月9『民衆の敵』で篠原涼子が政治参加を呼びかけた演説が素晴らしい! でも、フジ上層部の圧力で放送延期に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
minshuunoteki_01_171030.jpg
フジテレビ『民衆の敵』番組サイトより


 総選挙の投開票翌日10月23日にスタートした、フジテレビの月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』。篠原涼子演じる40歳の子持ち主婦・佐藤智子がお金欲しさに市議会議員に立候補するという、政治を題材にしたドラマなのだが、前評判は「いかにもフジ的な荒唐無稽ストーリー、安易すぎる」「政治ネタなんて誰もドラマで見たがらない、大コケ必至」と散々だった。

 でも、23日に放送された第1話を見てみると、これが予想外におもしろかったのである。たしかに、ストーリーは荒唐無稽ではあるのだが、ディテールがリアリティを感じさせるし、何より現在の日本社会が抱える問題点や、政治と市民の意識の乖離など、本質を突くような描写がいくつも盛り込まれていたのだ。

 とくに素晴らしかったのが、篠原涼子の演説だ。同時に仕事をクビになった夫と2人きりで、手探りで選挙活動を始めた篠原。当然選挙カーもなくトラメガひとつで「安心して子育てできる街の……」などとテンプレの話をしていたのだが、そこに大きな選挙カーで、高橋一生演じるライバル候補・藤堂誠が元総理とともにやってくる。祖父は大臣、父も兄も国会議員で、大学院で政治を学び、コロンビア大学にも留学という華々しい経歴の高橋一生を、元総理は「生まれながらの政治家」「政治家に生まれるべくして生まれたのが、この藤堂誠くん」と応援演説する。

 それを聴いていた篠原は、テンプレのメモを捨て、地べたからトラメガでこんな演説をぶつのだ。

「わたしは、高校中退です。父親はギャンブル狂いで、母親は男にだらしないホステス。生まれるべくして生まれた、高校中退です。だから、17のときから、必死でがんばって働いてきました。もちろんグレそうになったときもありましたけど、それでも、しあわせになりたい、って。
 で、結婚して、子どもも生まれて、やっとしあわせになれました。時給950円のしあわせなんだって。うちの息子、卵焼きをステーキだと思って食べてるんです。
 上を見ちゃダメ、下を見てればしあわせなんだって、ずっとそう思って生きてきました。でも、もうヤだ! 
 だって、それって、本当にしあわせなんですか? ずっと、ずうっと、ふざけんな!って思ってたんです。
 だって、おかしくないですか? 生まれた時点で自分の人生決まっちゃうなんて、おかしくないですか? 時給950円の生活も知らない奴らが、市民のしあわせ、語るな! 自己責任? ワケわかんない! 卵焼きはどうがんばったってステーキじゃないんだよ。
 本物のステーキが食べたい!!! 誰にだって、ステーキ食べられる権利、ありますよね? あるでしょう、あるんです!
 だから、しあわせなフリは止めて、本当の、本当に、しあわせになりましょうよ!」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

月9『民衆の敵』で篠原涼子が政治参加を呼びかけた演説が素晴らしい! でも、フジ上層部の圧力で放送延期にのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。フジテレビ本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
15 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも