「国民の敵」罵倒の自衛隊三佐の弁明で明らかになった“クーデター”より恐ろしい事態! 自衛隊で進む“安倍私兵化”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

自衛隊を“私兵”として扱い始めた安倍首相、それに呼応する自衛隊

 見ての通り、電話口での「国民の敵との暴言を受けた」という小西氏の発言が、なぜか、三佐の供述からはすっぽりと抜け落ちている。繰り返すが、そこにいたる小西氏の他の発言については、こと細やかに供述しているにもかかわらずである。

 なお、防衛省は今回の調査のなかで小西氏に事情を一切聴いていないという。また、小西議員によれば、同省の調査担当者は豊田次官と武田人事教育局長に文書による報告を求めただけで、直接のヒアリングをせず、さらに〈「本日の調査報告書の発表の段階でも、両者による正式の文書報告が調査担当者に提出されていない」とのこと〉(小西氏のブログより)だという。

 まるで「お前は国民の敵だ」発言の存在を否定するため、その後に出てくる小西氏の「国民の敵だと暴言を受けた」という発言を“聞き取れなかったことにした”としか思えないではないか。これでは「あったことをなかったことにする組織ぐるみの隠蔽ではないか」(小西氏)との疑いが生じて当然だろう。

 しかし、この幹部自衛官の“記憶力”の都合のよさ以上に、唖然とさせられたのは、なんと言っても小西氏を罵倒した“動機”にある。三佐はこう供述している。

〈私はもともと、小西議員に対しては、総合的に政府・自衛隊が進めようとしている方向とは違う方向での対応が多いという全体的なイメージで小西議員をとらえていました。小西議員から会釈された際、私はあいさつを返すのもどうかと思ったし、最初に見たとき、一言思いを述べたいという気持ちが高まりました。そして、交差点で一緒になり、会釈された際に、私は小西議員へのイメージもある中、あいさつを返したくない気持ちもあり、無視をするのもどうかと思って、思わず「国のために働け」と聞こえるように、大きい声で言ってしまいました〉

 つまり、「政府・自衛隊が進めようとしている方向とは違う」という理由で小西議員に暴言をはいたといっているのだ。これは、この幹部自衛官が「政府」に反するとみなした者は、自国民であっても攻撃すべし、という思想をもっていることの証明だろう。そこには自衛隊が「国民を守るための組織」だという自覚は微塵もなく、むしろ「政府=安倍政権のための実力部隊」といわんばかりの姿勢が伝わってくる。

 しかも、こうした“安倍政権への忠誠”は、ほかでもない自衛隊の最高指揮官である安倍首相が求めてきたものだ。安倍首相は3年前、国会で自衛隊を「我が軍」と呼んだ。さらに、昨年3月の防衛大学校卒業式の訓示では、これから自衛官に任官しようという学生たちに向けてこう述べた。

「警戒監視や情報収集に当たる部隊は、私の目であり耳であります」
「つまり、最前線の現場にあって指揮をとる諸君と、最高指揮官である私との意思疎通の円滑さ、紐帯の強さが、我が国の安全に直結する。日本の国益につながっています」
「そして将来、諸君の中から最高指揮官たる内閣総理大臣の片腕となって、その重要な意思決定を支える人材が出てきてくれる日を楽しみにしています」

 まるで自衛隊が安倍首相の“私兵”であるかのような言い草だが、今回の自衛官の行動をみると、こうした安倍首相の自衛隊への姿勢に呼応したものとしか思えないのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「国民の敵」罵倒の自衛隊三佐の弁明で明らかになった“クーデター”より恐ろしい事態! 自衛隊で進む“安倍私兵化”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三小西洋之編集部自衛隊防衛省の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
2 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
3 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
4 グッディ!土田マジギレ真の原因
5 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
6 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
7 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
8 安倍首相にマッチョ批判
9 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
10 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
11 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
12 自民党・大西議員が原発でも言論弾圧
13 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
14 山本太郎を評価せよ!
15 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
16 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
18 自民党NHK受信料義務化の狙いは?
19 又吉も?厳しすぎる作家の金銭事情
20 自民党の圧力に「朝生」が屈服!
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
4指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
5 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
6ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
8高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
9『報ステ』がまた政権批判アナ排除
10安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
11 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
12安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
134人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
14 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
15参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
16酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
17NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
18五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
19百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは
20ピエール瀧「韓国紙幣で吸引」報道の差別扇動

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄