ゴーン会見で問われた日本マスコミの姿勢! 安藤優子は仏メディアの質問に「ゴーンは私たちを検察の代弁者だと考えている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

安藤優子はフランスメディアの取材に「ゴーンは私たちを検察の代弁者だと考えている」

 しかし、それも当然かもしれない。なぜならほとんどの国内マスコミは、その検察の違法なリークに丸乗りして、検察に都合のいいストーリーを、まるで事実かのように垂れ流す共犯者だからだ。

 たとえばこの日の『グッディ』では、ベイルートの会見場の外で安藤優子がフランスメディアから取材される姿が放送されたのだが、「なぜ会見場から排除されたと思うか?」と質問されたのに対し、安藤はこう答えていた。

「ゴーンは、私たちのことを『検察の代弁者』(speaker of Japanese prosecutor)だと考えている」

 続けて「それは事実じゃない」「検察の代弁者ではない」「私たちはフェア」などと否定したのだが、いちおう安藤は少なくともそう批判されているという自覚はあるようだ。

 自覚の有無にかかわらず日本マスコミが「検察の代弁者」というのはまぎれもない事実だが、しかし、日本メディアが「検察の代弁者」になっているという問題について、そのあとスタジオで議論されることはなかった。もちろんこれは『グッディ』に限った話ではない。ゴーン氏は会見で、日本の司法制度や検察を批判するのと同時に、検察のリークに丸乗りして検察に都合のいいストーリーを垂れ流す日本メディアを「検察のプロパガンダ」と批判していた。しかし当のマスコミは、自覚的なのか無自覚なのかわからないが、検察のリーク(とそれを垂れ流すメディア)問題についてまったく議論すらしようとしない。

 日本の司法制度の非人権性については、ゴーン氏の会見以前から海外メディアに強く批判されている。にもかかわらず、この国のテレビマスコミは、会見でゴーン氏が司法批判を展開すると、逆ギレするかたちで「この犯罪者!」と罵る。ただ検察が垂れ流している情報を鵜呑みにして、「悪人ゴーンに法の鉄槌を」と吠えるだけで、検察による不当逮捕や国策捜査の可能性と危険性への視点がまったくないのだ。

 それは、このゴーン事件にかかわらず、日本のマスコミがいかに捜査当局にとって都合の良い存在かを意味している。当局のほうは、政権の意向を背景にして、大企業と手を取り合い、マスコミを動かせば、そんな無理筋でも“白”を“黒”にできると本気で思っているのだろう。一方、マスコミの使命は本来、こうした公権力の暴走を食い止める監視役であるはずだが、ゴーン氏関連の報じ方を見ていると、まったくそんな気概は感じられない。

 ゴーン事件によって日本司法の後進性と非人権性が国際社会に広く知れ渡った。森雅子法務大臣は、ゴーン氏の会見を受けて「潔白と言うのならば司法の場で堂々と無罪を証明すべき」と言い放ったが、実際には刑事裁判で立証責任を負うのは検察であり、被告が無罪を証明する必要はない。そんな当たり前のこともわかっていない人を法務大臣にしてしまう安倍政権のレベルには言葉を失うが、低レベルなのはマスコミも同じだ。

 中世並みとも評される非人道的な司法制度や不当な国策捜査を温存させているのは、このように権力の監視役という責務を放棄し当局の言い分を垂れ流すマスコミの責任が大きいことを、あらためて指摘しておきたい。

最終更新:2020.01.10 03:14

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ゴーン会見で問われた日本マスコミの姿勢! 安藤優子は仏メディアの質問に「ゴーンは私たちを検察の代弁者だと考えている」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。カルロス・ゴーンワイドショー安藤優子検察直撃LIVE グッディ!編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
2 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
3 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
4 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
8 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
9 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
10 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
11 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
12 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
13 NHKのおおさか維新出演に批判殺到
14 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
15 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16 安倍応援団が“森友学園”疑惑封じ!
17 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18 大村知事に杉田水脈や維新の松井・吉村が「表現の自由制限論」展開
19 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
20 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
3安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
11田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
12検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
13NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
14テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
16木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
17持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
18日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄