アリスの棘でも東京女子医大事件でもキーマン 麻酔科医の世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
masuikai_01_140709.jpg
『麻酔科医ハナ』(双葉社)

 東京女子医大病院で、麻酔科医らが禁止麻酔を63人の小児に投与し、そのうちの12人が死亡していたことが明らかになった。問題の麻酔科医は病院側の調査で「子どもに使ってはいけない禁忌薬と知っていて使った」と述べるなど大きな問題に発展している。

 こうした悲惨な事件だけでなく、ドラマ『アリスの棘』や『チーム・バチスタの栄光』でも麻酔科医が重要人物として登場し、「麻酔科医」という存在がクローズアップされている。麻酔科医とはその名の通り、手術の間、麻酔の管理をする医師のことだが、内情は相当に激務らしい。その象徴的出来事が5年ほど前に既に起こっていた。

 大阪府泉佐野市の市立病院で、激務のため麻酔科の医師が一斉に退職した。そこで苦肉の策として年俸3500万円の報酬で麻酔科医を急募したが、しかしそれでもなり手がなかなか見つからなかったというものだ。麻酔科医とはそれほどまでにきついお仕事なのか──。実際、東京女子医科大学で准講師を務めた経験も持つ麻酔科医・松本克平が監修したマンガ『麻酔科医ハナ』(なかお白亜/双葉社)から、その知られざる日常を紹介したい。

 主人公の華岡ハナコ(ハナ)は大学病院の駆け出し女性麻酔科医だが、作品はハナが居酒屋で上司に辞表を出すところから始まる。

「やってられるか こんな病院!!」「早朝から深夜まで働きづめで1日15時間労働 しかも休みは月に2日」「給料を時給に換算したらたったの550円! 最低賃金かるーく下回ってますよォ!!」「連日連夜狭くて寒い手術室にひとり押し込まれて 外科医のいいように使われても文句一つ言えない…」「その上 アブナくて すぐ訴えられる仕事なんて誰だって逃げたくなるのがあたりまえ…」

 麻酔科医の仕事はハードである。チーム医療が一般的となる中、「麻酔を行い 手術開始から終了までたえまなくその生命活動を管理」し、「その生命活動を維持管理する」のが仕事なのだ。だから、麻酔科医の仕事は麻酔を打てば終わりという訳ではない。手術中もモニターを見るだけでなく患者に何が起きているのかを見守り、たった一人ですばやく冷静に判断しなくてはいけない。麻酔で呼吸が止まった患者のノドに管をいれる「挿管」や、バイタルチェックも麻酔科医のお仕事だ。患者が出血すれば輸血もするし、点滴のための“ライン”も確保する。「ハデに出血したときは『パンピング』といって とにかくでかい注射器で血液を患者の血管にひたすら押し込む!!」といったように、神経だけでなく体力も使う重労働だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

麻酔科医ハナ (1) (アクションコミックス)

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

      アリスの棘でも東京女子医大事件でもキーマン 麻酔科医の世界のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。医療の記事ならリテラへ。

      人気記事ランキング

      総合
      いいね! 数
      1 籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
      2 片山さつき大臣に国税への100万円口利き疑惑が浮上
      3 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
      4 稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
      5 ZOZO田端が「過労死は自己責任」で炎上
      6 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
      7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
      8 菅に日歯連から3000万円迂回献金
      9 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
      10 本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
      11 森友学園問題で安倍の虚偽答弁が発覚!
      12 民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
      13 蓮池透氏がさらに安倍の詐術を批判!
      14 安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
      15 「トランプに皮肉」村上春樹の本格的トランプ・安倍批判
      16 加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
      17 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
      18 茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
      19 グッディ!土田マジギレ真の原因
      20 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
      1加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
      2サザン桑田が“政治風刺辞めない”宣言!紅白での炎上にもめげず
      3 柴山文科相「教育勅語」発言は政権の総意
      4加計理事長のデタラメ会見に加計学園の職員が
      5ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
      6旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
      7本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
      8翁長前知事県民葬で菅官房長官に「嘘つき」の怒号
      9百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
      10籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
      11安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
      12百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
      13靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
      14民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
      15茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
      16稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
      17テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
      18フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
      19『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
      20 スクープ! 神社本庁・田中総長が辞意を撤回

      人気連載

      アベを倒したい!

      アベを倒したい!

      室井佑月

      ブラ弁は見た!

      ブラ弁は見た!

      ブラック企業被害対策弁護団

      ニッポン抑圧と腐敗の現場

      ニッポン抑圧と腐敗の現場

      横田 一

      メディア定点観測

      メディア定点観測

      編集部

      ネット右翼の15年

      ネット右翼の15年

      野間易通

      左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

      左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

      赤井 歪

      政治からテレビを守れ!

      政治からテレビを守れ!

      水島宏明

      「売れてる本」の取扱説明書

      「売れてる本」の取扱説明書

      武田砂鉄