中居正広の被災地支援をテレビがまた無視! “嵐推し”ジャニーズの意向か、国分太一は「現地に行くことだけが…」とけん制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakaiarashi_01_160509.jpg
中居が再び被災地を訪れるもテレビは嵐を…


 SMAPの中居正広が一昨日の5月7日、再び被災地にかけつけた。4月24日に熊本市で友人と炊き出しを行ったのに続いて、今度は笑福亭鶴瓶、ナインティナインの岡村隆史とともに南阿蘇村や西原村の避難所を訪れたのだが、盛り上がったのは、今回もほとんどネット上でだけだった。

 芸能界の大物3人が揃って被災地を訪れたにも関わらず、前回同様、このニュースをテレビは完全に無視するか、または不自然なほど小さな扱いでしか紹介しなかったのだ。

 例えば、8日放送の『報道ステーションSUNDAY』(テレビ朝日)では、今週の話題の1位が「芸能人の熊本の震災支援」だったにもかかわらず、紹介したのは、熊本出身の八代亜紀や千昌夫によるチャリティ歌謡ショー、そして、同じジャニーズの嵐による熊本応援CMのみ。中居らの活動には一切触れなかった。

 本日9日放送のワイドショーも、ほぼスルーだった。前回同様、『とくダネ!』(フジテレビ)、『スッキリ!!』(日本テレビ)、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)などの朝の情報番組も、『ひるおび!』(TBS)、『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)、『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)などの午後のワイドショーも1秒も取り上げなかった。『スッキリ!!』に至っては日テレのキャンペーン「7daysTV かぞくって、なんだ。」のメインパーソナリティを務める鶴瓶本人が番宣で出演しているにもかかわらず、3人の被災地訪問に触れることすらしなかった。

 唯一、中居寄りといわれるTBSだけは、8日の『アッコにおまかせ!』、本日9日の『白熱ライブ ビビット』、『ゴゴスマ〜GO GO!Smile!〜』などで報じたが、それも、スポーツ紙を紹介した上で、主に鶴瓶のことをクローズアップしており、中居についてはほとんどふれなかった。

 しかも、『ビビット』のキャスターを務める国分太一は、「現場、現地に行くだけがいいことなのかどうかは置いておいて、色んな貢献の仕方があるので、今後も続くと思いますので、どんな形でも参加したいと思います」と、中居らの行動をけん制するような微妙なコメントを発していた。

 もちろん、中居たちもメディアに取り上げられたいと考えてボランティアをしているわけではないはずだが、しかし、この扱いはあまりに異常だろう。ちなみに中居は、東日本大震災の際も福島の避難所を極秘で訪れ、炊き出しを行っていたが、この時は各ワイドショーがこぞってニュースにしていた。それを受けて、中居もラジオでその時の模様を語っている。

 それが、今回、同じワイドショーがあえて避けているとしか思えないような対応をしているのは、なぜなのか。もちろん、その理由はジャニーズ事務所からストップがかかっているからだ。

「前回同様、ジャニーズから『事務所が管理してる活動じゃないから、取り上げるな』という厳命がくだったらしいです。ジャニーズは今、嵐を熊本大地震の被災地支援の“顔”にしようと猛プッシュしているので、中居をクローズアップされると、それが霞んでしまうという判断だったようですね」(テレビ局関係者)

 たしかに、嵐の熊本支援は、中居の活動とは対照的な扱いを受けている。たとえば、5月1日には、熊本県の民放4局の熊本応援CMに嵐が特別出演、被災地にメッセージを送ったが、このニュースは東京のメディアで大々的に報じたのだ。

「CM放送当日の『Mr.サンデー』(フジテレビ)ではトップニュースとしてこれを報じましたし、全国紙やスポーツ紙も一斉にこれを報じています。それも嵐が無償出演だったことや、映像制作を担当した放送作家・小山薫堂氏がジャニーズ事務所に相談してすぐにプロジェクトが動き始めたことなどの舞台裏情報も満載でした」(スポーツ紙記者)

 ジャニーズ事務所が今回の被災地支援で、中居やSMAPの露出を抑える一方、嵐を全面的に立たせているのは明らかだ。

 ジャニーズ事務所では今回の地震に対し、滝沢秀明が座長を務める舞台『滝沢歌舞伎2016』でもジャニーズJr.たちがロビーに立ち募金を呼びかけ、A.B.C−Zの戸塚祥太主演の舞台『寝盗られ宗介』でも劇場ロビーに募金箱を設置するなどの活動を行っている。また、堂本剛や、Sexy Zoneなども支援や応援を表明しているが、東日本大震災で率先して支援に関わってきたSMAPの姿はそこにはない。

 こうした背景には、おそらく、ジャニーズの戦略がある。周知のように、SMAPは国民的アイドルという自負から、こうした被災地支援に積極的にかかわってきた。東日本大震災の際は『SMAP×SMAP』(フジテレビ)で支援のための特別番組を生放送で行って以来、一貫して募金活動を前面に立って行ってきた。

 また、ジャニーズ全体で立ち上げた支援プロジェクト「Marching J」では、アルバム『SMAP AID』をリリース。ジャニーズ事務所の震災支援の“顔”にもなっていた。

 しかし、あの独立騒動前後から、この体制がガラリと変わり、ジャニーズ事務所では、これまでSMAPが担ってきた役割を嵐にやらせようという動きが急激に進み始めた。実際、嵐は東日本大震災の支援にも熱心に取り組み、今年も6月にチャリティーイベント『嵐のワクワク学校2016』を大阪・東京合わせて6公演行うことが予定されている。

 もちろん、嵐や他のジャニーズアイドルの被災地支援も同じように価値があることだし、それを否定するつもりはまったくない。しかし、ゴールデンウィーク後半からボランティア不足が深刻化する中、中居らの炊き出しが大々的に報道されていれば、もしかしたらボランティア志願者が何割かは増えたかもしれない。テレビが中居の活動を無視し、それを報じなかったというのは被災者支援にとって、明らかにマイナスだったと言えるだろう。

 ジャニーズ事務所も同様だ。事務所が一丸となって被災地支援や応援をするというのなら、芸能界の力学や遺恨を乗り越え、これまで震災支援に熱心に取り組み、多くの実績を積んできた中居やSMAPをこそ活用すべきだと思うのだが、どうだろうか。
(時田章広)

最終更新:2016.05.09 07:49

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

中居正広の被災地支援をテレビがまた無視! “嵐推し”ジャニーズの意向か、国分太一は「現地に行くことだけが…」とけん制のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ中居正広時田章広震災の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 テレ朝で黒鉄ヒロシが慰安婦像デマと韓国ヘイト
2 統計不正で厚労省課長が「官邸関係者」明記の圧力メール
3 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
4 沖縄県民投票を妨害し続けた安倍政権!辺野古署名呼びかけ人にも
5 メリー氏が文春の記者に「殴るぞ」…
6 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
7 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
8 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
9 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
10 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
11 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
12 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
13 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
14 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
15 田宮二郎自殺の真相を夫人が告白!
16 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
17 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
18 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
19 グッディ!土田マジギレ真の原因
20 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
1 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
2 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
4 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
5 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
6 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
7 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
8 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
9 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13 統計不正で厚労省課長が「官邸関係者」明記の圧力メール
14 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
15 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
16 フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
17 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
18 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19 辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
20 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄