ヲタ芸で合コンが阿鼻叫喚…アイドルヲタの濃すぎる青春に落涙!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
berryz_01_140802.jpg
画像はシングルCD「スッペシャル ジェネレ〜ション」(Berryz工房/ピッコロタウン)より

「ダサいくらいなんだよ! ダサいけど楽しいからやってたんだ!」とは、世のアイドルファンたちを感涙させた『あまちゃん』の名セリフ。しかし、いまやアイドルも、アイドルを好きなことも、さほどダサいことではない。アイドルについて語ることは、サブカル的嗜みのひとつにもなっている。

 それでも「アイドルはダサくて、でもそれがいい」。そんなことを思い出させてくれる、ある1冊の本がいま“アイドルファンのバイブル”として大きな話題になっている。バンド「神聖かまってちゃん」や「撃鉄」のマネージャーであり、自身もダブエレクトロバンド「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシストとして活動する劔樹人の自伝的コミックエッセイ『あの頃。 男子かしまし物語』(イースト・プレス)だ。

 というと、やっぱりサブカルじゃないかと思われるかもしれないが、実はこの『あの頃。』で描かれているのは、劔が主にハロヲタとして過ごした20代後半の“遅すぎる青春の日々”だ。「ハロヲタ」とは、モーニング娘。やBerryz工房をはじめとする、つんく♂プロデュースアイドル集団・ハロー!プロジェクトの“オタク”のこと。ある日、友人からもらったCD—Rに収録されていた松浦亜弥の動画を観て衝撃を受けた劔は、その日を境にハロプロにどっぷりハマってしまう。そして、あるイベントをきっかけにハロヲタ仲間と知り合い、切なくも楽しく狂おしいハロヲタ生活が始まるのだ……。

 このエッセイの舞台となる2000年代前半から後半にかけてはAKB48ブレイクの前で、「アイドルといえばハロプロ」という時期。アイドルオタクといえば「キモイ」「ロリコン」「変態」などと白い目を向けられていた。いわばまだアイドルオタクが市民権を得る前、アイドルがまだ本当にダサかったころの、アイドルオタクの濃すぎる生態が描かれている。

「キモイ」「ロリコン」「変態」などと白眼視される状況を、当然、ハロヲタたちもうれしく思っているわけではない。劔は、母校の大学祭でハロプロ関連の企画を任されたとき、「アイドルオタクに対する偏見をなくしてもらおう」ということで、普通の女子大生とハロヲタとの合コンをステージ上で行い、それを公開するというイベントを開催した。

 意外と観客も集まり、いい感じで盛り上がったイベントだったが、事件が起きたのはエンディングでのこと。「この曲でお別れしましょう」と、後藤真希の『スクランブル』という曲を流すと、一般客や大学生に紛れていたハロヲタたちが、ステージ前に集まり、曲に合わせてコールを入れたり、踊りだしたりと、大いに暴れてしまったのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

あの頃。 男子かしまし物語

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ヲタ芸で合コンが阿鼻叫喚…アイドルヲタの濃すぎる青春に落涙!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ハロープロジェクト松浦亜弥神聖かまってちゃんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
2 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
6 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
7 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
8 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
11 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
12 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
13 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
14 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
15 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
16 自民党がネトサポに他党叩きを指南
17 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
18 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
19 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
11内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
12河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
14検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
16検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄