「エボラ上陸騒動」で感染疑いのジャーナリストを叩く安倍支持者の幼児性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ebora_01_141029.jpg
各誌10月28日東京朝刊の切り抜き(左から産経、朝日、毎日、東京新聞)


 日本人の正義は完全に変わってしまったのかもしれない。「エボラ日本上陸か」の第一報以降、エボラ感染を疑われた男性へのバッシングを見ていて、つくづくそう感じた。

「まじで西アフリカからとか帰って来ないで欲しい。」
「なんでわざわざこんな危険なところに行くんだよ! クソが」
「ほとぼりさめるまで帰ってくんな」
「ついにエボラか…だから鎖国しろって言ったんだ」

 自国のこと以外一切考えず、自分の今いる場所が世界とつながっているという意識もない。自分たちとちがう価値観で外の世界を知ろうとする者を異物扱いしてヒステリックに叩く。まさに“島国根性”丸出し。

 しかも、ネットユーザーたちはこの男性がジャーナリストだと知って、さらにバッシングを激化させる。

「ジャーナリストって害しかもたらさない」
「真実を伝えるとかいって、国民に迷惑をかけてるんじゃねえぞ」
「自分が巻き込まれて、税金使って助け出されたり、日本中を危険に晒したりしてりゃ世話ないわ」 
 
 連中は普段、自分たちがああだこうだと勝手なコメントをタレ流しているニュースの大元の情報がどうやってもたらされているかもわからなくなっているようだ。本当に新しい情報はネットをいくら眺めていても得られない。ジャーナリストが世界のさまざまな場所、事件が勃発している現地に出かけて取材をすることで、はじめて知ることができる。当然、そこには銃撃戦に巻き込まれたり、人質としてとらえられたり、伝染病に感染したり、法を犯して拘束されるリスクもつきまとう。しかし、それでも取材の自由を認め、取材活動で危機に陥った場合は国家がジャーナリストを救い、助ける。それが民主主義国家であり、「知る権利」を保護するということなのだ。

 考えてみればいい。もし西アフリカが危険地帯だから一切行くなとなったら、そこにいる人たちは誰が助け、そこで起きている危険を誰が我々に伝えるのか? それこそ、医師やジャーナリストが危険を冒して活動しているからこそ、遠くの国に住む我々にエボラの危険性が伝わってくるんじゃないのか。

 それとも、そういう活動はアメリカ人にでもまかせておけ、日本人は一歩たりとも海外に行くなとでもいうつもりなのか。

 彼らは普段、「自分の国は自分で守れ」とか「日本人の誇り」とか勇ましいことをいっているんじゃなかったのか。それが、いざほんとうに自分が巻き込まれそうになると、ヒステリックに「迷惑かけんな」とわめき立てる。こういうネットの論調を見ていると、その口にのぼっているナショナリズムが、実は強い国家に自分を守ってほしいという幼児的な保護願望でしかないことがよくわかる。

 そういえば、今回のエボラ騒動では、幼児的なパラサイトナショナリズムの典型である安倍首相支持者たちも大活躍していた。

 産経新聞がこのジャーナリストが「日系カナダ人」であると報道してから、ネトウヨが「ニューヨークタイムズ」のノリミツオオニシ記者ではないかという噂を流布。オオニシ記者が2007年に安倍首相の批判や従軍慰安婦問題の記事を書いていたことを結びつけ、凄まじいバッシングを展開しているのだ。

 オオニシ記者が「在日」であるというお決まりのヘイトスピーチはもちろん、「体の不調はないとウソの申告をしてサーモグラフィで発熱がバレた」「エボラ感染者と接触ないと申告したが、実際は患者の取材をしていた」といったデマを垂れ流し、「どこまで日本に迷惑かけるんだ」「反日の人間を国外追放しろ」、あげくは「反日NYTが送り込んだテロだ」と攻撃する。偶発的な事態と政治的なイデオロギーの区別がつかなくなっているのである。

 しかも、こういうことをいっているのはそのへんの頭の悪いネトウヨだけではない。オオニシ記者がジャカルタでの日本軍による従軍慰安婦連行を報道したことに対して「もし末端の兵士の強姦事件に日本政府が70年後も責任を負うなら、オオニシが日本にエボラウイルスをばらまいたら、NYTは70年後も賠償しなければならない」などとむちゃくちゃな論理を口にしている池田信夫はじめ、保守論客、保守メディアの間でも、オオニシ記者の慰安婦報道のスタンスとエボラ取材を強引に結びつける論調が出てきている。

 この記者がオオニシ氏かどうかは現在のところまだ確定していないが、仮にオオニシ氏でなかったとしても、ネトウヨや安倍首相支持者が、エボラの取材にリベリアに出かけようとするジャーナリストにヒステリーを起こす構造は変わっていなかっただろう。

 世界で起きていることをこの目で見て取材し、自分ごととしてとらえようとする人間と、一国の、自分たちに都合のいい価値観だけにしがみつき、別の視点からの意見を「反日」「売国奴」として排除しようとする政権やその支持者は、完全に対極の関係にあるからだ。
 
 そして残念ながら、この国では後者の意見が圧倒的な正義として流通し始めている。

「祖国が甘美だと思う人はいまだくちばしが黄色いものにすぎない。そして、すべての土地が祖国であると思える人は力強い人だ。しかし、全世界が流謫の地であるという人こそ完全な人である」

 これはエドワード・サイードも引用したフーゴーの『ディダスカリコン』の一節だが、この言にならえば、日本は「くちばしの黄色い」幼児的な正義に支配されつつあるということだろう。
(エンジョウトメ) 

最終更新:2015.01.19 04:50

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

「エボラ上陸騒動」で感染疑いのジャーナリストを叩く安倍支持者の幼児性のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。エンジョウトメネトウヨマスコミの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
2 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
3 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
4 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
5 「拝謁記」昭和天皇は「反省」していたか 改憲再軍備、沖縄切り捨ても
6 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
7 『なつぞら』が宮崎駿・高畑勲も闘った「東映動画・労使紛争」を矮小化
8 「あおり運転」警察の過剰捜査とワイドショーの異常報道
9 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
10 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
13 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
14 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
15 山本太郎が安倍の対韓国強硬姿勢を「小学生並み」と批判した理由
16 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
17 安倍イラン訪問でNHK岩田明子記者がまた安倍フェイクPR
18 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
19 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
20 陸上・朝原宣治がスポーツの政治利用に危機感
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄