なぜ?20代女子に蔓延する“専業主婦幻想”その実態はリスクだらけ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sengyousyuhu_150108.jpg
『専業主婦になりたい女たち』(白河桃子/ポプラ社)

「女性の活用」と言いながら、衆議院の解散で「女性活躍推進法案」をあっさり廃案にした安倍晋三首相。もともと本気でやる気などないことは、第二次安倍内閣の側近や閣僚の発言(詳しくは過去記事参照)を紐解けば必然だったが、その一方で女性の貧困の深刻化など、問題は何ひとつ解決されないままだ。

 経済成長のためには女性の雇用の拡大が必要と言われるなか、しかし20代女性たちは逆をいく。「夢は専業主婦」、そう答える20代女性が増えているのだ。たとえば、2012年の博報堂生活総合研究所の調査によれば、20代女性の3人に1人が専業主婦になりたいと回答。だが、なぜこの時代に彼女たちは専業主婦を望むのだろうか。

 先日発売された『専業主婦になりたい女たち』(白河桃子/ポプラ社)によれば、専業主婦願望の強さの前提としてあるのは、「働くことは当たり前」と感じている女性の少なさだ。

 まず、女子大生でいえば、将来の志向は〈バリバリ働きたい女性が2割、専業主婦志望2割、6割が中間のモヤモヤ女子〉となるらしい。そもそも働きたいという強い欲求がないようなのだが、それは〈女子大生たちの多くが5歳児のときには「専業主婦」の母親に育てられているから〉だという。

 女性のなかには、小さいときから母親に「女性も経済的に自立しなさい」と言われた経験がある人も多いだろう。ただ、この経験をもつのはアラフォー世代(団塊ジュニア世代)まで。アラフォー世代の母親たち(団塊の世代からその上)は、「働く選択肢がなかった」世代だからだ。仕事をつづけたくても専業主婦になるしかなかった……その“恨み”が娘世代への「働く女性になってほしい」という期待になっていたのだ。

 一方、現在の20代女性の母親たちは、第一次男女雇用機会均等法世代(バブル世代)である。彼女たちは「働くという選択肢もあったけれど、選んで家庭に入った」世代であり、自ら選んだという専業主婦への肯定感をもっている。しかも、同時に〈独身のまま働き続けたバリキャリの同級生〉も知っているため、「そんな仕事につくと結婚できなくなる」「残業が大変な総合職よりも事務職のほうがいい」と娘にも助言しがちだ。この状況に、著者は〈あなたの娘はもう、お父さんのような養える男性には出会えません〉というが、これはもっともな指摘だろう。

 ここで、「そもそも専業主婦志望が2割なら少ないのでは?」と思う人もいるかと思うが、じつはこれにはカラクリがある。たしかに、「最初から専業主婦」を希望する女子大生は少ない(都内中堅女子大で20%、早稲田で5%)のだが、“30歳ぐらいまでは仕事し、子どもができたらその後は家庭に入る”という〈隠れ専業主婦志向〉が多いのだ。こうした“一度仕事を辞める”ライフプランを描く学生は、早稲田で28%、女子大では44%にものぼるという。

 どうして就職もする前から“一度仕事を辞める”ことを想定しているのか。そこには、たとえバリキャリになっても子育てと両立できない現実を、彼女たちはすでによく知っているからだろう。さらにもうひとつ、社会の〈「子育て」プレッシャー〉が絡んでくる。「子育てはしっかりと」という厳しい目が女性である母親にだけ注がれている現状が、彼女たちの「子どもはきちんと育てたい」という思いの裏側にはある。

 このような専業主婦志望の女性たちを、同世代の男性たちはどのように見るのか。本書におさめられた“数年以内には年収600万円以上は見込める”20代男性たちの座談会では、「妻が専業主婦になってもOKか?」の質問に、「俺は全然OK!」「僕も別にOK」「俺はOKどころか、むしろ歓迎かも。妻の年収がゼロでも気にしない!」と、余裕の回答。

 しかし、「年収600万円あったら専業主婦になりたい」という女性の声を伝えると、それまでのウェルカムムードは一変する。「OK」と言っていた男性も「(600万円稼げたとしても)専業主婦は勘弁」と言い出すのだ。しかも、「ハートが弱いから自分より稼がないで」「転勤になったらついてきて」「でも自分より早く帰って子育てもできる程度にゆるく働いて」という条件まで付け出す始末。……結局は、「専業主婦を養う自分」というのはかっこいいと思いつつも、しょせんはファンタジーに過ぎないために現実を突きつけられると怖気づくのだろう。なかには「400万から500万円稼いでほしい」と言う人もいるが、そんな金額をゆるく稼げたら世話はない。だからこそ、白河氏は〈現実味のない「専業主婦でOK」「俺が養う」という言葉に惑わされないで、安易に仕事を辞めないで〉〈いざとなったら男子たちは、「無理。やっていけないから働いて」と言い、「でも俺より早く帰れて育児に支障のない働き方をしてね」と言い出しますから!〉と訴えている。そもそも、〈年収600万円以上の独身男性はわずか100人に5人。400万円以上でも4人にひとり〉の時代であることを忘れてはいけない。

 それでも、「いつか養ってくれる人と結婚する」と信じてやまない20代女性たちに知っておいてほしいことは、まだある。それは、専業主婦の再就職は厳しく、〈4人にひとりしか正社員には戻れない〉という現実である。それだけでなく、〈結婚していて、一度仕事を辞め再就職した女性で、年収300万以上になる人はわずか1割〉なのだ。

 実際、本書ではそうした厳しい現実に直面している“専業主婦”たちの現状も紹介している。専業主婦に憧れて結婚後しばらくして家庭に入り、年収800万円の夫の給料で悠々自適なプチセレブ生活を送っていたものの、不況で年収が半分にまで落ち、ローン返済とパートに追われる女性。妊娠を機に退職したものの、突然「気が合わない」という理由で離婚したいと宣言された女性。はたまた、ピーク時には年収2000万円もある夫ながら、浪費癖と子育てにまったく協力しないことから離婚を決意、再就職を望むも子どもがネックで採用されず、いまは清掃の仕事をしているという女性。……一度は夫に養ってもらえても、夫はリストラされるかもしれないし、第一、浮気をして離婚を切り出されるかもしれないのだ。

 いま、「女性の貧困」が大きな問題になっているが、この原因も〈「女性はやがて専業主婦になるもの=養ってくれる人がいる」ことが前提という日本の社会保障や仕事のあり方〉が根底にある。こんな世の中だからこそ専業主婦という“高嶺の花”を目指すのかもしれないが、そこには大きなリスクがあることを、よく覚えていてほしい。
(田岡 尼)

最終更新:2018.10.18 03:14

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

専業主婦になりたい女たち (ポプラ新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

なぜ?20代女子に蔓延する“専業主婦幻想”その実態はリスクだらけ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。主婦安倍内閣就活田岡 尼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
5 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
6 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
9 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
10 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
11 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
12 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14 黒人差別問題でK-POPファンが差別主義者を撃退!
15 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
16 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
17 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
18 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
19 中谷美紀が日本の男尊女卑、安倍政権の女性政策に苦言
20 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
1 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
8 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
9 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11 河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
15 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄