「最近のテレビは何もいえない」ビートたけしがテレビの自主規制を暴露し大批判!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takeshi_150428.jpg
テレビの自主規制に憤るビートたけしだが……(映画『龍三と七人の子分たち』公式サイトより)


 報道局を圧力文書で脅し、コメンテーターの発言にイチャモンをつけ、気に入らない番組を作ったテレビ局を呼びつける。安倍政権のメディア、とくにテレビに対する圧力が日に日に強まっている。一方、テレビの側も対抗する気などさらさらなく、権力のいうがまま、完全に骨抜きにされている。

 しかも、テレビ局の関係者やコメンテーターたちはこんな状況におかれながら、「圧力なんてない」「これをしゃべったらダメといわれたことはない」などと口をそろえ、自分たちの弱腰ぶり、政権との癒着をひた隠しにする始末だ。

 ところが、そんななか、ある大物芸人がテレビの圧力、自主規制の存在を暴露し、批判した。

「最近、テレビじゃ何も面白い事がいえなくてムカムカしてるんだ」

 現在、発売中の「SAPIO」(小学館)5月号が「誰がテレビを殺したのか」という大特集を組んでいるのだが、そのトップバッターとして、あのビートたけしが登場し、吠えているのだ。

 たけしにとって、現在のテレビ局の抱える一番の問題は“自主規制”だという。

「オイラも昔のように言いたい放題できなくなっているね。政治的な内容どころか、下ネタやカツラまで、ありとあらゆる分野で『アレは言っちゃダメ』『これもダメ』って先回りして注意されちゃう」
「実はガンガン喋ってたって、放送ではカットされちまうんだよな」

 たけしは生放送の情報番組『情報7days ニュースキャスター』(TBS系)に出演しているが、ここでもヤバい話をしようとすると、司会の安住紳一郎にすかさず話題を変えられてしまう、と暴露している。

 実際、同番組や『TVタックル』(テレビ朝日系)を見ていると、何かを言おうとして言葉をのみ込んだり、やる気なさげにスルーしているたけしの姿をしばしば見かける。

「それでも業界じゃ『たけしルール』ってのがあるっていわれてるんだぜ。他のタレントじゃ『完全にアウト』で大問題になっちまいかねない内容でも、オイラの発言だったら、なぜかセーフになっちまうということでさ」

 そのたけしでさえこんな状況にあるということは、他の出演者への圧力、自主規制がいかに強いか、という証明だろう。

 ちなみに、たけしはこうしたテレビの自主規制はネットの影響が大きいとその持論を展開している。

「ネット社会では、番組へのクレームが直接スポンサーにいってしまうから、テレビ局が萎縮してしまうんだよ。『お前の会社が提供している番組はこんなふざけたことを言っていたぞ!』と企業に直接苦情を入れたり、『不買運動を興せ!』とネット上でけしかけたりするヤツが出てきた」

 たしかに、たけしの言うネットとテレビ、そしてスポンサーの関係は、そのまま安倍政権の関係に置き換えることもできる。番組で少しでも政権批判をすれば、ネトウヨや安倍親衛隊のネトサポが「売国奴」「在日」などといきり立ち、官邸に通報する。そして、安倍首相と官邸は、我が意を得たとばかりにテレビ局に圧力をかける――。そんな状況にテレビ局は恐怖し、何も言えなくなっているのだ。

 実際、たけしの言葉の端々には、政治問題を扱う際の圧力や萎縮、自主規制に対する大きなストレスと憤りを持っていることも垣間みえる。そしてこんなエピソードを語る。

「正直にいえば、もっとガンガン毒舌を披露してやりたいってフラストレーションはあるんだよ。それもあって去年12月の衆院選当日は、ニコニコ生放送の開票特番に出てやったんだよな」

「何でも喋っていい」と言われたたけしは、そこでこれまでの鬱憤をはらすように政治について語ったという。「当選した議員に学力テストして、もう一回ふるいにかけろ」「“こいつを落とせ”ってヤツを選ぶ弾劾選挙をやるべきだ」と。

 だが、今のテレビではたけしもこういった政治的発言は絶対にできない。いったいなぜこうなってしまったのか。

 たけしはネットのせいだというが、第一義的な原因は、ひたすらもめ事をさけ、萎縮と自主規制を繰り返すテレビ局の弱腰体質にある。たけしも今のテレビは「思考停止」状態で、「反骨心さえ感じられない」というが、彼らはもはや、自分たちの既得権益と高給を守ることしか考えていないのだ。

 しかも、それはこうやって一見、過激そうな発言をしているたけしも同様だろう。現実には、たけしもテレビで政権や世の中の空気にあらがうような発言は一切していないし、このインタビューでも、直接的に官邸の圧力を語ることはできなかった。

「最近のテレビじゃ何もいえなくてムカムカしてる」と言うなら、生放送の『ニュースキャスター』で古賀茂明ばりの爆弾発言でもしてほしいものだが、まあ、そのテレビ局から巨額のギャラを受け取り、トヨタのCMにまで出ている今のたけしには絶対に無理だろう……。
(林グンマ)

最終更新:2017.12.23 07:16

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

「最近のテレビは何もいえない」ビートたけしがテレビの自主規制を暴露し大批判!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨビートたけし林グンマ規制の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
2 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
3 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
4 止まらない岡田晴恵バッシング!「週刊新潮」が「予言外れた」と的外れ批判
5 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
6 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
7 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
8 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
9 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
10 靖国神社が天皇に参拝を要請する前代未聞の傲慢行動
11 区立中学の性教育に自民党が圧力!
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
14 倒産したジャパンライフと安倍側近
15 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
16 香港の国家安全法制報道で安倍応援団の「デマ認定」フェイクに本田圭佑が
17 乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!
18 休みも残業代も0!美容師のブラック労働
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
1 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
2 菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
3 菅官房長官のトークのポンコツぶりが話題に!
4 安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5 つるの剛士が畑泥棒を「近くの工場で働いてる外国人」「あそこ怪しすぎる」
6 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
8 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
9 菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
10 菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
11 総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
12 大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
13 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14 台風を理由にテレビ討論欠席も菅官房長官は“災害対応おざなり”の常習犯!
15 小泉今日子が怒りの反論「共産党から出馬」ガセ情報は内調の仕掛けか
16 菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
17 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
18 三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
19 日産への政府保証1300億円は「半沢直樹」のモデル日本航空の倍!
20 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄