ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100 第18号

逃げる暇などあるか! 残業激増からわずか数カ月で過労死に…過労死事件が警告する「高プロ」の危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
逃げる暇などあるか! 残業激増からわずか数カ月で過労死に…過労死事件が警告する「高プロ」の危険性の画像1

 2つの過労死事件について言及したい。

●若くても長時間労働は命を奪う! 異動による残業激増から半年足らずで心筋梗塞に

 1つめは、カラオケチェーン管理職の事案である。この男性(32歳)には、専業主婦の奥様と、子ども2人がいた。ところが、担当業務の追加という出来事があったわずか半年後に、心筋梗塞でお亡くなりになってしまった。

 この男性は、2000年にカラオケチェーンに入社して、店員や店長などを経て、管理職に昇進した。直近では、管理職として各カラオケ店舗を見回りして、売上管理、社員育成、接客指導等を行ってきた。カラオケ店であるから、昼から深夜にかけて営業していることが多く、男性は、昼間から夜間にかけて、自ら自動車を運転して、各カラオケ店舗を巡回して接客指導などを行っていた。したがって、業務時間は、お昼ごろから深夜にかけてであった。

 ところが、2012年6月、男性の仕事に、工事担当の業務が加わることとなった。工事担当の業務とは、新規店舗の開店に向けての工事、旧店舗の修繕工事、メンテナンス等である。この仕事は、カラオケ店舗が空いていない時間に行われることが多いため、男性は朝から昼にかけても働かなくてはならないこととなった。こうして、男性の労働時間は朝から深夜までということとなり、かなりの長時間労働に及ぶこととなった。

 労基署が認定した男性の「残業時間」は、以下のとおりである。

【労基署認定時間外労働時間】
直前6か月(6月~) 66:38
直前5か月(7月~) 91:00
直前4か月(8月~) 67:30
直前3か月(9月~) 101:01
直前2か月(10月~)111:16
直前1か月(11月~) 51:47

 6月以降、残業時間が増え、9・10月には100時間を超えていたことがわかる。

 このケースでは、6月に工事担当という新規業務の担当となり(出来事)、その後、月に100時間を超える「残業」が認められたことから、労災と認められた。若い方でも、異動などの出来事から半年もあれば、時には死にまで至ってしまうという意味で、非常に痛ましい事件であった。

 ちなみに労災認定でいう「残業時間」とは、週40時間を超える労働時間をいう。例えば、週47時間働けば、その週の「残業時間」は7時間ということとなる。

 ただし労働基準監督署は、働いていたという「きちんとした」証拠がない限り、残業時間を認定してくれない。

 例えば、自宅にPCや資料を持ち帰って残業(持ち帰り残業)をしていたとしても、ほとんどのケースでは、それは「残業時間」と認められない。労基署が認定する「残業時間」は、タイムカードや入退館記録などの固い証拠に支えられた確実な部分に限られているのであり、「残業●時間で過労死」などの報道についても、そのような視点で見る必要がある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

逃げる暇などあるか! 残業激増からわずか数カ月で過労死に…過労死事件が警告する「高プロ」の危険性のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ブラック企業ブラ弁は見た!の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 綾瀬はるかが戦時化の性犯罪をレポート
2 杉田水脈がLGBT差別にほっかむりで極右集会に
3 終戦の日の自民党声明から「民主主義、基本的人権」が消えた
4 文科省が大学に「五輪中は授業やるな」と学徒動員
5 NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
6 『報道特集』が報じた日本軍の証拠隠滅の実態
7 黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
8 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
9 創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
10 宮崎駿も鶴瓶も安倍政権にNO!
11 安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
12 安倍への忖度?山口県警が安倍系建設会社の捜査握り潰し 
13 安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
14 安倍が選挙妨害を依頼した男と密室謀議
15 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
16 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
17 ディズニーランドでキャストがパワハラ提訴
18 北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制
19 『報ステ』チーフPは安倍応援団とお友達か
20 自民党・原田が南京虐殺は捏造と断言
1久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
2広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為
3山本太郎と久米宏が安倍政権、原発タブー、杉田水脈を斬る
4翁長知事は最後まで安倍政権のいじめと闘い続けた
5安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
6松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
7ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
8 終戦の日の自民党声明から「民主主義、基本的人権」が消えた
9NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
10安倍自民党が佐川宣寿の偽証罪告発潰し
11松尾貴史と室井佑月が語る安倍政権のメディア圧力
12創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
13安倍が杉田水脈問題に「なんで騒いでるの」
14安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
15 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
16安倍の態度には長崎の被爆者代表が激怒「毎年一緒」
17『報道特集』が報じた日本軍の証拠隠滅の実態
18安倍首相が津川雅彦に特別扱い追悼会見
19北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制
20文科省汚職は安倍の加計接待とそっくり

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄