武井咲と TAKAHIROの結婚・妊娠で10億円違約金は憲法違反だ! 芸能界にはびこる人権無視の奴隷契約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takei_top.jpg
『PLUMERIA』(小学館)

今月1日に明らかになった武井咲とEXILEのTAKAHIROの電撃結婚。武井は現在妊娠3カ月でもあるという。多数のCMやドラマに出演し若手では人気、実力ともトップクラスの23歳の武井と、これまた人気グループEXILEの32歳ボーカルのビッグカップルに世間では驚きの声があがった。

 この大物カップルの結婚報道をめぐって、ここに来てクローズアップされているのが、“10億円の違約金”問題だ。

 CM女王ともいわれる武井は現在、イオン、エスエス製薬、エピック・アクション、資生堂、JTB、ジョイフル恵利、NEC、日本弁護士連合会、ハウス食品など多くのCM契約を結んでいるが、突然の結婚と妊娠により企業や製品イメージとの齟齬が生まれ、契約を見直す必要が生じたというのだ。とくに、エスエス製薬のアレルギー鼻炎薬「アレジオン」は、妊娠や授乳中の人は服用を避けるべき薬であり、出演の継続は難しいのではないかいわれている。

 また、実写版映画『るろうに剣心』シリーズの最新作など、これから撮影予定の映画やドラマも複数本あり、これらの進行スケジュールなどにも変更が必要なおそれがある。9月4日付デイリースポーツの報道によれば、これらに伴う違約金は合わせて10億円にのぼる可能性があるという。

 ただ結婚と妊娠をしただけで10億円もの額を請求される。こんなことが許されていいのだろうか。

 あらためて言うまでもないが、妊娠が人間の意志でコントロールできるものではないのはもちろん、恋愛も結婚も妊娠も、本来個人の自由に委ねられるべきものだ。もし仮に恋愛や結婚、妊娠を制限するような契約条項が存在したとしても、憲法でも認められた個人の幸福追求の権利を制限する明らかな人権侵害であり、そのような条項が有効なはずがない。契約を交わしたのだからなどと言う人もいるが、そんなことを言ったらどんなブラック企業の労働契約でも有効ということになってしまう。実際、北海道大学大学院法学研究科教授の町村泰貴氏もこのニュースに関して、〈結婚や出産を禁ずる契約って、典型的な公序良俗違反で無効と習ったけどな。まあ、争わなければ、法の支配が及ばない状態が続くのだけど〉とツイートしている。

 武井に限らずタレントの結婚、妊娠や離婚とCM契約の関係が取り沙汰されることは少なくない。ところがワイドショーなど芸能メディアではこうした契約の非人道性に異をとなえるどころか、当然従うべきペナルティかのように解説するばかり。今回もむしろ武井のほうが企業や所属事務所に迷惑をかけているかのようなニュアンスで扱っているのだから救いがたい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

武井咲と TAKAHIROの結婚・妊娠で10億円違約金は憲法違反だ! 芸能界にはびこる人権無視の奴隷契約のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。EXILETAKAHIROオスカー武井咲編集部芸能事務所の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃