」と答弁したことの影響を聞かれて、「総理の答弁と前と後ろで私自身の答弁を変えた認識はない」と答えていたが、これは明らかな嘘だ。

 佐川氏は安倍首相が「間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」というセリフを口にした同じ昨年2月17日には、「適正に処理した」程度のことしか言っていなかった。ところが、それから1週間後の2月24日に「(交渉記録は)速やかに破棄した」と答弁するなど、急に強気になり、3月2日の参院予算委員会で共産党の小池議員から質問を受けた時には「何月何日に何をしたかという面会記録、そういう記録はない」「予定価格や賃料を先方に提示することはない」と断言していた。

 周知のように、改ざん前文書には、2015年1月9日の欄にははっきりと〈近畿財務局が森友学園を訪問し、国の貸付料の概算額を伝える〉と書かれており、もし改ざんがなければ、こんな強気の発言ができるはずがない。つまり、24日以前に決裁文書を改ざんしたのは確実なのである。そして、その24日以前に決裁文書との整合性をとらなければならなかった答弁というのは、安倍首相が17日におこなった「私や妻が関係していたということになれば間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」発言しかない。

 さらに無理を感じたのが、安倍首相の最側近・今井尚哉首相秘書官にかんする発言だった。きょうの証人喚問で、自由党の森ゆうこ議員が「官邸の今井秘書官と森友問題で話したことはないか」と問うと、佐川氏は2度も話をはぐらかし、森議員に「そんなことは聞いてない」と追及され、何か意を決したように「この森友問題について、今井秘書官と話したことはございません」と言い切った。だが、改ざんの指示云々とは関係なく、この森友問題で佐川理財局長が官邸で森友対応を担っていた今井首相秘書官と相談をしていないなどということは、霞が関の常識に照らしてありえない話だ。そのことは、多くの元官僚が指摘している。

 それを、「今井秘書官と話したことはない」などと言い張るというのは、むしろ、今井秘書官との相談内容についてつっこまれることを恐れたためとしか思えない。

 きょうの証人喚問によって疑惑は解明されるどころか、さらに深まった。しかし今日の様子をみれば、もはや官邸と裏取引をすませている佐川氏が真相をしゃべることなど、ありえないだろう。真相解明には、今井首相補佐官や安倍昭恵氏、土地取引時の財務省事務方責任者である理財局長だった迫田英典氏、総理夫人付きだった谷査恵子氏、そして籠池泰典理事長を揃えた全員の証人喚問が絶対に必要だ。安倍首相は真相を究明すると約束したのだから、当然、応じるべきだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

    新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

    佐川氏が喚問で安倍夫妻を庇うあまり露呈させた嘘と矛盾! 今井首相秘書官がらみの質問でもゴマカシがのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。佐川宣寿国会安倍政権安倍昭恵森友学園編集部証人喚問財務省の記事ならリテラへ。

    人気記事ランキング

    総合
    いいね! 数
    1 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
    2 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
    3 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
    4 東京五輪が日中戦争でなくなる?
    5 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
    6 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
    7 NGT48問題でも秋元康の“無責任”
    8 純烈・友井報道で芸能マスコミジャニーズ御用体質 
    9 つんく♂が秋元のメンバー差別に
    10 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
    11 封印されたAKB48盗撮事件
    12 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
    13 AKBと電通のシークレット飲み会
    14 文春が東京五輪を!電通元専務に金
    15 安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
    16 常盤貴子絶賛!『野火』が描いた戦争
    17 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
    18 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
    19 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
    20 古舘の後任に浮上!安住紳一郎の悪評
    1 安倍首相が辺野古の土砂投入で「サンゴを移した」と大嘘
    2 安室、上田、芸能人よく言った大賞前編
    3 消費増税反対の内閣官房参与“退職”の裏に官邸の圧力
    4 クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
    5 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
    6 元日『相棒』が今年も安倍政権批判!
    7 ローラ、村本、りゅうちぇる芸能人よく言った大賞後編
    8 所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
    9 ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
    10 安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
    11 早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
    12 たけしの性差別発言はなぜ問題にならない?
    13 安倍首相の改憲キャンペーンに松本人志、小藪千豊らが協力?
    14 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
    15 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
    16 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
    17 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
    18 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
    19 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
    20 平沢勝栄だけじゃない自民党の性差別 

    人気連載

    アベを倒したい!

    アベを倒したい!

    室井佑月

    ブラ弁は見た!

    ブラ弁は見た!

    ブラック企業被害対策弁護団

    ニッポン抑圧と腐敗の現場

    ニッポン抑圧と腐敗の現場

    横田 一

    メディア定点観測

    メディア定点観測

    編集部

    ネット右翼の15年

    ネット右翼の15年

    野間易通

    左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

    左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

    赤井 歪

    政治からテレビを守れ!

    政治からテレビを守れ!

    水島宏明

    「売れてる本」の取扱説明書

    「売れてる本」の取扱説明書

    武田砂鉄