今度は老人向け健康雑誌でセックス特集が! AV男優が精力維持のテクニックを講義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sokai_150603.jpg
『壮快Z 2』(マキノ出版)

「死ぬまでセックス! 80歳でもセックス 生涯現役のすすめ」など、高齢者の性を煽る企画を打ち出し話題となった『週刊現代』(講談社)と『週刊ポスト』(小学館)だが、昨年あたりからいつの間にかなりを潜め、より実践的な企画へと移行している。

『週現』が「無料で安全 60歳からの『エロ動画』」と、犯罪の片棒を担ぐかのようなレクチャーをすれば、『ポスト』は「YURI」で大好評を博したグラビア「謎の美女シリーズ」を復活させ、二番煎じ「祥子」を売り出し中だ。

 さて、そんな間隙を突いて、“死ぬまでセックス”を始めた雑誌がある。『壮快Z』(マキノ出版)だ。「腸力アップで病気は勝手に治る」、「耳鳴り、老眼、物忘れ、高血圧の撃退! アルミ湿布初公開」、「首の後ろは押すと病気が勝手に治る急所だ!」、「男も女もフサフサ育毛大革命」などなど、ご年配の方々に健康の知恵を授ける『壮快』のムック本である。

 そのコンセプトは「あくまでもまじめに医学的に、それでいて明るく楽しく朗らかにセックスを提唱する」で、今号のテーマは「長生きしたけりゃ性を楽しめ」と謳うだけあり、ヌード袋とじの煽り文句に「視力向上!」とあったり、唐突に女医が脱いだりと、全ての企画でこれでもかと医学と性を結びつけている。

 なかでもひときわ目を引くのが、「絶倫すぎるAV男優 田淵正浩に学ぶ セックスで健康になる方法」。

 男優歴24年、経験人数7000人以上という田淵氏は、現在でも月30〜40本という絶倫の名に恥じない仕事っぷりだ。

 実際にAV制作会社スタッフやAV男優が、「田淵さんの、健康へのこだわりはすごい」と絶賛する声と、そして田淵氏本人から「一時期、東洋医療の治療院に6年半勤め、かなりサプリメントの類に詳しくなった」といった話を、筆者も聞いたことがある。

 まったく違う畑の健康雑誌の編集部もどこからか聞きつけるほど、田渕氏の健康へのこだわりは、名を轟かせているのだろう。

 同誌では田淵氏は、若熟女No.1の川上ゆうとの対談形式で、自身の”絶倫の秘訣”を明かしている。田淵氏が健康を意識し出したのは20代後半、体調が悪い日々が続き、AV男優を〈やめようかと思って〉いたほどだったという。そこで〈猛勉強して、食事や運動、ものの考え方などを大きく変えた〉ことが転機だった。

 そんな彼がまず基本的なNG事項としてあげるのが、〈低体温〉だ。

〈体温が低いと、寝起きのけだるい状態が継続して、セックスの意欲もわかないんです〉〈セックスしたくないということは、不健康の証なんですよ〉

 体温を上昇させる方法はいたって簡単、〈良い食事をとって積極的に運動する〉ことに尽きるという。

 さらに〈鼻呼吸〉もオススメの健康法だ。なんでも、〈口呼吸だと、スタミナがなくなり、疲れやすくなります。中折れしやすくなる〉そうで、実際に田渕氏も、口呼吸から鼻呼吸に変えた途端に〈持続力がアップ〉したという。さらに、田淵氏がもうひとつ語る鼻呼吸のメリットがなんとクンニ。口呼吸だと、クンニ中に〈長く続けられない〉が、一方の鼻呼吸なら〈苦しくないし、舌も常に潤っていますから、いつまでもアソコをなめ続けられますよ〉。まさか、鼻呼吸もこんなことで効用を語られるとは思ってもいなかっただろう。

 さらに話は、〈ピストンの極意〉へ移行する。田淵氏はまず、セックスに向いている体型を〈ゴムまりのような〉〈柔軟性があってしなやか〉な体だとし、そうした体づくりにスクワットを勧めている。

〈私は、セックスの際には、手足の筋肉を動かすだけではなく、「骨で動く」ことをイメージしています。こうすると、疲れないんですよ。ピストン運動も、効率的に出来ると思います〉

「骨で動く」……もはやセックスの話をしているのか、スポーツの話をしているのかよく分からなくなってくるが、田淵氏はこう続ける。

〈中高年以降のかたは、ストロークを大事に、骨を動かし、肉を味わう!〉

 川上ゆうも、〈ほんと、武道家みたい(笑)〉と返事に困るが、要は〈いきなり激しくピストン運動するより、特に最初はゆっくり出し入れすること。1回1回のストロークを、ジックリ行う〉ということらしい。

 さて、同誌のあとがきでは、〈パート1を出した後、読者の皆様からのたくさんのおはがき〉を一部紹介している。

 なんと90歳男性から、〈「82歳の妻とまだまだ現役で楽しんでいきたいです」〉といった感想が届いたというのだ。

 まあ、「長生きしたけりゃ性を楽しめ」とデカデカと書かれた同誌を購入するような読者だから、もともと素質はあったとは思うのだが、一度、実践してみるのはありかもしれない。
(羽屋川ふみ)

最終更新:2018.10.18 05:50

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

熟年恋愛講座―高齢社会の性を考える (文春新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

今度は老人向け健康雑誌でセックス特集が! AV男優が精力維持のテクニックを講義のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育羽屋川ふみ老人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
3 百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
4 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
5 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
8 上田晋也『サタデージャーナル』後番組MCに自民党議員の娘
9 『上田晋也のサタジャ』が山本太郎の企画をボツに
10 川島なお美が近藤誠の診断を告発
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
13 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
14 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
15 『報ステ』新キャスターの大越健介に安倍の圧力で『NW9』を追われた過去
16 上田晋也が最終回で「当たり前が言えない」言論状況を批判
17 吉村知事の「新大阪駅で検温」にツッコミ殺到! 変異株死亡者隠蔽も
18 きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
19 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
20 麻生「ヒトラーは正しかった」は本音
1 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
3 聖火お披露目式で手話通訳が小池百合子らのテントには入れず雨に濡れ
4 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
5 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
6 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
7 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
8 それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
9 南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
10 五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
11 五輪でIOCラウンジ以外にVIPルーム、広告代理店は物品購入でも15%上乗せ
12 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13 きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
14 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄