ももクロ川上マネージャーとヒャダイン確執の真相 ももクロの本当の仕掛人は誰?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
momokuro_01_150514.jpg
ももクロのメジャーデビューシングル「行くぜっ!怪盗少女」(ユニバーサル)

 今年2月に公開された映画につづいて、今月5月1日からはメンバー全員で初舞台『幕が上がる』に挑戦中のももいろクローバーZ。アイドル活動だけでなく女優方向にも舵を取りはじめたこのタイミングで、じつは、気になる発言をももクロの名物マネージャーであり“育ての親”と呼ばれる川上アキラ氏が行った。

「ねえ、もう会社的に言っちゃいけないヒャダインのことも叫んだしね、みんな満足だろ?」
「あいつが一時期、ももクロ……あの、音盤とか干されてたときねえ、声掛けたのオレだからね」
「基本、ももクロにとってトクになんないことはしないね」

 このように川上氏が話したのは、現在、ももクロ8周年を記念してスタッフによって行われている企画「東海道中桃栗げ」のUstream生中継でのこと。ヒャダインとは、ご存じ“ももクロの音楽プロデューサー”として一躍脚光を浴びた前山田健一氏。ももクロのファンならばよく知っているかと思うが、じつはここ数年、ももクロサイドとヒャダインの関係が悪化しているとひそかに噂されてきたのだが、これを今回、川上氏は公に認めたかたちだ。

 そもそも、関係悪化の噂が流れはじめたのは、2013年1月、ももクロがアルバム発売を発表した際にヒャダインがこんなツイートを投稿したからだ。

〈ももクロ、アルバム出るんですね。参加させてもらえるのかしらん。最近連絡無いからなあ〉
〈最近頻繁に「ももクロに新曲を書いて」ていうリプ来ますが、曲の発注はレコード会社の権限ですから、俺に直訴されてもどうしようもないです〉

 さらに、4月にそのアルバム『5TH DIMENSION』が発売される数日前には、〈「進化」てことでサウンドもただ小難しくしただけで、大切な芯を失ったアルバムだと思いました。面白味がない、というか・・。まあ、売れるんでしょうけど・・。〉と投稿。このツイートはすぐに削除されたが、ファンのあいだでは「ももクロ批判では?」と見られてきた。

 しかし、ずっと謎だったのは、なぜヒャダインはももクロから切られてしまったのか、ということ。ヒャダインはももクロと同じスターダストプロモーションに籍を置き、しかも、ももクロが所属する部署「芸能3部」に在籍する他のアイドルグループの楽曲はその後も提供していたからだ。そのため、ファンたちは「実際は数曲しか手がけていないヒャダインがプロデューサー扱いされることに嫉妬した川上マネが前山田を外したのでは」と憶測。今回の川上氏の発言は、こうした噂を払拭する狙いがあったのだろう。

 だが、“ヒャダイン外し”の噂を払拭するどころか、「ももクロにとってトクになんないことはしない」発言によって、“ヒャダインはももクロには必要なし”と考えていることが露呈する結果に。少なくとも、ももクロブレイクの功労者に対する物言いとしては、あまりに不躾な印象だ。

 しかも今回の生中継で、川上氏はもうひとつ、気になる発言を行っている。

「オレはね、オレはマネージャーにこだわりもってんだけど肩書き上はね、プロデューサーってなったんだ」

 これまで川上氏は“自分はプロデューサーではなくマネージャー”と繰り返し主張しては、裏方の一員であることを強調してきた。だが、『オールナイトニッポンR』(ニッポン放送)でパーソナリティを担当したり、昨年には著書『ももクロ流 5人へ伝えたこと5人から教わったこと』(日経BP社)を発売するなど、マネージャーの枠を超えた活動を展開。その態度はまるでつんく♂や秋元康と並ぶアイドルプロデューサーであるかのようで、そのことが「ヒャダインに嫉妬説」も流れる要因となっていた。今回は、いまごろになって正式に“プロデューサー”になったことを表明したわけだが、発表後は「アハハハハ、アーッハハハ」と声を上げながら満面の笑みを浮かべるなど、まんざらでもない様子だった。

 ももクロのプロデューサーは自分だ──そうした川上氏の“自負”は、最近、とみに目立つようになっていた。例をひとつ挙げれば、熱狂的なももクロファンとして知られる内閣参与・飯島勲氏が先月発売した著書『ひみつの教養 誰も教えてくれない仕事の基本』(プレジデント社)におさめられた飯島×川上×百田夏菜子の鼎談。そのなかで、川上氏はこんなことを言っている。

「芸能マネージャーとしてタレントの見せ方のお手本としていたのは小泉元総理のやり方なんです。裏方の人間として、どうやって表舞台に立つ人間を光らせるかという点で、飯島秘書官の仕事にはずっと憧れていました」

 飯島氏は小泉内閣で秘書官を務め、“小泉純一郎の黒幕”“小泉劇場の立役者”と呼ばれた人物。川上氏はそんな飯島氏のプロデュース能力に感服し、ももクロにその手法を応用したと言っているわけだ。この言葉からは、川上氏自身がいかにも“ももクロの仕掛け人はオレだ”と自信をもっていることが如実に伝わってくる。

 もちろん、川上氏とメンバーの信頼関係が厚いことは疑いようもない事実ではある。川上氏がいなければ、今日までももクロは長続きしなかったかもしれない。だが、かといって“仕掛け人”と呼べるほどの実力が川上氏にあるのかは、大いに疑問だ。

 たとえば、ももクロの魅力のひとつとしてよく語られることに、川上氏によるメンバーへのむちゃぶりや唐突なサプライズ演出がある。これは川上氏のプロレス的発想がもとにあるといわれ、本人も「(むちゃぶりを行うのは)対応力の高いタレントになってほしいからなんです」(前出『ももクロ流』)と述べている。が、そもそもこうした演出は、『ASAYAN』(テレビ東京系)でモーニング娘。がすでに実践していた手法。ももクロよりデビューの早いAKB48もこの方法を取り入れ、カフェでバイトしていた篠田麻里子をメンバーに抜擢するといったサプライズを初期から行っている。ももクロが最初にはじめたことでもなければ、物珍しい話でもない。

 また、結成当初に使われていた「いま、会えるアイドル」というキャッチフレーズも、川上氏本人も認めているようにAKBの「会いに行けるアイドル」からの影響。ライブ前に「OVERTURE」を流すのも同様だ。

 では、ももクロの革新性とは何だったのかといえば、ももクロのいちばんの魅力として挙げられる“全力性”だろう。豪快に全力で踊り、下手でも必死に歌う。そうした、これまでのアイドルらしからぬ姿があったから、女性ファンの獲得や箱押し率の高さを誇ることができたはずだ。しかし、これもまた川上氏の手腕によるものではない。ももクロの全力性は、ヒャダインが作詞・曲・編曲を手がけた「行くぜっ!怪盗少女」が引き出したものだからだ。

 グループやメンバーの個性を打ち出した歌詞と、キャッチーでお祭り感にあふれたメロディ。この歌があがってきたからこそ、振り付けも衣装も突飛で豪快なものとなり、メンバー自身も振り切ることができた。実際、メンバーも「『怪盗少女』から曲もガラって変わったし、その曲があったからこそ、いまのももクロのダンスっていうものも付いた」(百田)、「いまのももクロがあるのは前山田さんのおかげなんじゃないかって、初めてのことに気付かせてくれた存在」(高城れに)とテレビ番組のインタビューで語っている。──モー娘。が国民的アイドルへと駆け上がった「LOVEマシーン」のように、ももクロにとっては「行くぜっ!怪盗少女」の存在はそれほどに大きかったのだ。

 だが、当然ながらヒャダインの力だけで、ももクロが国立競技場を満員にするほどのアイドルグループになったわけでもない。彼女たちが本来もっていたアイドル性──しかも処女性や性的魅力を売りにするような女性性から解放された自由で新しい形の──と“全力感”がうまく融合したために人気を獲得できたのだ。

 川上氏の“プロデュース”は結局つんく♂や秋元の二番煎じでしかなく、ここまでのグループに成長したのはメンバーの資質と出会いによるものに過ぎない──。じつはこの図式、川上氏が手本にした飯島氏にもあてはまる。飯島氏は架空の抵抗勢力をつくり上げて小泉をヒーローに祭り上げたことや、刺激的な短い言葉で観衆の思考を停止させる「サウンドバイト」を小泉に取り入れさせたことなどが革新的な政治手法だともてはやされたが、これらは飯島氏による発案などではなく、小泉自身の戦略、あるいは天然さから生まれたもの。飯島氏が行ったことといえば、自分がいかに策士であるかというイメージをマスコミに流布させただけだ。

 自分が有名になったのはあくまで本人たちの才能や資質であるにもかかわらず、あたかも自らの功績かのように語る。……坊主頭や恰幅のよさという表面上の共通点も多い川上氏と飯島氏だが、パーソナリティのほうもどうやら似ているらしい。

 それにしても、小泉の政治手法を無批判に称賛し、模倣してました!と嬉々として尻尾を振る川上氏には、呆れるほかない。

 しかし、この態度こそ、川上マネ改め川上“プロデューサー”の戦略というものなのだろう。事実、飯島氏は鼎談の最後に「東京オリンピックの開会式、ももクロでできたら面白いんだけどなぁ」と語っているからだ。

 権力にすり寄って国家プロジェクトに参加しようとする……こういう秋元康みたいな作戦って、ももクロファンがもっとも嫌悪することであるような気もするのだが。
(大方 草)

最終更新:2015.05.15 04:12

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ももクロ川上マネージャーとヒャダイン確執の真相 ももクロの本当の仕掛人は誰?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ももいろクローバーZプロデュース大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍内閣大臣と暴力団の密接交際発覚も不問状況にほっしゃん。が
2 千葉の復旧遅れ テレビで政府の責任追及がタブーに! 坂上忍も羽鳥慎一も
3 『ミヤネ屋』でフェイク 文在寅攻撃の急先鋒・武藤元韓国大使の正体!
4 元AKB48大島麻衣の“嫌韓ネトウヨ”への反論がカッコいい
5 東山紀之が『旅サラダ』で菅官房長官の名前出し神田正輝も最敬礼
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 産経新聞が社員の1割をリストラ
8 テレ朝『ワイド!スクランブル』が「旭日旗」の極右デマ拡散
9 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
11 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
12 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
13 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
14 原発事故前に安倍が地震対策拒否
15 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
16 停電続く千葉台風被害を放置し続ける安倍政権の冷酷
17 玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本はやっぱり嫌韓本
18 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
20 伊藤詩織さんをカルバン・クライン出演に称賛の声! 
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄