岡田准一と宮崎あおい“不倫略奪同棲”を「フライデー」が報道もテレビは完全スルー…芸能マスコミは不公平すぎだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
okadamiyazaki_01_160328.jpg
同棲をフライデーされたV6岡田と宮崎あおいだが…(右・宮崎あおい公式サイトより)


 ベッキー、宮崎謙介元議員、米米クラブの石井竜也、桂文枝、乙武洋匡──。今年に入り異常とも思えるほど不倫報道が続いているが、そんな中、またもうひとつ、“不倫”のカテゴリーに入るであろうスキャンダルが3月15日発売の「フライデー」(講談社)4月8・15日合併号で報じられた。それが V6岡田准一と宮崎あおいの同棲だ。

「岡田准一♡宮崎あおい『ドロ沼不倫を乗り越え同棲愛』」

 こう題された記事では、現在、岡田と宮崎が都内のマンションで同棲している様子、共同して使っているポルシェに同乗している様子を隠し撮り、結婚が間近だと報じている。

「ここまで来たらいつゴールインしてもおかしくないでしょう。ジャニーズ事務所でV6をマネジメントしているのはジュリー副社長。奇しくもSMAP騒動で“勝ち組”になったジュリー氏傘下のタレントは、以前より自分の意見を事務所に通しやすくなっている。また岡田は役者として十分な実力・人気があり、たとえ結婚してもほかのアイドルのように人気は急落しないでしょう。彼が宮崎と一緒になろうと決めたとき、反対できる人はいないんです」(「フライデー」に掲載された芸能プロ関係者のコメント)

 役者として乗りに乗っている岡田と、いまや大物感さえ漂う実力派女優・宮崎の熱愛。だが、「フライデー」が書くような“結婚に障害がない”という状況かと言えば、決してそんなことはない。というのも現在は独身同士の2人だが、その関係は“不倫”から始まったものだからだ。

 2人の関係が暴露されたのは今から4年ほど前のことだった。2011年12月「週刊文春」(文藝春秋)と東京スポーツが相次いで2人の不倫略奪愛を報じたのだが、その内容はセンセーショナルなものだった。

 当時、俳優の高岡蒼甫(現在は高岡奏輔に改名)と結婚していた宮崎だったが、高岡のフジテレビを攻撃するツイッター騒動の影響で離婚に向け協議中だった。その過程で高岡が自身の契約する宮崎の携帯を調べるなどしたことで、岡田との関係が発覚。高岡は岡田を呼び出した。その際、岡田は宮崎との不倫関係を認め、土下座して「責任をとって芸能界を辞める」と謝罪したという。

 また2人がやりとりしたメールには「一緒に(温泉に)入ろう」といった不倫温泉旅行をうかがわせる内容もあったといわれる。その後、宮崎と高岡の離婚が成立しているが、しかし岡田との関係は離婚以前からの関係、つまり不倫だった。

 だがこうした報道を当時のワイドショーなど他メディアが報じることはなかった。もちろんマスコミに絶大な影響力を誇るジャニーズ事務所への配慮、タブーのためだ。

 だが、その後も2人は別れなかった。誰にも知られないよう、人目にふれないよう徹底的に警戒をして関係を続けてきた。

 そして、宮崎の離婚から4年経ったこともあって、「フライデー」が報じたように、昨年くらいから、結婚話が具体的に浮上するようになっていた。友人のパーティに連れ立って出席したり、宮崎が岡田の実家に挨拶に行ったという情報もあった。

 また、その地ならし的記事が掲載されたこともあった。それが昨年8月、「女性セブン」(小学館)8月28日号が報じた「岡田准一 宮崎あおい 甘くて切ない蜩の夏」だった。

 記事には2人がマスクで変装し、岡田の運転で都心から離れたスーパーで買い出しをした後、知人宅のホームパーティに行った様子が報じられている。「女性セブン」といえばジャニーズ事務所と近い関係にある媒体のひとつだが、この記事にはもちろん裏の事情があった。

「記事には、08年公開の映画『陰日向に咲く』での共演以来、長い間友人関係にあった2人が『今年に入って再会し春頃から付き合い始めた』と美談仕立てで記されています。もちろんこれは嘘。2人は不倫関係以降ずっと付き合っていたわけですが、“春頃から付き合い始めた”ことをわざわざ強調。2人は不倫ではないし、略奪でもないことを印象づけるものでした」(週刊誌関係者)

 事務所と近い「セブン」に“不倫”を払拭させる記事を書かせたことで、芸能マスコミの間にも2人のゴールインが近いと印象づけたものだったが、しかしそこに降って湧いたのがベッキー不倫騒動だった。

「実は、今年早々にも岡田と宮崎の結婚発表があると言われていたのです。岡田が主演している映画『エヴェレスト 神々の山嶺』の公開と同時に、という具体的な話さえあった。しかしベッキーを代表とする不倫騒動が相次いで起こったため、再び不倫関係が掘り返されるのを恐れ、延期されているようです」(芸能事務所関係者)

 それを裏付けるような証言もある。3月10日放送の『バイキング』(フジテレビ)に出演した「週刊大衆」記者が、こんな意味深な発言をしたことだ。

「イケメン俳優と若手大物女優が結婚秒読みと言われていて、実家に挨拶にも行っている。ただし、ベッキー不倫問題があったので、タイミングを見ている段階」

 記者は岡田と宮崎の実名は出していなかったが、明らかに2人のことを指し示したものだ。とんだことでゴールインが遠のいた2人だが、しかし、最終的には、タイミングをみはからった段階で結婚が発表されるのは確実だろう。そして、2人が懸念しているようなバッシングなど、起こるはずもない。

 ほとんどのマスコミは事務所からの正式な発表があるまで、2人の関係を一切報じることなどないだろうし、発表後もお祝い一色で、不倫の過去を掘り返すようなワイドショーは皆無なはずだ。

 実際、今回「フライデー」がスクープした2人の同棲略奪愛を報じるテレビは現在のところ一局もない。ベッキーの不倫を大バッシングする一方、岡田の不倫略奪は美談に仕立てあげる。つくづくマスコミは強者に弱く、弱者に強い不公平な存在である。
(林グンマ)

最終更新:2017.11.24 09:24

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

岡田准一と宮崎あおい“不倫略奪同棲”を「フライデー」が報道もテレビは完全スルー…芸能マスコミは不公平すぎだのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズフライデー不倫宮崎あおい岡田准一林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 防衛費43兆円の財源はやはり増税!一方「子ども関連予算」倍増を先送り
2 杉田水脈に反省なし!岸田首相が差別政治家を守る理由
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 大阪・吉村知事「コメ10キロ配布」に非難殺到! 知事・市長選目的
5 防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
6 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
7 オリックスDHC買収で「虎ノ門ニュース」に続き「DHC テレビ」も解体か
8 長澤まさみ『エルピス』脚本家・渡辺あやが抱くマスコミの権力従属への危機感
9 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
12 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
13 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
14 安倍が今井首相秘書官めぐる質問に狼狽
15 統一教会被害者救済法策定に萩生田が関与で批判殺到
16 安倍の安保法制と岸信介の対米密約
17 大阪カジノ800億円負担は松井市長の命令! 大石あきこは「黒塗り」を告発
18 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
19 「維新」議員の顔ぶれがひどい!ヘイト、極右、金、暴力を報道された議員まで
20 玉川徹を攻撃する橋下徹、三浦瑠麗、ほんこんの悪質デマ垂れ流し過去
1 防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
2 大阪・吉村知事「コメ10キロ配布」に非難殺到! 知事・市長選目的
3 防衛費43兆円の財源はやはり増税!一方「子ども関連予算」倍増を先送り
4 杉田水脈に反省なし!岸田首相が差別政治家を守る理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄