水原希子「股間写真」で大炎上! アート&サブカル女優はなぜ叩かれるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mizuharakiko_141221.jpg
水原希子Instagram「i_am_kiko」より


「下品」「気持ち悪い」「ありえない。載せていいのといけないのの区別つかない?」

 先日、女優でモデルの水原希子がインスタグラムに投稿した画像を巡って、炎上騒動が起こった。水原が投稿した画像は、白い下着を身につけた女性の股間がアップで、中心部分に虹のような光が帯びている写真。これが冒頭に紹介したような批判を浴びる原因となったのだ。

 だが、そもそも水原自身もTwitter上でコメントしているように、股間写真はLina scheyniusというスウェーデンの新進女性写真家の作品。さらに、〈エロティシズムとアートを下品と勘違いさせている方が多いと思います。これはアートです。コンビニに並んでいるエロ本は下品です。どちらが正しいとは思いません。どちらも異なる良さがあると思います。ただそれを一纏めに下品だと判断しないで欲しい〉と説明を行っている。それでも、ネット上の一部では「アートかエロかは関係ない」「女優がアップする写真じゃない」といったような意見があがっている。

 自分の好きな作品を紹介しただけで炎上する──。なんとせせこましい世の中になってしまったのだろうかとため息が出る事態だ。これがネット普及以前の話で、カルチャー誌あたりで行われていたなら批判なんて挙がることはなかっただろう。他人の趣味を理解しようとも思わない、自分の閉じた世界で物事を判断し、それ以外は許容しない“タコツボ化”が招いた悲劇。そうまとめることもできるが、たとえば今回水原がアップした画像が、アート作品ではなくたんなるエロだったとしても、一体何の問題があっただろうか。それが好きだ、表現としてすばらしい。そういった感情をエロのなかに見出し、公表することは、とやかく叩かれるようなことなのか。

 じつは水原は11月に投稿した“鼻ピアス”の画像もネット上で話題となっていた。鼻ピアスだけでバッシングを受ける世の中……そこから見えてくるのは、いま、若手女優がいかに純粋性が求められているかということだろう。実際、ネット上で人気の高い新垣結衣や堀北真希といった女優たちは、じつに模範的な優等生タイプだ。

 逆に、女優がアートやサブカルチャーに興味をもち、少しでも大人っぽい行動や尖った言動をするだけで、すぐに叩かれる。

 たとえば、橋本愛は夜、映画を観るために新宿・歌舞伎町を歩いていただけで「徘徊」「奇行」と批判され、ブログに好きな映画や本のことを書いただけで「サブカル中2」「男の影響だろ」という中傷にさらされた。

 成海璃子はつきあっている彼氏とフライデーされた際、彼氏がいたことよりもハイライトを吸っていたことに批判が集中した。すでに成人だったにもかかわらず、だ。

 また、あの能年玲奈でさえも写真集でちょっと尖った格好をしただけで「こんな能年ちゃんは見たくない」「サブカル臭がして嫌だ」と批判が殺到した。

 一体いつから、芸能人はこういう矯風会的な道徳主義を強制されるようになってしまったのだろう。いや、最近のそれは道徳主義をはるかに超えて、女性が意志や趣味をもつことそのものを許さない封建思想のにおいすらする。おそらく、これは性に対する保守化=処女厨の増加ということに加えて、同調圧力が強まっている社会の反映でもある。

 ただ、救いは、ネットで処女厨がどう騒ぎ立てようとも、彼女たち自身がそれを意に介さず、自分の意志と自分の好きなものを貫く姿勢を見せていることだ。橋本愛は、炎上の後も堂々とロマンポルノにはまっていることをインスタグラムにアップした。

 おそらく、水原も同様だろう。水原は以前、「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン/10年12月号)のインタビューでも、このように力強く答えている。

「“カワイイ”だけでは終わりたくないんです」「型にはまらない自分だからできることに挑戦したい」

 ただかわいいとチヤホヤされたいなら黙っていればいいことくらい、水原も十分理解しているだろう。「女優はこうあるべき」という規範は、ひいては女性全体に向けられる視線でもある。それに抗おうとする彼女を、全力で支持したい。
(本田コッペ)

最終更新:2014.12.21 11:46

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

水原希子フォトブック KIKO

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

水原希子「股間写真」で大炎上! アート&サブカル女優はなぜ叩かれるのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。写真本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
2 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
3 ネトウヨ落語家・桂春蝶が不倫相手にDV
4 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
5 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
6 安倍晋三前首相会見で馬脚!“桜”原資はポケットマネーで疑惑再燃
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 安倍改造内閣に田崎スシローも「これまでで一番出来が悪い」
9 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
10 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
12 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
13 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
14 小池都知事の都知事選! 感染者増加の原因はすべて「夜の街」のせいに
15 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
16 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
17 ノーベル賞科学者が安倍戦争政策にNO
18 川島なお美が近藤誠の診断を告発
19 安倍首相が国会で嘘の上塗り! ポケットマネーによる裏金疑惑も浮上
20 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
1 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
3 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
4 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
5 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
6 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
7 五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
8 南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
9 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
10 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
11 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
12 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
14 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
15 五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
16 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
17 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄