GREE社長が交際相手と中絶めぐり裁判!「避妊せずに」vs「信用できない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
gree_01_140912.jpg
『僕が六本木に会社をつくるまで』(KKベストセラーズ)/pre>

 ソーシャルゲーム事業やソーシャルメディア事業等を手がける、グリー株式会社(GREE)の代表取締役、田中良和氏が、都内に住む20代女性から「中絶させられた」と3000万円の損害賠償を求める訴訟を起こされている。

 グリー株式会社は楽天の社員だった田中氏が2004年2月、趣味でサイトを立ち上げことから始まった。サーバ費用も自身でまかない、作業は休日や終業後に行いながら、ソーシャルネットワーキングサイト「GREE」を運営し、ユーザーを拡大。同年11月にはグリー株式会社を設立した。その後『探検ドリランド』などの人気ソーシャルゲームを量産するが、2012年に勃発した「コンプガチャ問題」のあおりをうけ、業績不振に。今年5月からはブランド品買取サイト「uttoku by GREE」のオープンや、6月にはホテル予約アプリ「Tonight」のリリース、8月にはベビーシッターのマッチングサイト「スマートシッター」立ち上げなど、これまでとは毛色の違う新規事業を立ち上げているが、いずれも業績回復には結びついていないのが現状だ。また「Tonight」に至ってはリリースからわずか3ヶ月後の9月3日にサービスが終了している。

 業績回復にむけてもがく中での訴訟騒ぎ。しかも内容は「中絶」と穏やかではない。田中氏は、いまや1800人以上の従業員を抱える企業の代表であり、そんな訴訟沙汰なんて起こすだろうか。そんな疑問が沸いていたところ、9月8日に東京地裁で本人尋問が開かれるとの情報を聞きつけ、傍聴に向かった。原告と被告双方の言い分を聞くチャンスである。

 しかし法廷に被告である田中氏は現れなかった。代理人弁護士によれば「業務の都合上」とのこと。原告である20代女性に対しての尋問のみが行われることとなったが、女性が語ったのは、かつて田中氏と交際していた過去、そして中絶に至る経緯であった。

 女性は目元のパッチリしたあどけない表情の美人。白いブラウスに黒いタイトスカート、黒のフラットパンプスに淡い紫色のタオルハンカチを持ち、証言台の前に座る。時折涙ぐみ、ハンカチを目元にあて、声を詰まらせながら、小さな声でたどたどしく当時の様子を語った。

 訴状や準備書面によれば、ふたりは平成22年9月、あるパーティで知り合い、その翌年である平成23年に交際を始めた。女性が妊娠したことを田中氏に告げたのは平成24年11月。「被告から避妊しない性行為を求められた」結果だったと女性は主張している。

 交際がスタートする時期、女性は住み込みで働いていた会社を辞めたため、住むところに困っていたところ、田中氏から「借りているホテルがあるから、もしよかったらそこに来れば?」と言われて住むようになったという。さらにその後、田中氏が借りた港区高輪の物件に引っ越しをした。ここには田中氏が生活用品も全て揃えて女性を住まわせたと女性は述べている。

「ちっちゃな食器や、お箸とか…全て揃えてくれていました。すごく嬉しかったです」

 そして肝心の「避妊しない性行為」に応じた理由をこう述べた。

「やはり、好きだったのもありますし、長く一緒にいて、生活してきて、結婚を意識していました。朝起きて、田中さんが起きる前に、お風呂を入れて、起きたらコーヒーを淹れて……って、日々の生活リズム、できてたので、結婚って意識が出てきたので、ためらいはなかったです。避妊せずに、ってこと、受け入れたいな、と。
 田中さんの性格的に、厳しい人だし、あまり人を信用しない中で、一緒に過ごせてて、家族の話をしてくれたり、お互いくだらないことを言い合ったり……(泣き始める)。日々の生活の中で、結婚を…。そういう、普段人には見せないところ、そういうのからも、私に対して、少しは考えてくれているのかな、と感じていました」

 女性は妊娠した。それを電話で報告すると田中氏は「いまから出張があるから、また電話する」とあっさりとした反応。出張から戻り話し合いをしたが、

「妊娠した、って話して病院からもらった写真を見せたり……。でも田中さんは喜んでくれてないです。『誰のためにもならない』と。意味が分からなかったです。なので、どうして?っていうのを聞いても、納得できる回答はなく、ずっと『誰のためにもならない』としか言ってくれなかった」

 その後もメールや対面で話し合いを続けるが、田中氏は、30万円を女性の住む部屋の前に置いていった。

 代理人「メールや話で、これは何のお金と言われました?」
 女性「堕胎の金だ、と……」

 女性はその後堕胎した。田中氏と女性のサインのある同意書が、証拠として提出されている。また女性は話し合いの中で「2億円払って」と要求したともいう。田中氏からの当時のメールにはこうある。

「自分としてはすでに最低限のお金を渡した上で、何億円も要求されるのは、はっきり言って恐喝にも近い」

 女性はこう弁護する。

 女性「田中さんに……もういちど、産んでいい、って考えを変えてほしくて……」
 代理人「気持ちが変わらなくて、悲しくて、困らせたい気持ちもあったんじゃ?」
 女性「はい……。やっぱり田中さんは私の体を気遣ってくれる言葉もなく、淡々と、ちょっと冷たいメールを送ってきたりして、怒りが日増しに……」
 代理人「本当に2億取れると思ってた?」
 女性「いえ……」

 2人は『結婚』という二文字を実際に言葉に出して語り合ったことはないという。また女性は交際時「半同棲だった」というが、田中氏は書面において「善意で一時的に部屋を貸していただけ。訪問はしていたが、半同棲ではない」と素っ気ない。

 ここまでは原告である女性の代理人からの質問だったが、被告である田中氏の代理人からは、女性の生活状況などについてたたみかけるように質問が行われた。

 代理人「被告と付き合う当時、あなたは勤務していた会社のオフィス兼住宅に住んでいましたね。一般的ではないと思いますが社長は男性ですか、女性ですか?」
 女性「男性です」

 代理人「当時被告から仕事を問われた中で『社長にご飯を作ったり一緒に映画に行ったりするのが仕事』と言ったことはありますか?」
 女性「ありません」

 代理人「あなたの実家の父親は破産宣告を受けたことがありますね?」
 女性「…すごく前に……ちょっとそこは分からない……」

 代理人「学生のころはどんなバイトをしていましたか? 被告には『お金がなかったので池袋で水商売のバイトをしていた』と言ってなかったですか?」
 女性「いってないです」

 代理人「被告と付き合ってる時期に外泊があったり遅く帰ってきたことがありますね。妊娠の相談をしている中での被告からのメールには『散々注意しても、○ちゃん(原告)は夜遅くまで帰って来なかったり、時に外泊をしていたので、君の周りには様々な男がいると認識していましたし、それを理解した上での人間関係だと思っていました。些末なことですが、ルームサービスを頼まないでくれ、と言っても、隠れて頼み嘘をつき、払わせようとする、そういうところを取っても、信頼できないと思いました』とありますが?」
 女性「そのようなことを注意されたことはありません」
 代理人「では違うというなら反論していないのはなぜですか?」
 女性「妊娠していて……それに反論する気持ちにもならなかった…なんで、こんな、酷いことを言うんだろう、と…」

 田中氏が女性にあてたメールには「信頼できない」とある。ならばなぜ「避妊しないセックス」を女性に求めたのか。そもそも本当に求めたのか。その点は法廷で明かされることはなかった。この日、田中氏は出廷はしなかったが、書面などでは「30万円は、どんな選択をするにせよ一定の費用がかかると思ったから」置いたといい、「認知をしないと述べたことはないし、中絶しか選択の余地がないともう仕向けたこともない」と主張する。さらに「交際は順調ではなかったし、別の男との交際の可能性があると認識していたので、父親が誰なのかについて疑問がないでもなかった」とも。

 田中氏は2005年11月に『僕が六本木に会社をつくるまで』(KKベストセラーズ)という本を出している。株式会社を立ち上げイケイケの時期だ。

「そもそも、人生において最も大きなリスクというのは、挑戦してみたいことがあるのに、自分に言い訳をして、挑戦せずに一生を終えてしまうことだと僕は思う。」

 だが、今は当時と立場や社会的責任が違う。双方がここまで対立している以上、中絶トラブルの真相は不明だが、東証一部上場会社の社長としては別の対処の仕方もあった気がするのだが……。
(寺西京子)

最終更新:2014.09.12 05:56

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ソーシャルゲームだけがなぜ儲かるのか (PHPビジネス新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

GREE社長が交際相手と中絶めぐり裁判!「避妊せずに」vs「信用できない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中絶子ども寺西京子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
2 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
3 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
4 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
10 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
11 岡田斗司夫“ゲス”の秘密が著書に!
12 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
14 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
15 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
16 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
17 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
18 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
19 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
20 松尾スズキが“加トちゃん化”?
1 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10 河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄