テレビがふれなかった清原のシャブ密売人“告白本”の中身! 清原の意外な素顔とマスコミ報道のえげつない裏側

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 もちろんこれはあくまで、Dが小林に語ったことで、事実かどうかはさだかではない。しかし、当時、Dはさまざまなメディアにネタを売り込んでいたようで、「週刊新潮」(新潮社)16年2月18日号でもDがその頃、編集部に「証言」の見返りとして、弁護士費用や薬物治療費用などの負担を求めてきたという話を書いている。

 しかし、こうした揺さぶりがあっても小林は清原を裏切ることはなく、その関係は変わらなかった。16年1月31日には、〈キャンプインを前に(中略)野球にかかわることができない悔しさ、もどかしさ、ふがいなさに苛まされていたに違いない〉清原から電話があり、翌日、群馬のコンビニで〈1グラムのパケと0.3グラムのパケ、注射器を2〜3本、自分が使っていたガラスパイプを渡し、清原さんから4万円を受け取った〉という。清原は群馬で泊まろうとしていたが、清原の彼女からの電話で清原は帰京することになる。

 そして、2月2日深夜、小林の元へ「清原、逮捕」の一報が入る。同時刻、『NEWS23』では清原が連行される様子が何度も流されていた。小林氏が逮捕されたのは同月15日、公判で清原への覚醒剤譲渡を認めた。

 今回、小林氏はなぜ告白本を出版したのか。直接本人にはインタビューできなかったが、代わりに担当編集者がこう代弁する。

「あれだけ世間を騒がせた事件にもかかわらず、清原氏は保釈後公の場に出ていないということもあり、当事者の言葉はほとんど世に出ていない状況です。小林氏は罪を認め判決を受け入れていますが、マスコミの報道は事実と異なる点も多くあったといいます。本書を通じて、少しでも事実を世に訴えたいと」

 しかし、小林氏の意図は、メディアによって再び捻じ曲げられてしまった。今回の告白本刊行を聞きつけたTV局各局が小林氏の元へ殺到し、冒頭のテレビ出演へと繋がった。しかし取材を仲介した編集者は、取材時の様子をこう明かす。

「小林氏は少しでも本の宣伝になれば、と思い取材を受けました。もちろん謝礼もなしです。小林氏は特に、『清原氏は“シャブの中毒”というほどではなかった』ということを強く主張していました。注射で覚せい剤を打ったのも、2015年9月のことで、量も報道されているほど多くはないと」

 だがオンエア内容はいずれも、“いかに清原が覚醒剤に溺れ、奇行が激しかったか。いかに依存から抜け出せないのか”といった清原バッシングを執拗に煽るようなものだった。

「実際には、小林氏が譲渡した頻度は月1回程度。群馬のラブホテル等で使用し、3日かけて体調を戻し、東京に戻っていたよう。これが覚醒剤に溺れている状態か否かは、素人の僕らでは判断しかねますが、テレビの論調とかけ離れたものであることはわかります」(前同)

 今さらテレビに真相追求を期待するつもりはないが、少なくとも、この本からは、「ヤバイ」と散々叩かれてきた清原よりも、清原に群がったマスコミや有象無象の人間たちの方にえげつなさを感じるのである。
(林グンマ)

最終更新:2016.11.09 11:09

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

テレビがふれなかった清原のシャブ密売人“告白本”の中身! 清原の意外な素顔とマスコミ報道のえげつない裏側のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。林グンマ野球の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 伊藤詩織氏がはすみとしこ氏を提訴!安倍親衛隊議員の責任
2 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
3 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
4 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
5 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
6 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
7 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
8 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 はすみとしこが詩織さんをイラスト攻撃
11 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
12 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
13 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
14 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
15 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
16 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 れいわ議員の介助費用に「税金遣うな」攻撃、対照的だった『とくダネ!』
19 山本太郎・れいわ代表が「モーニングショー」で吠えた
20 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
3維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
4自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
5自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
7橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
8コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
11安倍晋三に中国電力から原発マネーが 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄