自民党の安倍チルドレン議員が今度は二股交際の上にセクハラ! 「代議士が陰部を触ってきて」と秘書の証言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ishizakitooru_01_160319.jpg
「自由民主党衆議院議員 石崎とおる」公式ホームページより


 収賄、不倫、パンツ泥棒、不審死、路チュー、失言──安倍政権下での自民党議員の不祥事が続くなか、またしてもハレンチ・スキャンダルが噴出した。

「秘書にセクハラ! 堂々と二股!『32歳 石﨑徹』代議士の不道徳な日常」

 今週発売の「週刊新潮」(新潮社)3月24日号にこんな記事が掲載されたのだ。スキャンダルを起こしたのは、またもや安倍チルドレンのひとり、石﨑徹衆議院議員(新潟1区)。記事にはタイトル通り、石﨑議員の乱れまくった“女性関係”が記されていた。

 まずは石﨑議員の秘書へのセクハラ。これを「新潮」に告発したのは秘書本人ではなく石﨑議員の身内だった。同誌には、石﨑徹連合後援会会長・渡辺毅氏のこんなコメントが載っている。

「石﨑君が、地元秘書を公募し、14年の4月、30代前半の女性が運転手兼秘書として採用されました。ところが、そのわずか1カ月後別の秘書から、その女性が石﨑君に言い寄られ、それを苦に事務所を辞めることになったと報告があった」

 セクハラの報告を受けた渡辺会長は女性への聞き取り調査を行い、詳細な“経緯書”を作成していた。「新潮」にはその全文が掲載されているのだが、そこには「彼氏いないの?」「結婚を考えて付き合いたい」「ホテルに行こう」といった石﨑議員の執拗な“口説き”、さらには「接吻を迫り、洋服の上から胸、陰部を触る」というワイセツ行為が記されていた。

 しかも、石﨑議員の下半身スキャンダルはこれだけではなかった。秘書をセクハラしていた同時期、なんと二股交際をしていたというのだ。

 当時、石﨑議員には結婚を前提に同棲していた女性がいたという。地元テレビ局・BSN新潟放送の女性記者で、2012年、石﨑議員が初当選したときの取材で出会い、お互いに一目惚れ。翌13年には、信濃川沿いのマンションで一緒に暮らしていた。

 ところが14年秋に、石﨑議員が女性に“1年辛抱したら結婚できるから、対外的に別れたことにしてほしい”と言ってきたのだという。実は、この時期、石﨑議員は自民党の先輩議員でもある丹羽秀樹・前文科副大臣の秘書と交際をスタートさせていたのだ。

「昨年の6月、石﨑さんと秘書が付き合っているという怪文書が、うちの(丹羽)代議士の自宅に、それもなぜか代議士の母親宛に届いた。最初は怪文書ですから信用もしていなかったのですが、徐々にあちこちから2人が交際しているという話が耳に入ってくるようになりました」(丹羽議員の事務所関係者のコメント、「週刊新潮」より)

 この女性秘書は丹羽議員に対し、石﨑議員との交際を認めた上で昨年9月に退職したというが、石﨑議員は自分の秘書へのセクハラと同時に別の女性2人と二股交際をしていたというわけだ。

 これこそ“ゲスの極み”ではないか。

 石﨑議員は慶応大学から07年に財務省に入省し、内閣官房に出向。その後、国会議員に転身したエリート議員であり、同時に、12年に初当選した典型的な“安倍チルドレン”である。

 周知のように、この12年初選出の“安倍チル”議員には下半身スキャンダルが続出している。昨年「週刊文春」(文藝春秋)で金銭トラブルに加え、複数の恋人を議員宿舎に連れ込んでいたことが報じられた武藤貴也議員(滋賀4区)。育休宣言しイクメンをアピールしている最中に、“ゲス不倫”が発覚、議員辞職した宮崎謙介元衆院議員。そして、今回発覚した石﨑議員のセクハラ&二股騒動。なぜ安倍チルの下半身はこれほどまでに緩いのか。

 永田町では、12年の選挙で、安倍自民党が政治家としての資質は二の次で、学歴と容姿優先で候補者を立てていたこと、しかも、自民党が大勝したことでその質の悪い候補者が大量当選してしまったためだろうと言われている。

 しかし、実はもうひとつ、原因があるのではないか。それはマスコミの怠慢だ。周知のように、安倍政権発足後、新聞・テレビは官邸から激しい圧力をかけられ、政府や自民党に批判的な報道がほとんどできなくなってしまった。それこそ、スキャンダルや不正の告発なんてとてもできる空気ではなくなった。そのため、自民党内に“何をやっても叩かれることはない”という緩んだ空気が広まってしまったのである。

 ただ、ここにきて、「週刊文春」が政治家のスキャンダルを次々とスクープ、さらに、ネトウヨもどきの“反日叩き”ばかりやっていた「週刊新潮」もそれに引きずられるように、自民党議員の不祥事を報道し始めた。

 今年夏の選挙で、ハレンチ議員を当選させないためにも、この2つの週刊誌にはこれからも国会議員の下半身スキャンダルをどしどし暴いていってもらいたい。
(伊勢崎馨)

最終更新:2017.11.24 09:05

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

自民党の安倍チルドレン議員が今度は二股交際の上にセクハラ! 「代議士が陰部を触ってきて」と秘書の証言ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨安倍政権政治家石﨑徹自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
2 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
3 東京五輪ボランティアと同種の仕事に「時給1600円」疑惑を組織委に直撃
4 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
5 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
6 つるの剛士が虎ノ門ニュースに出演
7 菅原文太の安倍批判が一周忌に公開
8 維新の市長候補はたかじん遺言執行人
9 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
10 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
11 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
13 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
14 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
15 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
16 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
17 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
18 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
1 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
4 吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
7 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
8 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
9 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
10 菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
11 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
13 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
14 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
15 西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
17 東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄