東京五輪組織委は選手をコロナから守る気なし!“濃厚接触者との対戦拒否できず、拒否したら負け”のルールがこっそりできていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
東京五輪組織委は選手をコロナから守る気なし!濃厚接触者との対戦拒否できず、拒否したら負けのルールがこっそりできていたの画像1
サッカー対南ア戦でも…(東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイトより)


「安全安心」が聞いて呆れるずさんなコロナ対策が次々明らかになっている東京五輪だが、問題は、水際対策のザルぶりや選手村のバブル破綻だけではない。選手じたいが感染危機に晒されるような競技運営が平気でまかり通っている。

 その典型が、サッカー男子の日本代表と南アフリカ代表の試合の際に話題になった、濃厚接触者の競技参加問題だろう。

 たんに濃厚接触者が競技に参加できるというだけではない。なんと、対戦相手や一緒に競技に参加する選手は試合を拒否できず、拒否すると、濃厚接触者になった側ではなく、拒否した対戦相手の選手が不戦敗になるというのだ。

 濃厚接触者の扱いについては、競技開始6時間以内のPCR検査で陰性ならば出場できることになり、その方針自体に厳しい批判の声が出ていた。それはそうだろう。一般国民が濃厚接触者になった場合は、PCR検査で陰性でも2週間の不要不急の外出自粛、健康観察期間が要求される。それが、五輪の選手の場合は、レスリングや柔道などの密接に接触する競技をする場合も、検査で陰性なら、即、他人と試合ができるというのだ。この方針には、専門家からも懸念の声が出ていた。

 それでも、当初はこの濃厚接触者の競技参加について、一緒に出場する選手の了解を必要とするという案も出ていた。つまり、他の選手が「濃厚接触者と競技するのは嫌だ」と言えば、濃厚接触者が参加できなくなるというものだ。

 ところが、その後、プレイブックではこの条件が消え、「毎日のPCR検査で陰性」「保健当局の評価」「国際競技団体の同意」だけが記載された。

 濃厚接触者との競技を他の出場選手が拒否した場合はどうなるのか、気になっていたところ、バルセロナ五輪柔道女子銀メダリストで、現在、テコンドーフランス代表チームにスタッフとして参加している溝口紀子氏が21日放送の『報道1930』(BS-TBS)で、驚くべき事実を明かした。

 溝口氏は「濃厚接触者が増えてきますよね、この感じだと」としたうえで、こう語ったのだ。

「対戦するチームが濃厚接触者です。それで(対戦するのは)嫌です、と拒否した場合は、じつは拒否したほうが棄権、負けになっちゃいます」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

東京五輪組織委は選手をコロナから守る気なし!“濃厚接触者との対戦拒否できず、拒否したら負け”のルールがこっそりできていたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。しんぶん赤旗プレイブック新型コロナウイルス東京五輪東京五輪組織委員会溝口紀子田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ
2 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
3 橋下徹は石原慎太郎からも「ヒトラーに該当」と称賛されていた!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
6 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
7 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9 “コネクティングルーム不倫”和泉洋人元補佐官が大阪府・市の特別顧問に!
10 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
11 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
12 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
13 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
14 大阪ビル放火が起きても登庁せずコメントなし…松井市長のサボりぶりに批判
15 大阪がコロナ陽性者に葬式広告、吉村知事「東京より高齢化で死者が多い」も嘘【2021年】
16 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
17 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
18 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
19 NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
20 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
1NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
2若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
3東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
4吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
5Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
6維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ
7ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
8国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
9橋下徹は石原慎太郎からも「ヒトラーに該当」と称賛されていた!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄